マリッジパープル 12話のネタバレと感想 最新刊を無料で試し読み

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料絵つきマリッジパープルが読めますよ。

マリッジパープル掲載の「LaLa 7月号(2019年)」を無料で読む
 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

マリッジパープル 12話のネタバレ

七月、夏休み。
凛が水やりをしていると携帯が鳴りました。
めぐから4人で花火大会に行かないかという誘いでした。行きたいと返事をする凛。

『お前じゃなきゃ嫌だ』
自分に言われた訳じゃないのにあの日から諭吉くんの顔がうまく見られないまま夏休みに入って…

(どんな顔して会っていいのか分からないけど、花火大会楽しみだな)

そして花火大会当日。
めぐと凛は浴衣を着て現れました。
赤くなる諭吉。
凛ちゃんはどう?とめぐに聞かれます。
「鈴宮は…まあ、か…髪型がいつもと違うな」
可愛いとは言えない諭吉。
一方、凛は顔を見ると動悸がしていました。

佐和田は解けそうな凛の帯を直してやり、さりげなく褒めます。

少し靴擦れができそうだった凛。座る場所を探しますが、貼ってやると諭吉が跪きます。
そんなに痛くなかったかもと誤魔化す凛。
「何で目、合わせねーの?」
不審な凛の顎を持ち上げる諭吉。
やっぱり無理!と凛は逃げ出します。

佐和田が射的で勝負しようと誘います。
景品にメロンキャラメルを見つけた諭吉は凛の好物だと意地になって狙います。
必死になる諭吉に一緒に狙おうと誘う凛。
((ホントこいつ、諭吉くん、メロン好きだな))

そして、勝負が終わり、やると諭吉が凛にあげたのは流れ弾で取れた二つのパンダのキーホルダーでした。
思い出はいらない?と一つずつ持つことにしました。

そこに諭吉の部活仲間たちが通りがかります。
わんやと囃し立てる諭吉。
「諭吉くんクラスではあんな感じなんだね」
複雑な心境になる凛。

花火の席に着いた凛でしたが、キーホルダーがなくなっているのに気づきます。
探しに行く凛。
(私しか知らない諭吉くんより、私が知らない諭吉くんが多いのは当たり前なのに…
なんで……)

キーホルダーを見つけた凛。慌てて階段を踏み外してしまいます。
「何やってんだ、危ねえだろ」
凛を後ろから支えたのは諭吉でした。

キーホルダーは踏まれて汚れ、綿も飛び出していました。
「ありがとう、よかった、みつかって」
それでもキーホルダーを喜ぶ凛。
「ほんとバカだな」
苦笑する諭吉。

そうしているうちに花火が始まりました。
くっついてろと手を握る諭吉。
周りには花火が苦手だという設定にしていた諭吉。
「一緒に見たい奴と見るなら、花火が嫌いなわけじゃない」

(一緒に見たい人。私は……)
I LOVE YOUをなんて訳すのかはまだ分からない。
(けど、諭吉くんにしか揺れない気持ちがある)

(苦手なのも、近くにいるのと落ち着かないのも、涙が出るほど悲しいのも、嬉しいのも、どうしていいか分からないもどかしさも、こういう気持ち、全部合わせて、好きってことなのかもしれない)

マリッジパープル の最新刊を無料で読む方法

今回は マリッジパープル を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

↓ 今なら31日間無料トライアル実施中 ↓
「マリッジパープル 1巻」を無料で読む
 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

マリッジパープル 12話の感想

お前じゃなきゃ嫌だ、諭吉の言葉を聞いてからすっかり諭吉を意識するようにになった凛。

久しぶりに花火大会で諭吉に会うも、まともに顔を見られません。

手をつなぎ、花火を見ながら、去来する様々な思いに諭吉が好きなのかもしれないと凛は思うのでした。

次号10月号(8月24日発売)に続きます。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓
https://www.yellow-journal.jp/?p=

ここまで読んでいただいた方限定でもう一つの漫画が無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。