2017年1月11日

東芝「債務超過回避」か──減損額を大予測

toshiba2017-01-11-10-38-17

 仕事納めが翌日に迫った2016年12月27日午前1時すぎ、NHKが「東芝の米国子会社が巨額減損」と報道。その日の夕方には、東芝の綱川智社長など経営陣が会見を行った。

「グループ会社ウェスチングハウス(WEC)の子会社『CB&Iストーン&ウェブスター(S&W)』ののれん代が数千億円規模にのぼり、一部または全額を減損する」と発表。NHKの報道を認めたわけだ。

 年末年始の東京株式市場は「トランプ相場」に沸いていたが、それでも東芝株は下落する。減損が明らかになる前の株価は443円だったが、当日に急落。12月29日には一時232円まで暴落し、年が明けた1月6日時点でも287円と発覚前より約35%安と低迷を続けた。

 そしていま、投資家をはじめ市場関係者は、「果たして巨額減損は実際いくらなのか」に注目する。同時に「債務超過への転落はあるのか」と固唾を飲んで見守っている。

 東芝の仕事始めとなった2017年1月5日、複数の記者から減損額を尋ねられた志賀重範会長は「確定していない。数字は言えない」と回答。いまだ市場の疑念を晴らすまでには至っていない。

 ならば取材過程で浮かび上がった事実を検証し、弊誌が減損額を予測してみよう。
■――――――――――――――――――――
【記事の文字数】2000字
【写真】2016年12月27日に発表されたプレスリリース『CB&Iの米国子会社買収に伴うのれん及び損失計上の可能性について』
http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/news/20161227_2.pdf
■――――――――――――――――――――
» Read more

2016年11月7日

宮内庁人事は「NHK生前退位スクープ」の〝懲罰〟

jinji-2016-11-07-13-22-36

 宮内庁人事に、霞が関が戦々恐々としている。長官の風岡典之氏が9月26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格。後任次長に西村泰彦・内閣危機管理監が就任、10月1日付で、宮家のお世話を担当する宮務主管の西ヶ広渉氏が依願退職し、元皇宮警察本部長で公益財団法人『競馬保安協会』の理事長だった加地隆治氏が就いたからだ。外務省出身の西ヶ広氏は、天皇陛下の生前退位をめぐる『NHK』のスクープの情報源ではないかと政府内で取り沙汰されていた人物だったのだ。
■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】
【写真】演劇評論家・結城雅秀氏のTwitter
https://twitter.com/GashuYuuki/media
■――――――――――――――――――――

» Read more

2016年7月25日

都知事選終盤世論調査で「鳥越俊太郎」惨敗──トップは40%の「あの人」

totiji2016-07-25 7.57.24

 都知事選は7月31日(日)の投開票。いよいよ終盤戦となり、弊社は7月21日(木)から24日(日)の間に実施された5つの世論調査を入手した。トップは最大で4割の支持を集めており、様々な意味で話題の鳥越俊太郎氏は大半が3位という大惨敗だ。
 また大手マスコミの報道では絶対に公開されない〝泡沫候補〟の順位も含め、完全版として10人・9位まで公開する。立候補したのは全員で21人のため、残念ながら11人は「支持率0%」だったことになる。話題の七海ひろこ氏や立花孝志氏の順位はどうなっているのか。関心のある方は是非とも読んで頂きたい。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】770字
【写真】東京都選挙管理委員会公式サイトより
■――――――――――――――――――――

» Read more

2015年12月11日

「受信料義務化」を巡り、自民党とNHKが〝結託〟

nhk

自民党の『放送法の改正に関する小委員会』(佐藤勉・小委員長)が9月、NHKの受信料支払いの「義務化」を検討するよう、総務省とNHKに要請する「第一次提言」を発表したが、この余波がじわりじわりと拡がっているようだ。
改めて提言を見てみよう。〝問題意識〟として掲げられたのは、まず、

① 2014年度の受信料支払い率は76%
② 徴収にかかる経費は700億円。これは受信料の11%

 の2点だ。
 ①は差し引き24%の視聴者が「タダ見」をしていることになる。公平性の観点から問題があるとしても、異論は皆無だろう。
 ②は経費の多額さと、完全徴収100%の実現が不可能であることを示しているわけだが、そこで委員会は解決策として、

Ⅰ 支払い義務化に向け、総務省が制度設計を行う
Ⅱ 強制徴収、罰則、マイナンバーの活用を検討する
Ⅲ NHKは番組の24時間インターネット同時配信を実現させる
Ⅳ 受信料の値下げ計画を作成すること

 の4点を発表したわけだ。
 乱暴にまとめれば、国民に義務化という「鞭」で100%を実現させる一方、要望の少なくないネット放送を解禁し、更に値下げという「飴」をばらまいたと言える。

■自民党の「義務化提言」に対して〝二転三転〟するNHK上層部

 では、NHKの反応はどうだろうか。
 従来、NHKは受信料の義務化には反対してきた。我々は「国営放送」ではなく「公共放送」である、というのが根拠だ。

■――――――――――――――――――――
【購読記事の文字数】約3370字
【写真】NHK公式サイトの受信料コーナー
■――――――――――――――――――――

» Read more