雪花の虎 10巻70話あらすじネタバレ感想 最新刊を試し読み

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

↓↓↓【前話はコチラ】↓↓↓



雪花の虎 10巻69話あらすじネタバレ感想




雪花の虎をお得に読む方法

今回は雪花の虎を文字でネタバレしますが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなではないですか?

そんなあなたにおすすめの動画配信サービスがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も漫画はもちろん映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

1分で登録完了!漫画「雪花の虎」をお得に読む

無料期間中の解約は一切料金は発生しません!!

雪花の虎 ネタバレ 最新話70話

【永禄四年三月、相模国 鎌倉、鶴岡八幡宮】

ここで関東管領の就任式が執り行われ、景虎は正式に上杉家の家督を継いで「上杉景虎」と名を改めました。

この就任式の際、襲名披露パレードのようなものが行われます。
沿道には景虎の姿を一目見ようと関東中から民が集まり、鎌倉の娘っ子たちは黄色い歓声を上げていました。
しかし、それは無理もない話。
この時の景虎は関東入りして怒涛の勢いで北条を追い詰めた、リアル毘沙門天。
いわばスーパースターであったからです。
さらに眉目秀麗とくれば極めて当然のこと。

晴れ渡る青空の下、桜は満開、花吹雪が舞う中を景虎が通ります。
沿道を埋め尽くす鎌倉ガールズの中に混じり、本庄や弥太郎、シロたちもパレードする景虎を誇らしげに見ていました。
人目もはばからず、あのお転婆姫がと、感涙にむせび泣く本庄。
その時、本庄の名を呼ぶ声が。
柿崎が本庄に火急の報せを持って来たのです。
それは武田がまた川中島に兵を出したとの報せでした。
何故この晴々しい時に!と本庄はイラッ。

この就任式が行われる数年前、景虎が源十郎との逢瀬の後 越後に戻ると、財務吏僚であった重臣の大熊朝秀が武田方の誘いに乗り出奔する事件が起きます。
大熊は武田に仕え、結果、景虎は晴信に懐中を知られる事になってしまったのです。
おそらく、景虎が女子(おなご)であるということも…

大熊から情報を得た晴信は再び川中島に出陣し、すぐに善光寺を押さえました。
雪解けを待って景虎も出陣します。
この第三次川中島決戦は、越後軍が武田方を追いまわして決戦をいどみ、武田方はこれをさけて晴信は越後軍を正面から受け止めませんでした。

やがて将軍足利義輝が両者の調停は入ることで休戦。
この調停後に幕府から信濃守護の役職を晴信は得たことから、景虎が和談の申請をしたことが窺えます。
そして晴信はなんと前回景虎がしたように善光寺を甲斐に移転させたのです。
それも秘仏や建物、僧や民までほぼ強制的に移すという対抗心丸出しの政策。
越後軍をさけ続けた事といい、まるで景虎をおちょくるのが目的のようにもとれる第三次川中島の戦いでした。

【甲府・甲斐善光寺】

だるまに絵付けを施している職人たちが噂話をしていました。
晴信が出家したした訳をあーでもないこーでもないと話す中、職人の一人が坊主っていったら長尾も白頭巾でそうだなといいます。
それに対し別の職人があれは違うんだよと訳知り顔。
長尾景虎の白頭巾は頭と顔を隠すためで、それは何でかっていうと…
その噂話を聞いて驚く職人たちでした。

【甲府・躑躅ヶ崎館】

髪を剃ってすっかり坊主の晴信。
景虎が本当に女子なら、この頭と髭では口説いても逃げられてしまうなと、冗談。
横にいた勘助に、何故こんなにも景虎の邪魔をするのは楽しいのか…ワクワクすると話します。
この世にどれほど女子がいようとも、自分と全力でやり合えるのは景虎だけ。
晴信は同じ時世に生まれたことを誰とも言わず感謝するのでした。

【相模国・小田原】

一方、柿崎や本庄から、武田が川中島に軍を動かしたことを聞かされた景虎はイライラ。
それは無理もありません。
お金を工面し、兵を出し、北条を追い詰め、小田原まで囲んであと一息という時にこの報せ。
一度ならずも二度三度、そして今回で四度目…
女子だと思ってナメくさりおってとイラつく感情を抑えきれません。
そんなに会いたいなら行ってやる!そのかわり我が手で直に首を刎ねてやるわ色ボケ狐が!と激高。

上杉謙信は自ら戦を始めたことはほとんどありません。
長尾家、上杉憲政、村上義清、川中島衆、足利義輝などに頼られたり、或いは巻き込まれたりして、いつも助けを求める声に応えて戦ってきたいわゆる「義の将」です。
しかし大熊出奔後のこの時期、馬鹿にしたような戦を繰り返し仕掛けてくる晴信に対し、我慢の限界を越えた景虎は自ら率先して動いたのです。

完全に自分がナメられていると感じた景虎は決断。
小田原の囲みを解き、晴信の待つ川中島へ向かうことを本庄らに下知します。
こうして上杉謙信と武田信玄の物語、その極点ともいえるあの第四次川中島の戦いが開幕となったのです。

雪花の虎の最新刊9巻をお得に読む方法

今回は「雪花の虎」を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「雪花の虎の」と検索して漫画をお得に楽しむ ↓

U-NEXT(ユーネクスト)で漫画をお得に読む<簡単ナビつき>

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

雪花の虎 最新話70話感想

大熊が武田に寝返った事件と第三次川中島の戦いがサラッとセットで作中で説明されていましたが、これが結構驚きでした。

史実からして、景虎が女子であるという確定情報を晴信にリークする者がいるとしたら、それは時期的にも大熊朝秀だと考えていました。

リークした体で物語を進めるのであれば、その部分はもっと何話にも亘って描かれると思っていたからです。

それが敵国の職人さんにまで景虎が女子であることを知られているこの急展開。

アッサリとまとめたなぁという印象です。

今回大事なことがもうひとつ作中で触れられていました。

それは晴信が信濃守護職に就いたという事実です。

つまり、信濃守護に背くことは幕府に敵するということになります。

このへんが史実的にも実に微妙で、景虎は景虎で幕府から晴信に「意見」することは認められているのです。

この意見の解釈によっては、景虎に「義」はあるのか?ってことにもなりかねません。

しかし第四次川中島の戦いは、義とかそんな理屈ではない、もっと感情的な戦いなのだと作者は伝えたいのだと今回読んで感じました。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




雪花の虎 71話あらすじネタバレ感想 最新刊10巻を試し読み





漫画を無料で読むことができる人気サービス ベスト3

 

U-NEXT まんが王国 music.jp
運営会社 株式会社U-NEXT 株式会社ビーグリー 株式会社エムティーアイ
有料会員 月額1,990円

(ビデオ見放題サービス付)

月額料金(300円~10,000円/月)

または、都度ポイント購入

月額1,958円
書籍数 42万冊以上 6万作品以上 17万冊以上
無料期間 31日間 無料会員登録あり 30日間
形式 アプリ・ストリーミング ストリーミング アプリ・ストリーミング
ポイント付与 登録時に600P付与

無料期間終了後は毎月1,200P付与

毎日来店ポイント1P付与

LINE利用で毎日プラス1P付与

5がつく日は5倍

漫画用のポイント600P付与

音楽・動画用のポイントが1,000P付与

無料期間後は毎月1,958P付与

無料期間中特典 書籍は2,400冊以上

アニメ・動画も、8万本見放題

3,000作品以上漫画見放題 専門3チャンネル見放題

音楽約620万曲・書籍約17万冊から購入可能

商品購入で最大20%ポイント還元

動画約18万本からレンタル視聴可能

割引クーポンでお得に動画視聴

アプリ
主要ジャンル 漫画・本・雑誌、動画(映画、ドラマ、アニメ) 漫画(オールジャンル) 漫画・漫画に関係するアニメ/ドラマ/映画
支払方法 クレジットカード

キャリア決済

Amazon.co.jp

AppleID

ギフトコード/U-NEXTカード

クレジットカード

キャリア決済

クレジットカード

spモードコンテンツ決済

楽天ペイ

リクルートかんたん支払い

おすすめポイント 電子書籍だけでなく、アニメ・動画も見放題 会員登録しなくても3,000作品以上の漫画が読める 新刊が発売日に読める