東京五輪女子ゴルフ争いは三つ巴で残り1週へ 米で戦う渋野日向子か、日本の稲見萌寧、古江彩佳か



東京五輪女子ゴルフ争いは三つ巴で残り1週へ 米で戦う渋野日向子か、日本の稲見萌寧、古江彩佳か
——————————————————————–
佳境に入ってきた8月4日に開幕する「東京五輪ゴルフ競技」は、2週前となる「ニチレイレディス」が終了。候補者の稲見萌寧は41位タイ、古江彩佳は48位タイとともに選出の可能性を残し、残り1試合へと向かうこととなった。

東京五輪代表は今月28日付の世界ランキングをもとにしたオリンピックランキングで決められ、順位的に日本へ与えられる枠は2つ。そのうち畑岡奈紗はすでに確定、可能性を残すのは稲見、古江に加えて渋野日向子の3人となった。

渋野日向子は現時点の世界ランキングでは2人よりも下だが、現地時間24日に開幕の海外メジャー「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」に出場予定で、同大会は世界ランキングのポイントが高く、上位に入れば一気に抜くことが可能となっている。
Video: https://youtu.be/9xtT8uoFbQQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。