ぼくは地球と歌う4巻あらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新刊はヘンルーカがサージャリムの末裔!?

※ここから先はネタバレも含みますので、前巻を読んでいないならばまずはコチラから↓

ぼくは地球と歌う4巻のあらすじとネタバレ

春は、蓮とカチコから話を聞くことにする。

その中で、蓮は、カチコが発している音がいつもと違い、単音でなく重音に変わっているという。

また、ヘンルーカは自分に助けを求めていて、それは自分がロジオンだったからなのではと考えていた。

一方、春は、店を破壊したヘンルーカの瞳が、昔、小学生の頃の暴走していた輪の瞳と似ていたことに気付く。

小林家で眠っていたヘンルーカは、目覚めると、輪に「私はお前が成り損ねた存在だ」と話す。

そして、キチェスが宇宙の元凶だと言い出すのであった。

更に、大母星が人の住めない荒れた星になったのは、大勢いたキチェスのせいだという。

そして仮母星もキチェスのせいで滅び、今、キチェスが二人いる地球はどうなるか、と輪に問う。

その頃、仕事場にいるありすの元に、代理のヘアメイクとして一成が訪れる。

そして、今回暴走しているのは大介ではないかと言う。

その後一成は、さくらに相談し、ありすの付き人兼ヘアスタイリストをやる事に決める。

今、何か起こっている事が気がかりだったからだ。

蓮とカチコ、春は、小林家に向かう途中、心配で来たカプつんと会う。

4人で家に行くと、家の前には大介がいた。

断続的に物音がする家に大人だけで入ることにし、春は子供をカフェに連れていく。

そして、春から呼び出され一成が小林家に行くと、室内はドアが吹っ飛び、輪の血と、緑色の液状物があちこちに飛び散っている惨状だった。

一成は輪を介抱しつつ、話の出来ない状態の輪とテレパシーで状況を聞きだした。

緑色の液状物は裏ヘンルーカのもので、彼女は大母星で生まれたのだった。

そして、地球を救うためにキチェスを駆除するのだという。

更に、裏ヘンルーカは、紫苑と会うべき女は木蓮ではなく、自分であったのだと話す。

そして自分はサージャリム一族の末裔なのだと。

そこで紫苑と輪がキレて、裏ヘンルーカと戦いになったのだった。

ありすは、カフェにいる春と子どもたちに合流して話をしていた。

蓮やカチコとカプつんは、素直に話し合い、わだかまりを溶かしていた。

そして春は、仕方なく、今、家がメチャクチャになっていることを伝える。

動けずにいる輪は、母親といる紫苑の子供の頃に意識が飛んでいた。

月人は大母星に記憶を取られ、母親は紫苑の本当の名を忘れていた。

シ=オンとは、父親の名前なのだった。

そして、母親の兄はアスワドだった。

母親は、記憶が無くなっても自分のサーチェスはシ=オンに託され、シ=オンが母親を忘れても、大母星のサージャリーがいつか緑の涙を流した時、母を思い出すだろうと語っていた。

現実の意識が戻った輪は、突然、大粒の涙をこぼすのだった。

ありす達が帰ってきて、蓮が輪のいる居間に足を踏み入れると、無意識に空間をサイコメトリし、輪と裏ヘンルーカが話していた姿を読み取っていた。

ヘンルーカには事情があるんだと庇う蓮に、輪が怒りだそうとすると、カプつんが蓮を庇う。

何とか怒りを収めた輪に、大介が、東京タワーを解禁し、月基地を起動しないか、と持ち掛ける。

そして“黒聖歌”の存在を知っている事を告白するのだった。

(次巻へつづく)

ぼくは地球と歌う 4巻を無料で読む方法

今回は ぼくは地球と歌う を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵付きの漫画で読みたくなったのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、

月額料金1,990円(税別)を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。

↓ 「ぼくは地球と歌う」と検索して最新刊を無料で楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

ぼくは地球と歌う4巻の感想

今回もまた情報てんこ盛り!

ヘンルーカがサージャリムの末裔って、そもそもサージャリムって神で目に見えない存在じゃなかったのかな、と何だか凄い設定になってきて、そうくるかっ、て感じです。

予想を上回ってきました。

裏ヘンルーカが紫苑と自分が出会うべきだったと話してたけど、紫苑はサージャリムを恨んでなかったっけ?あ、でも木蓮の存在でそれは無くなったのか。

出会うべく存在だったなら、何故ちび紫苑守ってあげなかったのか。

何だか色々と先が気になる展開が増えてきました。

その中でも今回気になっていたのは、カチコ。やっぱり、カチコがマージだったのか?地球人は単音しか発してないのに、重音になるって、そういうこと?カチコと蓮の関係は、今回前世絡みは無かったので、次巻に期待。

今作品では、月メンバーの存在感が前作より増しているので、楽しみのひとつです。

カフェでの春のツッコミは笑えました。

「そんな甘酸っぱい話をこのタイミングで!?」(てんこ盛りすぎでしょ小林家)。

まさしくそう思いましたよ(笑)てんこ盛りすぎだわ。

一成やさくらは、月メンバーの中でも結構きちんと前世乗り越えてる二人だな~と思いました。

繻子蘭は木蓮を嫌っていたけど、今はありすとさくらは、ちゃんと親友なんだな、と思えました。

一成も男としてしっかりしているし。

二人の好感度アップの巻でした。

今後、大介がどう動いていくのか気になる展開になり、色々想像しつつ次巻を待つことにします。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




ぼくは地球と歌う 25話あらすじ





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。