カーニヴァル 漫画132話ネタバレと感想 最新刊を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

前話はコチラ

 

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならお得に漫画カーニヴァルの最新話が読めますよ。

 

↓ 「ZERO-SUM」と検索してカーニヴァルを無料で読む ↓
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

カーニヴァル 漫画132話のネタバレ

「調整者」
无は誰かに呼ばれ、目を閉じて声に耳を傾けます。

(俺を呼ぶのは誰?)

无の目の前にはニジの姿をした无が居ました。
无は驚きながら、声をかけます。

「君は俺だよね?」

そう尋ねるとニジ姿の无がキュイキュイと話し出します。
无は通訳しならが現状を話します。

「役目を教えてあげる?」
「本当は化色がこの3度目の世界に生まれて人間への憎しみが確定した時に、調整者の俺は役目を自覚して生まれたたずなんだ」
「仁水やアルメリタという人間と混じり合った時にバグちゃった」
「調整者としての認識が壊れて、自分が何者かわからなくなった」

ニジ姿の无が消えそうになりながら、无に語りかけます。

「だから今、修復しょう」

それを聞いた无はニジ姿の无と額を合わせます。
ニジ姿の无が消え、无は呟きます。

「俺は人に寄り添う命」
「けれど消して共には歩かない、調整者」
「そして君に死を告げるもの」

そう告げる无の瞳はいつもとは違う色彩になっていました。
また足元から木のようなものが生えてきます。

无は自身が生まれてきた時のことを回想します。

木のようなものから声がし、ニジ姿の无に語りかけています。
无はこのひとの側で生まれました。

无はそのひとからの初めての言葉を思い出しています。

「人は歩く道を間違えた」

そのひとはそう言い、无に語りかけます。

「生きたいという欲望をなくしては人間ではいられない」
「人間という種は保護するだけでは何も生み出せない」

そう語るそのひとの言葉を无は不思議そうに聞いています。

「不足があり、初めて欲望を持つ」
「欲望があり、そこから前進を願う」
「前進とはすなわち、生きる力」

そのひとの側にはニジ姿の无と水の玉に入った化色だと思われる人が居ます。

「お前は化色と対をなすもの」
「化色は人間に不足をあたえる者」
「お前は人間に前進と死をあたえる者だ」

无が回想から戻ります。
倒れた无の側には嘉禄とエリシュカが居ます。

「嘉禄!この子、大丈夫なの?」
「急にうずくまって動かないし…」

嘉禄は問題ないと言います。

「无はね、ちょっと居眠りしただけだ」

无は起き上がり、言います。

「懐かしいあの人に…」
「今の人間をどうしたいのか、願いにいかなきゃならないんだ」

目覚めた无の瞳はやはりいつもとは違う色彩に変化しています。

「でも俺まだ花礫と…」

花礫と使早は幻燈の街カラスナに向かっています。
花礫は使早をじっと見ながら思います。

(カラスナ行きの護衛がコイツなんだよ)

カラスナの街に入る前に花礫は忠告します。

「カラスナの住人に対することだ」
「ケンカは買うなよ、面倒だ」
(まあ余儀みたいにフワフワしてるヤツじゃねえし)

使早に忠告して早速、街に入ります。
花礫は話を聞きない人間は病院にいると言い、そちらへ向かいます。

使早は厳しい顔つきで街を見ています。
それを見た花礫が思います。

(こんなとこにはいたくねぇってツラだな)
(コイツにとってこの土地は自分を苦しめた時間そのものなんだろうし)

花礫は使早に道を支持しながら、思考を切り替えます。

(燭に無理を言って来たんだから、俺は先に繋がる情報を手に入れねと)
(无に繋がる道筋をなにか!)

花礫は決意した表情になり、笑っている无を思い浮かべます。

病院の中に入り、目的の人物に花礫が話しかけます。

「よお、じじい」
「元気だったか?」

花礫が声をかけるとその人物は振り向きます。
それを見て花礫が優しい笑みを浮かべます。
花礫は両膝を地面に付け、ベッドに上半身を乗せて尋ねます。

「今日は聞きたいことあって来たんだわ」

花礫が尋ねかけたところで話は終わり、次話に続きます。

カーニヴァル の最新刊を無料で読む方法

今回はカーニヴァルを文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「カーニヴァル」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

カーニヴァル132話の感想

今回は无の存在がどのようなものなのかが一部判明しました。
今まで作中で調整者という言葉は出て来ましたが、それがどのような存在なのかは語られていなかったと思います。

化色と无は対をなすものだったようです。
またそれぞれに役割があり、无は人間に前進と死をあたえる者でした。
これにはすごく驚きました。
无はいつも一生懸命で花礫や余儀達が大好きで、死をあたえる者のイメージがありませんでした。
人間と混じり合ったことで人間らしさが出ていたのでしょうか。

バグを修復した後の无は暖かで純粋な眼差しではなく、冷たい印象の眼差しに変わった気がします。

修復され本来の調整者になった无はそれでも花礫を思っているようです。
人間をどうしたいか願いに行かないといけないと言う无がとても苦しそうに見えます。
これから无がどのように行動するのか目が離せません。

花礫のほうはカラスナに到着しました。
会いたかった人物にも出会えましたが、まだ何も話は聞けていません。
次話では何が語られるのかやきもきしています。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓



\comming soon/




ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。