ブルーロック 最新話47話ネタバレと感想と評価 最新刊の漫画を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに絵つきブルーロック無料で読めますよ。

ブルーロック47話掲載の「週刊少年マガジン 2019年 34号」を無料で読む
 

ブルーロック 47話の漫画ネタバレ

「化学反応」

潔達が話し合っている様子を蟻生は疑問に思い、時光は怯えており、凛は静かに見ていた。

蜂楽は凪がやりたいサッカーを知ると、すぐさま了承し、潔も文句は無かったが提案を出すとは思わなかったと言う。

凪は提案したのは今回が初めてで、負けるのは悔しいと、勝たないと面白くないと言うと2人は同意して、試合を再開する。

蜂楽にボールが渡ったと同時に潔は周囲を見て、凪は蟻生のマンマークされており、蜂楽も時光相手に思うようなプレーが出来ない事から個人個人では歯が立たないと考えていた。

(だから俺たちは1人ずつが孤立しない15m内の距離感…三角連携(トライアングル)で攻め崩す!!)

と潔は考えており、今ボールが渡っている蜂楽のパス選択で三角連携(トライアングル)をゴールまで導いてほしいと思っていた。

蜂楽は時光を翻弄してから凪にパスを出す。

そして長くボールを持っていると、奪われる可能性が高いから潔と凪はワンタッチプレーを行う。

これらは全て凪の考えで、1対1で勝てないのなら3対3の状況を作って挑んで、中盤を支配する事が凪の考えだった。

しかし、止めのシュートはマークに遭っている凪ではなく潔だった。

潔は間合い(タイミング)と射程(レンジ)を見極めると、蹴撃点(シュートポイント)へと走り出した。

その様子を見ていた蜂楽はボールが渡ると同時にパスしようとすると…。

「ぬるいホットラインだな お前程度に視える景色が俺に視えないとでも思ったか?」

と凛が蹴撃点(シュートポイント)の前に立ち塞がり、蜂楽はパスを出すのをやめる。

それと同時に動きが止まったので時光は好機だと思って、蜂楽からボールを奪おうとする。

それならと蜂楽は凪に高速グラウンダーパスを出すが、潔は凛の近くにいたので三角連携(トライアングル)に参加できない状況だった。

蜂楽は凪に自分のパスから感じろと心の中で呟き、凪は向かってくるシュートの回転と周囲の状況を見て、このパスを止めるなって事だと感じてシューズに当てて浮き上がらせる。

この事によってボールは蟻生の頭上を越えて、彼が驚きを露わにしている隙に凪は彼のマークから外れるとシュートを撃って3対2にした。

(エゴとエゴの化学反応を制する者が次の切符を掴むストライカーだ)

と潔は絵心の言葉を思い出すと同時に凪とタッチを交わした。

凪はあんなパスもあるんだと呟き、潔は何のことだか分からなかった。

凪はこれまで受けてきた御影のパスは自分の自由に出来たけど、今受けた蜂楽のパスはこうしろというアイディアを提供してくる感じだと言う。

潔は三角連携(トライアングル)で中盤を支配して、自分の動きに呼応として凪がゴールを奪うのが自分達のサッカーだと感じ、蜂楽はもう1点取ろうと言い、凪も同意する。

しかし、再会早々に二度目となる凛のセンターサークルからシュートがゴールへと迫る。

だが、このシュートは既に予期していた潔がヘディングで阻止した。

そして凛にお前が視てる景色は自分も視えていると、ぬるいと言い返すのだった。

ブルーロック の最新刊を無料で読む方法

今回は ブルーロック を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)。

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、

月額料金1,990円(税別)を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。

↓ 「ブルーロック」と検索して最新刊を無料で楽しむ ↓
 

電子書籍
 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

ブルーロック 漫画47話の感想と評価

このまま凛達のペースで進むのではないかと思われましたが、潔達もただでは起きませんでしたね。

個人技では相手の方が1枚も2枚も上手なので、出来るだけ3人の距離を保ちながら中盤を支配するという策が今のところを功を奏しているように思えます。

一番痺れたのは蜂楽のパスを見て、凪がどうすればいいのかを素早く察して動いてシュートを決めた事です。

天才の考える事は凡人には分からず、天才のみぞ知る…みたいな感じでしたね。

蜂楽と凪のプレーが絵心が言っていた化学反応だとしたら、とんでもないものだなと感じました。

次回も潔達の猛攻が続くのではないかと思いますが、もしかしたら潔の最後の言葉にイラッとしたかもしれない凛が本格的に動く可能性もあるかもしれませんね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓
https://www.yellow-journal.jp/?p=

ここまで読んでいただいた方限定でもう一つの漫画が無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。