新信長公記 ヤンマガ44号 漫画ネタバレと感想 最新話23話を試し読み

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)なら無料新信長公記が読めますよ。

「ヤングマガジン 2019年44号」と検索して新信長公記 最新話23話を無料で読む ↓
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

新信長公記 23話漫画ネタバレ

「秀吉の野望」
秀吉が旗印戦に挑んでいる頃、図書室にいるみやびは信長から旗印戦の重要な本質について聞いていた。

「ああ確かに!!秀吉くんがこの戦いに勝ったら格付けは絶対に上がる!!」

と信長の説明を聞いたみやびは納得したかのようにこのように言う。

信長は秀吉はその事に気付いているから、必ず誰かと同盟を組んでいるはずだと口にし、味方を引き入れる事が出来る交渉力も旗印戦には必要だと言う。

「あれェ お前らこんなトコで何やってんの?」

と龍造寺が図書室にやって来て、みやびは旗印戦に巻き込まれないように避難していると答える。

その答えを聞いた龍造寺は旗印戦は秀吉が政宗、元就、利家を味方につけて204人倒して残るは加藤だけだとみやびに告げ、信長の言う通りになったとみやびは驚きの表情を露わにする。

その頃、加藤は秀吉がいる場所を目指してゆっくり歩き、途中ですれ違う不良達は加藤から発せられるオーラにビビッて関わらないようにしようとしていた。

その頃、みやびは信長の言う通りになったと思っていた事を口にし、信長は3人の誰かを総長にしてそいつのNo.2になるハラだと口にする。

「それはちょっと違うと思う」

とみやびは反論する。

理由は秀吉が入学当初には信長が言っていたのと同じような事を言っていたが、加藤と204人と旗印戦をすると決まった際の顔を見たら総長のNo.2になるのではなく、自分に総長になれるチャンスが回ってきたと感じた顔をしていたからだった。

みやびの話を聞いた信長は何かが起こりそうな気がするという理由で、最後の戦いを見届けに動くのだった。

その頃、第1校舎2階では秀吉が政宗達と共に加藤が来るのを待っていた。

やがて戦意剥き出しの加藤がやって来ると、座って待っていた元就と利家が立ち上がる。

「時間がねーんだ とっととやろうぜ」

と加藤は時間制限の事もあってさっさと戦おうと言うが、元就はこっちには3人猛者がいるからお前に勝ち目はないと言い放つ。

「全然 お前ら3人くらいどーって事ね―――けど」

と加藤が言うと利家は自分達が大した事ない思われていると思っているのか、キレて今すぐにでも戦おうとしていた。

しかし、元就は加藤を倒すのではなく彼から秀吉を守り切る事が出来れば自分達の勝ちだと言うが利家は言う事を聞かない。

「だから何故俺らが3人で同盟を組んだかもう一回思い出せ 俺たちの目標はここじゃねェ この先だ この先格が上がった秀吉に大勢の猛者が挑みかかってくる 祖の戦いこそが俺たちの本番だろ そこで俺ら3人が力を合わせて戦わなきゃなんない こんなトコで加藤とどうでもいいバトルやってつまんね―――ケガなんかするワケいかねーんだよ お前の持ってる鉄パイプも3本束ねりゃびくともしねーが1本だったらぎにゃりと曲がるぞ」

と元就は自分達が秀吉と組んだ理由を利家に思い出させるかのように長々と語り、長々と語られた事で怒りが覚めた利家は落ち着いた。

対して加藤は3人が秀吉と組んでいる理由を知ると、まるで蔑んでいるかのような表情でクソがと吐き捨てる。

対して元就はクソはお前の方だと、強い物が勝つとか小細工なしとか正々堂々と勝負とかそれって総長になる素質はゼロだと言い返される。

政宗も内心では加藤の美学は素晴らしいと思うが、これは裏切りや騙し等何でもあり総長戦では意味をなさないと、現時点で既に詰まれていると思っていた。

しかし、そんなの関係ないと言わんばかりに加藤は元就相手に睨みあっていた。

「その辺にしとけよ毛利」

と秀吉が言うと元就と利家に下がるように命じると、ここから残り時間は自分だけで加藤と勝負すると口にし、元就を驚かせるのだった。

新信長公記 の漫画最新刊をお得に読む方法

今回は 新信長公記 を文字でネタバレしましたが、最新刊の漫画も読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「新信長公記」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

新信長公記 23話の漫画感想

最後の秀吉の発言には元就もそうですが、自分も驚きでしたね。

しかし、旗印戦は何でもありの戦いだから正々堂々の勝負をしようとしている加藤だからこそ何らかの勝算があると踏んでこのような発言をしたのだと思います。

どうしてそんな発言をしたのかは、恐らく次回で明らかになるのではないかと思います。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓



新信長公記 ヤンマガ45号 漫画ネタバレと感想 最新話24話を試し読み




ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。