プレイボール2 無料で最新刊を読む方法 漫画60話ネタバレと感想

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに最新話の プレイボール2 が無料で読めますよ。

▼「グランドジャンプ 2019年 23号」と検索してプレイボール2 60話を無料で読む▼
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

プレイボール2 漫画60話ネタバレ

「ウチはベータの巻」

「こんちわッス」

「失礼しま―――っス」

と墨谷ナインは田所電機商会へとやって来ていた。

そこには田所の父親がおり、ビデオを見に来たんだねと言うと墨谷ナインは挨拶するのだった。

そしたら松川、半田、戸室、島田、横井は数多くあるビデオデッキに目が行くが、値段が22万のが殆どだったので尻込みする。

田所の父親曰く日立ちも東芝も三菱もソニーもビクターもナショナルも何処でも取り寄せられるとの事で、買っていくかいと声を掛ける。

一生買えないと呟く松川に、大人になったら買ってと頼む田所の父親。

そして田所の部屋へとやって来た墨谷ナインは床に座り、田所は準備を始める。

「ビデオってのはな…VHS(ブイエイチエス)とベータ方式ってのがあってだな ウチのはベータで………これがそのカセット VHS(ブイエイチエス)に比べてひとまわり小さいんだ」

と田所は言うと、準備が終わったのか映像が映ったのだった。

谷口はウチはラジカセでテレビの音だけを録っているので、凄い時代になったと思っていた。

この日の川北商業高校の対戦相手は新木場高校で、エースの河仙は前の試合を完封している優秀なピッチャーだった。

そのピッチャーから川北打線は滅多打ちにして勝利をもぎ取ったのだ。

試合の中で谷口は川北打線は初球打ちをせず、この試合で18本打ったヒットのうち15本が追い込まれてからヒットを打っている事を見抜いた。

この事から川北のバッターは自分の苦手なコースをわざとカットしてフォアボールを狙うのではなく、好きなコースへと誘い込んでヒットを打っているのだ。

更にこの試合の実況アナウンサーが今年の川北のレギュラー選手はエースである小野田以外は皆幼馴染で、同じ会社の社宅っ子であると言っていたのを耳にする墨谷ナイン。

彼らの社宅は千葉県の市川にあり、そこには川北の練習グラウンドがあったので彼らは自然と川北に行きたいという思いがあったのだ。

しかし、川北商業高校は東京都江戸川区にあるのでそう易々とはいけないが、社宅がそこへ移転するので行けるようになったのだ。

しかも、以前練習試合で投げていた小野田もかなり成長しており、前の試合では二けた得点を挙げた新木場打線を50球で抑え込み、チームは5回コールド勝ちを収めていたのだ。

敗北した新木場は5回までに150球以上投げさせられていたのだ。

谷口は川北打線はピッチャーに球数を投げさせる打線なので、自分を含めた4人のピッチャーで挑もうとしていた。

しかし、前回の試合の一件もあって井口は使えないので、自分と松川とイガラシで投げる事を心の中で決めた。

後は、今回の大会で自分達相手に登板したピッチャーの中で一番早い小野田の球をどうするかを考えていた。

その結果、明日は軽く流すつもりだったが朝9時から弁当を持ってくるように谷口は皆に言ったのだ。

翌日、谷口は小野田対策として打撃練習を中心にしていく旨を伝えた。

そして井口にバッティングピッチャーを務めるように言い、しかもプレートの3メートル手前から投げるように言った。

まずは丸井が打席に入るも、普段でも速い井口の速球を捉える事が出来ないのでかすりもしないと弱音を吐く。

「打てなくても……目を馴らすんだ!この球速に馴れとかないと小野田は絶対に打てない!」

と谷口は言った。

井口の球を受けている倉橋は体を動かさないと不安で仕方ないんだと察し、丸井は一日中練習なのを察し、谷口はこうでないといけないと思っていた。

一方で井口は今の状況から自分に出番は無いのだと思っていた。

その頃、川北商業高校は完全オフにしており、幼馴染8人は千葉の海で磯釣りをしていた。

無料でプレイボール2の最新刊を読む方法

今回は プレイボール2 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)。

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、

月額料金1,990円(税別)を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。

↓ 「プレイボール2」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

プレイボール2 漫画60話の感想

対照的な両者だなという感じですね。

前回の大島もギリギリで勝利し、ビデオで川北の試合を見てこのままでは勝ち目がないと谷口は判断して練習をすると言ったのだと思います。

川北は前回の試合は余裕で勝利し、墨谷の事も舐めているわけではないでしょうが付け入る隙はあると踏んで休みにしたのだと思います。

この事から、もし墨谷が大島をコールド勝ちしていれば、川北も猛練習をしたんじゃないかなと思いましたね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




プレイボール2 無料で最新刊を読む方法 漫画61話ネタバレと感想





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。