2016年12月6日

「櫻井翔の父」桜井俊「天下り先」三井住友信託「役員」内定

Ž––±ŽŸŠ¯Œð‘㎮‚É–]‚ށA‚R‚P“ú•t‚Å‘–±ÈŽ––±ŽŸŠ¯‚ɏA”C‚µ‚½÷ˆärŽB

 2016年6月、都知事選の出馬が取り沙汰され、誰も予想しなかった形で知名度が急上昇した人物といえば、総務省の桜井俊・前事務次官(62)だ。人気アイドルグループ『嵐』のメンバー櫻井翔の父親とはいえ、昼の情報番組で名前が連呼されるタイプでなかったことは言うまでもない。バリバリのキャリア官僚だったのだから、無名が普通なのだ。

 そんな桜井氏は9月、都知事選の時とは比較にならないほど小さな扱いで「天下り先」が決まったことが報じられた。ご記憶の方も多いだろう。代表的な新聞・通信社の9月30日記事の見出しを振り返っておく。

 朝日新聞は「桜井前次官が三井住友信託顧問に」と、やや素っ気ない印象。産経は「桜井パパが銀行顧問に 三井住友信託」とし、「パパ」に都知事選の余韻を含ませた。

 スポーツ紙も配信先である共同は「「嵐」桜井さんの父、銀行顧問に 前総務事務次官」と芸能ニュースとしても読める工夫を加えた。

 だが、この天下り人事が、様々な憶測を呼んだことは、意外に知られていない。その背景の1つとして、総務省幹部が大手民間銀行に天下りするのは、実は今回が初めてということがある。銀行天下りといえば、普通は財務省・金融庁を連想するはずだ。

 なぜ桜井氏は三井住友信託顧問に就任できたのか。信託での仕事は何か。この人事に秘められた「狙い」を読み解けば、都知事選出馬を「蹴った」真の理由も浮かび上がってくるのだという。霞ヶ関を自宅のように歩く〝ウォッチャー〟たちの鋭い分析を元に、レポートをお届けしたい。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1900字
【写真】2015年7月、総務省事務次官に就任時の桜井俊氏(撮影 産経新聞社)
■――――――――――――――――――――
» Read more

2016年9月6日

リオ五輪終了で小池百合子VS.内田茂VS.安倍晋三のバトル再燃

KOIKE2016-09-06 16.02.13

 リオ五輪=一時休戦も終わり、遂に小池百合子・都知事VS.自民党東京都連の大バトルが再開される。ポイントは内田茂都議と、自民党本部のスタンスだ。小池、内田、自民党=安倍の3者が各々の事情を踏まえ、どんな駆け引きを水面下で行い、どんなケンカを特にメディアで売るのか、これが見物と言える。
 さて、この小池VS.内田VS.自民党の第1バトルだが、小池知事にとっては元の選挙区である衆院東京10区(豊島区や練馬区の一部)で行われる補欠選挙だ。候補者は誰になるのか。3者の駆け引きはエスカレートを始めている。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】2900字
【写真】小池百合子氏のTwitterより(7月31日)
https://twitter.com/ecoyuri
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年8月15日

【無料記事】フジテレビ報道局で「誤報連発」の背景とは

fuji2016-08-12 12.37.10

 フジテレビで誤報が頻発している。視聴率の低迷に苦しむフジには、まさに「泣きっ面に蜂」「弱り目に祟り目」だろう。しかし局内の関係者からは「結局は自業自得」の声もあるそうだ。いずれにせよ、2016年7月29日は、フジテレビにとって悪夢の1日だったに違いない。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】2200字
【写真】フジテレビ『めざましテレビ』公式サイトより
(http://www.fujitv.co.jp/meza/index.html)
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年8月1日

小池百合子新都知事誕生で、余裕綽々の「内田茂」の恐怖

koike vs uchida2016-08-01 17.42.03

 男たちを完膚なきまで叩きつぶし、小池百合子・新都知事が誕生した。小池氏の得票率は44%に伸び、増田氏でさえ27%、鳥越氏に至っては自民分裂という追い風を受けながら20%がやっという大惨敗だった。しかし「ブラックボックス」と名指しされた自民党都連側には何の動揺もない。それどころか「百合子は必ず、いずれ意趣返しを受けるよ」と涼しい顔なのだという。
 小池都政がスタートすれば、完全なオール野党からのスタートとなる。過去に2人の都知事を葬ってきた内田茂都連幹事長は、小池百合子氏とどんなバトルを繰り広げるのか、互いにとっての〝勝機〟はどこに存在するのか──。
 編集部は、都政を丁寧に取材している、さる記者に取材を申し込んだ。結果、匿名を条件にしてインタビューは始まった。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】4400字
【写真】内田茂氏の公式サイトより
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年7月28日

猪瀬直樹の「元腹心」が明かす「猪瀬VS内田都議」の真相

INOSE2016-07-28 16.55.43

 猪瀬直樹が止まらない。文字通りの〝猪突〟直樹だ。舛添要一・前都知事への批判が高まると突如としてテレビに復帰。更に小池百合子氏が〝都議会のドン〟内田茂都議との対決姿勢を匂わせると、ネットメディアで暴露記事をアップするなど存在感を爆発させた。今や徳洲会5000万円問題など、どこ吹く風。毎日、自ら多くのメディア関係者に電話をかけて「内田をやらない?」と水を向けているという。都議会改革派の急先鋒として立つ姿は、かつて道路公団改革で名を売った頃を思い出させる。
 しかしながら、冷静になれば「猪瀬に内田を批判できる資格があるのか?」という当然の疑問も浮かぶ。「ここが叩きどころ、露出のしどころだと見れば、しゃにむに前面に立とうとする。あの性根は若い頃から変わらないね」との声も漏れ聞こえる。そんな元都知事の原点を探るべく、弊社は信州大学・全共闘議長時代から猪瀬氏を知り、知事選当選の会見にまで立ち会った、かつて「影の腹心」と呼ばれたある人物を訪ねた。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】4900字
【写真】猪瀬直樹氏Facebook(15年5月4日の記事)より
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年7月25日

都知事選終盤世論調査で「鳥越俊太郎」惨敗──トップは40%の「あの人」

totiji2016-07-25 7.57.24

 都知事選は7月31日(日)の投開票。いよいよ終盤戦となり、弊社は7月21日(木)から24日(日)の間に実施された5つの世論調査を入手した。トップは最大で4割の支持を集めており、様々な意味で話題の鳥越俊太郎氏は大半が3位という大惨敗だ。
 また大手マスコミの報道では絶対に公開されない〝泡沫候補〟の順位も含め、完全版として10人・9位まで公開する。立候補したのは全員で21人のため、残念ながら11人は「支持率0%」だったことになる。話題の七海ひろこ氏や立花孝志氏の順位はどうなっているのか。関心のある方は是非とも読んで頂きたい。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】770字
【写真】東京都選挙管理委員会公式サイトより
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年7月20日

「都知事選世論調査」を一挙大公開──トップは30%台の「あの人」

IMG_0755

 弊社は都知事選の世論調査を入手した。大手マスコミや政党が行ったものだ。有力候補とされる鳥越、増田、小池(届け出順)3氏のうち、最も支持率が高いのは誰で、何%を獲得しているのか、全て公開しよう。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】1000字
【写真】都知事選のポスター掲示板
■――――――――――――――――――――

» Read more