暗号通貨の「VISA」としてイーサリアムを打倒するソラナ 

ソラナは現在、最速のブロックチェーンを持つ最高峰のコインとして君臨するイーサリアムを追い越すことができる、高速な取引速度を持つ最高の暗号通貨の1つであることを誇っています。ソラナが暗号業界で最も効率的なコインの1つとしてトップに立つことは間違いありません。

すべての暗号通貨と同様に、ソラナはブロックチェーン上に構築された分散型プラットフォームで運用されています。ソラナのようなコインの非中央集権的な性質は、取引を監視・管理する中央銀行のような権威ある人物の必要性を否定しています。

長年にわたり、ソラナはビットコインの次に優れた暗号通貨として常に評価されてきたイーサリアムの最大のライバルとなりましたが、機能は強化されています。これには、より速い取引速度と、より効率的なブロックチェーン技術が含まれます。 

ソラナや他の暗号通貨は、商人が支払い方法として暗号を受け入れている限り、商品やサービスをオンラインで購入するなどの日常的な取引に使用することができます。コインをベッティング口座に入金して、さまざまなビットコインゲームをプレイすることも可能です。

では、ソラナは一体どのようにして世界最速の暗号通貨に登りつめたのでしょうか?それは次のとおりです。

ソラナの高い取引スピード

ソラナが市場で最も高速なコインの一つであることは否定できません。このコインはまた、トップクラスの暗号通貨投資家の目に留まることなく、静かにその名を轟かせています。これは、ソラナを使用するオンラインマーチャントや機関が、はるかに速い速度で取引を処理できるようにするためです。

ソラナは、短期間で魅力を増した最新のコインの一つでもあります。2020年にリリースされたそのネイティブトークン、SOLは、すでに市場のトップ15コインとなっています。

このコインがこれほど速くスケールしている最大の理由は、そのスピーディーなブロックチェーンにあります。ソラナのブロックチェーン技術は、スピードを重視し、ユーザーの利便性を第一に考えています。 これにより、SOLを受け入れるオンラインビジネスと取引する際、より良いセキュリティ、効率性、そして全体的なトランザクションを実現することができるのです。

より技術的な側面では、ソラナはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)合意メカニズムを新しいプルーフ・オブ・ヒストリー(PoH)システムと共に使用しています。これにより、ユーザーはネットワークからより多くの報酬プールを獲得することができます。

これらのシステムは、ネットワークを円滑に運営するために、できるだけ多くのユーザーがステークおよび投資を行うことに依存しています。 

イーサリアムがピンチ?

暗号通貨はもともと分散型であるため、銀行が有効であるというテーゼから完全に逸脱しているため、主要な通貨形態になることは困難です。

しかし、バンク・オブ・アメリカは、そうでなければ、ソラナは日々の取引にもっと便利なオプションを求める人々にとって、むしろ効果的な金融ツールになりつつあるという考え方に立っていることでしょう。

「ソラナはデジタル資産エコシステムのビザになる可能性がある」と、バンク・オブ・アメリカのグローバル暗号・デジタル資産ストラテジスト、アルケシュ・シャー氏は、2022年1月11日に発表した調査結果に書いています。

ブロックのもう1つのプレーヤーであるイーサリアムは、長年にわたって君臨してきたソラナのようなライバルを大きな脅威として見渡し始めています。ETHは今でもスピードの点で最高の暗号通貨の1つとみなされていますが、ソラナがブロックチェーンの改良を続けているため、今後はそうでなくなるかもしれません。

シャー氏は、イーサリアムが高価値の取引やID、ストレージ、サプライチェーンとして終わる可能性についても言及しています。

より大きな疑問は、イーサリアムはソラナに取って代わられるのだろうかということです。現時点でそれに答えるのは難しい質問ですが、より多くの仕事を与えられれば、ソラナは数年後に市場のトップアルトコインとして終わる可能性があります。

ビットコインゲームをプレイする際に暗号通貨ベッティングに参加する人が増えれば、イーサリアム、ソラナ、その他多くのコインは、ユーザーがどのコインに投資するのがベストなのか疑問を持つような競争の場を呼ぶ、より大きな波動を経験することになるでしょう。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。