キャプテン翼ライジングサン 100話ネタバレと感想 最新刊を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならお得にキャプテン翼ライジングサンが読めますよ。

↓ 「グランドジャンプ 2019年22号」と検索してキャプテン翼ライジングサン 最新話100話を無料で読む ↓
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

キャプテン翼ライジングサン 100話のネタバレ

「最後の最後まで…!!」

「おばさん 美子ちゃん 私スタンドに戻ります」

と医務室で休んでいた弥生が2人にこのような事を言う。

弥生曰く三杉の事は心配で試合を見るのは怖いが、最後の最後まで三杉の事を見届けるのが自分の役目で、自分は三杉の事が大好きだからだとの事だった。

そして弥生は自分で勝手に三杉の事を傍で一生支えると決めていると言い、もう絶対に倒れないから一緒に最後まで日本代表を応援しようと石崎の母親と美子に言うのだった。

「頼むぞ翼!!岬!!」

と石崎は2人に向かってセンタリングを上げる。

実況も残り時間が少ないから早い段階でセンタリングを上げるのは当然の策だと言っていた。

ボールの落下地点には当然の如く翼と岬がおり、他の選手が周囲にはいないので全員が2人に同点ゴールを託していた。

(どんなことがあっても絶対に敢行しよう岬くん おれたちのハイスピードトルネードスカイアルファを!!)

(うん翼くん)

と2人はこのように思っていると同時に、負傷して病院へと向かった若林のためにも絶対に負けられないとも思っていた。

その頃、若林が搬送されたリアソール中央病院では彼の出血の多さから大量の輸血が必要となっていたが、足りない恐れもあったのだ。

そしたら見上がやって来て、自分と若林の血液型は同じだから使ってくれるように医者に頼む。

さらにドラクスラー一家も駆けつけ、自分達の家族全員同じ血液型だから使ってくれと頼む。

採血の準備を始めるために、彼らは医者の命令で部屋へと移動する。

「見上さん大丈夫です!!ゲンゾーはうちの家に下宿してた頃からケガにはめっぽう強い子でしたからきっとまたすぐサッカーができるようになります」

と移動中にドラクスラーは見上にこのように言い、見上はこれまでの経験から若林は大丈夫だと思っていた。

そしてオペを受ける若林は心の中で頼んだぞと翼達にエールを送っていた。

その頃、試合会場では…。

『翼と岬がボールに向かい大空を飛ぶ~っ しかし翼には依然カルツが密着マークだ』

と実況がこのような声を発しており、その声の通り翼と岬は同時にジャンプをするがシュートを阻止するためにカルツは翼にしがみついていた。

カルツはこの前のブラジルとの試合で負ったアバラ骨の傷は深く既に限界に達しており、例え試合に勝っても次の試合に出場するのは無理な状態にあった。

それならドイツを勝たせるために退場を覚悟の上で、反則してでも翼達のシュートを阻止しようとしていたのだ。

それを見た審判は笛を吹こうとしていた。

(どんなことがあってもおれは…子のシュートを敢行する!!)

と翼は思いながらカルツを押す事によって、カルツが掴んでいた翼のユニフォームが破れ、カルツは振り落とされた。

そして2人はシュートを打とうとしたが、途中でシュナイダーに阻止されてしまった。

シュナイダーは2人の真下からの垂直スピードジャンプでボールが岬から翼に渡る僅かな瞬間を狙ってボールを突き上げたのだ。

(翼くんと岬くんはより強力なシュートを撃つためキリモミジャンプをするその分ボールへの到達が遅れる 逆にシュナイダーは真下から一直線にボールに向かうためこの2人のシュートの瞬間に間に合うことができたんだ)

と三杉は思っていた。

この光景からドイツの面々はこの試合勝ったと思っており、シュナイダーは審判にもうアディショナルタイムは残ってないから試合終了の笛を吹くように促す。

審判は時計を見て笛を吹こうとしていた。

しかし、何とか着地した翼と岬はすぐさまジャンプしてダブルオーバーヘッドシュートを撃とうとしていたのだ。

キャプテン翼ライジングサン の最新刊を無料で読む方法

今回は キャプテン翼ライジングサン を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

U-NEXT(ユーネクスト)でキャプテン翼ライジングサンを無料で読む

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

キャプテン翼ライジングサン 100話の感想

恐らくではなく、間違いなくこのシュートに全てが懸っていると言った感じですね。

このシュートを決めれば同点になって試合が続き、このシュートがゴールに入らないかつミューラーが止めれば試合終了となります。

果たして、どうなるのかわくわくが止まりません!

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




キャプテン翼ライジングサン 101話ネタバレと感想





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。