2016年6月19日

【完全無料記事】110回きのうの1面〈三菱自補償〉6月18日一般紙

1men2016-06-19 11.39.23

 6月19日(土)朝刊のテレビ欄で、朝の報道番組は次のような内容紹介となっていた。

▽おはよう日本(NHK)
・ロシア陸上リオ五輪 出場は 為末大さんに聞く
・英議員銃撃続報
・PTA活動にあえぐ働く親…負担減の模索
・多摩で人気カロム!?

▽ウェークアップ!ぷらす(日本テレビ)
・ついに退場 舛添氏民意に逆らえず 与野党に聞く次は誰?
・18歳選挙権スタート
・上海DLから生中継

▽週刊ニュースリーダー(テレビ朝日)
・「気になる人物10」
・ポスト舛添は誰だ? 桜井か蓮舫か丸川か?
・イチロー4257安打!!
・45歳〝美魔女〟詐欺
・みそ汁に薬物妻

▽サタデープラス(TBS)
・勝間和代 1カ月6万円節約できる㊙時短生活密着
・脳が若返る!! 京都の旅
・中尾彬73歳 本気で挑戦

▽めざましどようび(フジテレビ)
・イチロー世界一の軌跡&25年の映像振り返り
・舛添知事会見発言集 あのお金はどうなる?
・そばの祭典で新食感
・三浦友和の素顔公開 
・焼鳥&金賞豆腐散歩

 では新聞はどうだったのか。2016年6月18日付(土曜日)の日経を含む一般紙の見出しを見てみよう。

【1面見出し】
▽読売新聞(約926万部)
「三菱自、補償1台10万円 燃費偽装4車種 不正は全車種 特別損失計650億円に」
▽朝日新聞(約710万部)
「三菱自 改ざん9車種 国に報告 燃費不正 全29車種 9車種最大10万円賠償」
▽毎日新聞(約329万部)
※企画連載『チャイナセンセーション』第3部 国境を越える民①「共産党幹部「子どもに日本国籍を」代理出産で逃避準備 男児の口座へ20億円」
▽日経新聞(約275万部)
「サムスン、アップルに供給へ 有機EL、スマホ用 普及に弾み 7200億円投じ5割超増産」
▽産経新聞(約161万部)
「銃撃の女性議員死亡 英、EU残留派に勢い 現地メディア「トーン変わる」 『英国の選択』国民投票6・23 民主主義揺るがした凶弾 煽情的論戦が招いた悲劇」
▽東京新聞(約51万部)
※規格連載『貧困の「実相」フードバンクかわさきからの報告』【上】「サインなき飢餓 「衣・住」の前に「食」削る」

 読売、朝日、日経がストレートニュース。毎日、東京が連載をトップに据えた。産経は両方を半分ずつとした。
 読み応えという意味では毎日の企画が群を抜いていた。リードを引用しよう。

<東京都新宿区歌舞伎町を拠点とする「闇の代理出産ビジネス」を利用して、子どもをもうけた中国人依頼主2人が毎日新聞のインタビューに応じた。いずれも中国共産党中央で要職に就く幹部の親族という。子どもは日本国籍を取得しており、30代女性は中国からの逃避準備が目的と証言した。また40代男性は、代理出産で生まれた子どもの口座に20億円超の資産を移したことを明かした>

 ストレートニュースではないものが1面トップというのは個人的には苦手なのだが、それを差し引いても極めて興味深い記事だった。

【コラム】
▽読売・編集手帳
(明日は父の日)

「昭和のコメディアン、フランキー堺さんのお宅には「パパごはん」と呼ばれる料理があった。パパ(=フランキーさん)の好物という意味らしい。エッセーによればご飯にみそ汁をかけたもので、いわゆる「猫まんま」である」
「あずは「父の日」。<毎日が父の日でありし昔かな>(江國滋)。普段は子供たちの好みが優先されがちな食卓にも、その家その家の「パパごはん」が並ぶことだろう」

▽朝日・天声人語
(調律師の世界)

「そのピアノで出なかったのはラの音だけだった。なのに駆け出しの調律師が気負いすぎ、次々に音を狂わせる。ふがいなさに打ちのめされ、涙をこらえる▼宮下奈都さんの小説「羊と鋼の森」にそんな場面がある。全国の書店員が選ぶ「本屋大賞」をこの4月に受賞した」
「当方、弾くことをあきらめて久しい。聴く方も遠ざかっていたが、小説を読んで何年かぶりに家の古いピアノの天板を開けた。中のメモに調律師の方々の名が残る。「羊」の毛に包まれたハンマーと「鋼」の弦が並ぶ小中に見入った」

▽毎日・余録
(東電・第三者検証委員会「炉心溶融/損傷」問題)
(http://mainichi.jp/articles/20160618/ddm/001/070/145000c)

「スルメは縁起が悪いからとアタリメに言い換えるのを「忌み言葉」という。古くは伊勢神宮に奉仕した皇女、斎王の御所で用いられた「斎宮の忌み言葉」があった。神慮をはばかって仏教の用語や不浄な言葉を他の表現に言い換えたのである▲僧侶は「髪長」と反対の意味に言い換えられ、仏を「中子」と呼んだのはお堂の真ん中に置かれているためだった。寺は「瓦葺」、経文は「染紙」である。また死は「治る」、病は「休み」、血は「汗」と言い換えられた▲さて、こちらはどんな“神慮”をはばかった忌み言葉か。東京電力福島第1原発事故当時、「炉心溶融」の言葉を使わぬように清水正孝社長から指示があったという第三者検証委の報告である。代わりに「炉心損傷」が用いられたから、死を治るに言い換える類いか▲驚いたのは、社長が「首相官邸の指示」としてこれを伝えていたという話である。だが報告は「官邸の誰からどう要請を受けたのか解明にいたらなかった」という。早速、当時首相の菅直人、官房長官の枝野幸男両氏からは事実無根との反論が出る成り行きとなった▲炉心溶融を長く認めなかったのも、結局のところ「隠蔽と判断はしない」とした第三者委である。聞き取りは東電関係者に限られ、官邸の圧力の有無はやぶの中に放置されたかたちだ。みごとうやむやにしたのは国家的危機にあって国民の目をくらました責任だった▲不吉な言葉の言い換えは、口に出た言葉は現実になるという言霊信仰に根ざすらしい。日本の原発を動かしてきた文化と組織風土を思えば、何か空恐ろしくなってくる「原子力村の忌み言葉」だ」

▽日経・春秋
(イギリスEU離脱問題)

「英紙に伝説の見出しがある。「英仏海峡濃霧――欧州大陸孤立」。天気によって、大陸の人たちはこんな目にあう。なんと不幸なことか。島国の目線がよく分かると、英国のジャーナリスト、パクスマン氏が「前代未聞のイングランド」(小林章夫訳)で指摘している。
▼海に囲まれていることで、貿易によって世界の富を集め、大帝国を築いた。安全を守ってくれるのは長い海岸線であり、大陸はただ迷惑なだけだ。孤立こそが強みという「島国妄想」が何世紀にもわたって刻み込まれている。だから「ガリヴァー旅行記」や「宝島」など島を巡る冒険談や財宝探しの物語も生まれたそうだ。
▼妄想が膨らみすぎたのだとすれば恐ろしい。欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票を前に、残留派の下院議員が殺された。議論は過熱気味だったから、事件の背景に移民流入やEUが政策を決めることへの不満、大帝国への郷愁などがあったのかもしれない。犯人が「英国第一」と叫んでいたとの報道もある。
▼金融市場では動揺が広がっている。英国民は冷静に現実を見てほしい。EUなしで国は立ちゆかない。離脱となると他国も同調する。そういえば大英帝国勲章を受けたアガサ・クリスティーの代表作の舞台も島だった。登場人物が次々に殺され「そして誰もいなくなった」。英国が孤立を選べば、EUを似た状況に陥れる」

▽産経・産経抄
(東電・第三者検証委員会「炉心融解/損傷」問題)
(http://www.sankei.com/column/news/160618/clm1606180003-n1.html)

「「『それは私がしたことだ』と私の記憶は言う。『それを私がしたはずがない』-と私の矜持は言い、しかも頑として譲らない。結局-記憶が譲歩する」。哲学者のニーチェは、こう喝破した。自尊心やうぬぼれは自身の記憶を美化し、都合よく修正してしまう。
 ▼東電福島第1原発事故当初、炉心溶融(メルトダウン)の公表が遅れた問題で、東電の第三者検証委員会は16日、当時の清水正孝社長が首相官邸の指示により「この言葉は使わないように」と指図したとする報告書をまとめた。
 ▼報告書は官邸の誰が具体的な指示、要請をしたかは解明していない。ところが、当時の首相だった菅直人氏は早速反応し、「指示したことは一度もない」とのコメントを発表した。検証委に対しても「第三者とは言えない」と矛先を向けた。
 ▼真相は藪の中だが、記憶が容易に書き換えられるものであるのは事実だろう。例えば菅氏は、東電が第1原発からの全面撤退を検討していたと主張し、平成24年4月の政府事故調査委員会の聴取にこう証言した。「清水社長は私が(全面撤退はダメだと)言ったときに『そんなこと言っていませんよ』なんて反論は一切なかった」。
 ▼だが、菅氏はもっと記憶が鮮明だったはずの23年4月には、参院予算委員会で「社長は『別に撤退という意味ではないんだ』ということを言った」と答弁していた。「そういうことではありません」「そういうつもりはないけれども」…。清水氏とのやりとりに関する菅氏の発言を追うと、清水氏の言葉が日に日に弱まり、ついには反論はなかったことになとうっていく。
 ▼当事者の証言であっても、うのみはできないのが難しい。原発事故対応には、解明を待つ不明点がまだ多い。」

▽東京・筆洗
(東電・第三者検証委員会「炉心融解/損傷」問題)
(http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2016061802000135.html)

「<アレどこだ? アレをコレする あのアレだ!>は、サラリーマン川柳の秀句。ファジィ(あいまい)という言葉が流行語になっていた二十数年前にはこんな川柳も生まれた。<ファジィ課長 「あれ」「これ」「それ」を連発し>▼さて社長にこう命じられたら、どうするか。「その件は、官邸とあれと、きちんと事前にしっかり、あれしといて」。発言の主は、福島第一原発事故が起きた時の東京電力の社長である▼なぜ東電はあの時、「メルトダウン(炉心溶融)」という言葉を使って事態の深刻さを、国民にきちんと説明しなかったのか。どんな経緯があり、誰に責任はあるのか▼そういう疑問を検証する「第三者委員会」の報告書によれば、五年前の三月十四日、原発の燃料損傷を記者会見で認めることについて、部下から了承を求められた社長の答えが「あれと、あれしといて」だったというのだから、なかなかのファジィ社長だ▼さらにあきれるのは「第三者委」の検証のファジィさだ。真相究明には欠かせぬ当時の官邸関係者や官僚の証言を得ようとせず、事情を聴いたのは東電社員らだけ。過去をしっかり調べ、教訓を現在と未来に生かそうという熱意なくして何のための検証だろう▼原発事故で避難生活を強いられる人が、今なお九万人もいる。いくらあいまいにしようとしても、決してごまかせぬ現実だ」

 東電の第三者検証委員会の問題が、毎日、産経、東京の3紙で競作となった。新聞社の名前だけを見れば原発推進VS反原発という構図だが、内容はそれほどでもない。
 特に産経は菅直人VS東京電力という図式に対し、〝社是〟である反民主=民進のコラムを書くためには東電に肩入れしなければならないはずだ。
 ところが、やはり現時点で「東電の応援」は無理があるようだ。そのためか、いつもの産経抄とは異なり、歯切れの悪い文章が目立つ。
 それにしても、第三者委員会の信頼性がどんどん失われていると思っている方は多いのではないだろうか。

■――――――――――――――――――――
【写真】三菱自動車公式サイトより
■――――――――――――――――――――