虫かぶり姫 ネタバレあらすじ 漫画2巻の感想 最新刊を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)なら無料虫かぶり姫が読めますよ。

↓ 「虫かぶり姫」と検索して最新刊を無料で読む ↓
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

虫かぶり姫 ネタバレあらすじ 2巻

私の喜びは素晴らしいドレスや宝石よりも大好きな心に残る本が一番の宝物です。

だから私のことを虫かぶり姫だと言われています。

王室で召使の女性が近ずいてきて登城をされるのかお嬢さまと声をかけて尋ねて来ています。

書庫の方に返す本があるのでそれと同時に王宮の書庫で本を借りてこようと思っているのとエリアーナはお天気のいい日に登城しています。

そこで前にあったお茶会の事を思い出していたがそれも失敗してしまったので落ち込んでいるエリアーナ。

エリアーナはみんなにはきちんと謝ったのですが、アイリーン様にも謝りました。

でも分からないことがあってクリストファー殿下には会えないですし、忙しいとは聞いているものの少し疑問です。

エリアーナは執務室で本を読もうかなと思いながら考えています。

執務室に行ってみると御付きの人たちがバタついていて、エリアーナに気が付くとエリアーナ嬢とびっくりして言う。

エリアーナはおっとりとして出袋をして本の整理中ですかと本を触っている。

そこでエリアーナは手伝おうとするが、御付きの者にバンっといけないとされてしまう。

びっくりするエリアーナ。

目を丸くしてびっくりして茫然としていると、本が落ちて御付きの者が、二人ですみませんと青くなり、頭を下げて謝っている。

そんな態度にいえいえとエリアーナは気にしないでという風に言っている。

足音が止まりそこへ何かあったのかと騒がしさに来たテオドール。

御付きの者たちがテオドール様というふうに何かごちょごちょ報告している。

頭を抱えるテオドール。

エリアーナに向かって述べ出した。

格式ある言い方で、淡々と述べるテオドール。

王宮の書庫は忙しくバタついています、働く者以外は使用できない時もあります。

ここへの入室を控えて欲しいのです。

エリアーナは悲しげな目つきで、それならしょうがないと言う風に思いながら寂しい気分のエリアーナ。

城の中にある温室の庭に行き、考え事をしているエリアーナ。

本も借りれなくて、それだけではなく、本に対して何かすると思われたかなと思うエリアーナ。

そこへグレンとアレクセイが来て、エリアーナは挨拶をする。

アレクセイ様と声をかけかけて、自分に何か手伝いをすることがないかと尋ねてみると今日は大丈夫ですと言われてしまう。

その言葉に固まって落ち込むエリアーナ。

しばらくの間、自宅まで送ることができないから一人での移動はしないようにそれに代わりの者がいくということで、自由奔放にされないようにと言われてしまう。

エリアーナは返事をするが、何かおかしいと思う。

御付きの者に頼むと言って立ち去るグレンとアレクセイ。

中庭で一人で佇むエリアーナ。

御付きの者に帰ろうと言いエリアーナは馬車を待つ間本を読もうと思い、でも本を読んでいてもクリストファーに会いたいと思うエリアーナ。

本を借りに来たのにどうしてこんなことになったのかと思うエリアーナ。

そうしていると、王宮のドアの辺りに人が立っている。

挨拶をしているのはあれはと思い、じっと見ているとそれはクリストファーでした。

クリストファーが満面の笑みで笑いかけてきた。

クリストファー殿下に声をかけられて、帰る所かと聞かれて返事をするが、座ってもいいかと聞かれてそうぞと言う。

忙しいのではとクリストファーに言い、仕事は大丈夫ですがと言って慮るエリアーナ。

今丁度すいてきたのでとにこやかなクリストファー殿下。

でもアレクセイの怒っている顏が浮かんでくるエリアーナ。

そんなクリストファーはエリアーナに、あげたいものがあるんだと言う。

クリストファー殿下が下さる私にと思うエリアーナ。

自分は本当の婚約者ではなく見せかけだと思うエリアーナだが、久しく贈り物はなかったのになと思う。

それはカイアーグ帝国衰亡の記録という本だった。

旧帝国の国史をエリアーナは欲しがっていただろうと言うクリストファー。

世の中にはあまり出ていないもので希少なものだから手にいれるのにすごく苦労したと話して、すぐに渡したかったと言う。

喜ぶかなと思ってと爽やかな殿下の優しさに心動かされるエリアーナ。

顔を赤らめて何も声が出ない。

この本の希少さはすごいもので、こんなすごい本を手に入れるのは大変なことです。

それを感じたエリアーナは感動していた。

クリストファー殿下の苦労を感じて、自分もこの本に関してはもう手にすることは無理だと思っていたエリアーナ。

本を手にしたエリアーナは素直にうれしいと美しい笑顔で答える。

そこでお礼を丁寧に目を見て言い、すごいですと殿下に声をかけるエリアーナ。

すぐに帰ったら読みますと殿下に言って夜に読みます。

叔母の所にいくエリアーナに無事に行ってほしいと願い、クリストファーに仕事に励んで下さいと声をかけている。

アレクセイの事を二人で話して少しなごんでいる。

また王宮の書庫に来てしまうエリアーナ。

本を見ているとそこへ笑い声が聞こえる。

クリストファーの笑い声だった。

書庫から見てみるとそこへアイリーン様がいた。

人脈のつくり方が上手なアイリーンを称えるエリアーナ。

自分とは大違いだと暗くなる。

自分が婚約者としてしないといけないのにこんな自分だって少しは分かると思うエリアーナ。

それに今のいまからの事ではないと思う感じの二人のアイリーンとクリストファーの様子。

やはりこんな時がくるとは思っていたが来たのだと思うエリアーナ。

テオドールが来て、今日の登城は聞いていないと言われて、落ち込んでいる上に落ち込んでいる。

帰りなさいとテオドールに言われる。

今思えばみんなの私への態度が理解できてきていた。

自分の場所だったのがアイリーンのものになると思うエリアーナ。

名ばかりの婚約者の立場でもと心が痛む。

そこでクリストファーにもらった本を抱えて走る。

そこでアイリーンへも贈り物をしていて、ショックを受ける。

登城していないはずのエリアーナの姿にびっくりするクリストファー。

頂いた本を返すという精一杯の笑顔で取り繕う、エリアーナはもういらないと言って帰る。

自分の部屋に帰ったエリアーナは食事も喉を通らず、自分の気持ちに気が付くエリアーナでした。

私はクリストファー様が、、、。

クリストファーの本当の思いとは、、。

虫かぶり姫 の最新刊を無料で読む方法

今回は虫かぶり姫を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

「虫かぶり姫 2巻」を無料で読む
 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

虫かぶり姫 2巻感想

どうしてか書庫にいくのにみんなに止められてしまい困惑するエリアーナ。

本が読みたくて返しにいくのにでもフリストファーに会いたくての気持ちもあり、仕事で忙しいのはしょうがないが何だか違和感のある感じがしていて、何が起こっているのかと思っているのが切ないです。

優しい性格で、御付きの者に少しきつくされるがテオドールにもで、落ち込みます。

自分は見せかけの婚約者と思っているので肩身が狭く、でもクリストファーに入手困難な本をもらって幸せいっぱいだが、本当に欲しいものは本ではなくクリストファーの心だと気が付いたエリアーナ。

アイリーンの存在に気がついてしまい傷ついたが、本を返すことで自分の思いを告げている感じがします。

どんどん大人の思いを勉強するエリアーナの気持ちが可愛いです。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓



虫かぶり姫 14話の最新話漫画ネタバレと感想




ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。