駆除人 ネタバレ 漫画1巻あらすじ 最新刊を無料で試し読み

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならお得に駆除人が読めますよ。

駆除人」と検索して最新刊をお得に読む ↓
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

駆除人 ネタバレ 漫画1巻あらすじ

駆除人 ネタバレ 漫画1巻1話あらすじ

「駆除人の名前はコムロ・ナオキ」

 主人公であるコムロ・ナオキは現世で死亡してしまい、セロソフィアという名前の異世界へと転生することになる。

 異世界へ降り立ったナオキはその足で冒険者ギルドへ赴き、冒険者登録をすることになるが、その際に魔法と剣などの主だった才能がないということが判明してしまう。

 その冒険者ギルドにいた受付嬢であるアイリーンはそんなナオキを心配し、フォローしていく。

 ナオキは仕方なくも生前――転生する前の現世の職業であった「害虫駆除」や「清掃業」の依頼を受けていくことになっていく。

 ナオキの最初の依頼は「ネズミ」で、これの駆除にあたっていくのだが、当然ながら現世で使用していた専門道具はないため、ナオキは異世界の材料と道具を用いてオリジナル駆除用道具を作っていくことになる。

オリジナルの駆除用道具を駆使して一気にネズミを駆除していくナオキ。

そうするとナオキのレベル(レベルが存在する世界)が急上昇する事態が起きる。

このことにアイリーンは非常に驚く。

本来はありえない成長速度でレベル上げをしていたからだった。

 その理由が、「毒を駆使して駆除したネズミを、さらに食した魔物までが一気に死亡する」というものであり、つまりナオキは結果として食物連鎖的な駆除をしていたため、その時の経験値までもがナオキには入っていたのだ。

一を倒したら十まで経験値が手に入ってしまったということである。

駆除人 ネタバレ 漫画1巻2話あらすじ

「人間不信の奴隷少女」

二話では割と唐突に奴隷らしい美少女が現れ、ナオキに色仕掛けをしてくる。

 その理由はナオキに救われたからで、どうしてそうなったのかが語られていく。

 ナオキは一話と同様に魔物や害獣の駆除を仕事として引き受けていく。

そして今回は害獣・害虫ではなく「ゴースト」が駆除対象になっていた。

 ナオキは既にゴースト退治に必要な道具をスキルなどによって自作可能になっていた。

一話でナオキは大幅に自身のレベルを伸ばしたが、これによって単純なレベル上げ以外にも「スキル」が身に着けられるようになったため、ナオキは様々なスキルを習得していく。

「薬学」「調合」「浄化」「探知」などの直接的な戦闘に役立たないものを中心に取得していくナオキ。

 そんなナオキの元に受付嬢のアイリーンがやってきて仕事の依頼をしてくる。

 どうもベスパホネットというものが廃墟に住み着いているため、それを退治してほしいという内容。

 ベスパホネットは本来であればBランク以上の冒険者でないと討伐するのが困難であるらしく、しかしこの町にいるのはそれ以下の者ばかり。

そこで未だランクは低いが、レベルは高いナオキに依頼することになったのだという。

 ベスパホネットは猛毒を持ち非常に危険な魔物であるらしくナオキはこの依頼に足踏みしてしまう。

しかしナオキはアイリーンのしょげた顔を見たことで仕方なく依頼を受けることに。

 ナオキは廃墟の現場へ着くとまず「探知」のスキルを発動させる。

このスキルは強力で、その場からであってもスキル発動圏内であればそこにいる生き物や魔物の数と位置、そして全体の地理がわかってしまう。

 スキルによれば赤と青の点が見え、その赤こそがベスパホネット、青が人間だということがわかり、ナオキはまず人間を第一として救出しようと考える。

しかし人間の一人は屋敷の外へ出ようとしてしまい、殺されてしまう。

 残りの人間は二人。

一人は犬の獣人と、そしてゲッコー族である少女のセーラ。

彼らは主人に見捨てられており、その上石化魔法をかけられていたため、ナオキのことを警戒する。

 だが、ナオキが卑しい感情ではなく、心から自分たちを救おうとしていることに気づいたことで、警戒を解いていく。

 それからナオキはまず餌でベスパホネットをおびき出し眠らせてから魔物に魔法陣を描いていく。

そして魔物が巣へと戻ったそのときに巣もろとも爆発させ、駆除に成功する。

 助けられた奴隷の二人は主人がいない、いわば所有者不在のため、二人を見つけたナオキへ所有権が移ることとなり、ナオキへついてくることになる。

 このあとに冒頭のシーンに戻る。ナオキは丁重に断ることに。

駆除人 ネタバレ 漫画1巻3話あらすじ

「神は人選を誤った」

ナオキは前話でベスパホネットを駆除したことにより、奴隷二人を助け、そして引き取ることとなった。

しかしナオキは内心では気楽な一人でいることの方がいいと思っているのだ。

 まだ不慣れなこの異世界で子供をいきなり二人も面倒を見る――育てることは大きな負担となっているようで、どうにか二人を開放したいと考えるナオキだが、二人は泣き出してしまう。

その様子にナオキは仕方なくも二人を受け入れることになる。

 ナオキは自分の持つスキルで二人を綺麗にしてあげ、それから現在泊っている宿の主人であるカミーラという女性に少女にかかっていた石化の魔法を解いてもらう。

それによりセーラはナオキの傍にずっといたい、このまま仕えたいと懇願する。

もしそうしてくれなければナオキに殺して欲しいとまで。

 その熱意とも脅迫ともつかない申し出を受けたナオキはしばらく二人の世話をし、面倒を見ていくことに決める。

 二人と暮らすことになった手前、ナオキは二人にもっと楽に会話するように言う。

 セーラでない方――獣人のバルザックはナオキのこの申し出を受け入れフランクな態度を見せるが、これにセーラはもやもやすることになる。

 翌日のこと、ナオキの元へ受付嬢のアイリーンがやってくる。

 以前の廃墟の近くにある墓地で亡くなった方の遺体を、その遺族たちと照合するのだが、周囲が未だ危険なためにどうにかならないだろうか、という。

 ナオキはこれはいい機会と考え、鑑定のスキルを持つセーラと獣人ゆえに鼻が利くバルザックの二人を紹介する。

そして二人に仕事をしてもらおうと考える。

 一方のナオキはアイリーンとともに出掛けることとなり、そこで色々とこの世界のことについて聞く。

 この世界の名前がセロソフィアであること、地球のような球体ではなく半球状であることなど。

 このことを聞いてナオキはふと思う。

――このままただ何も知らずに過ごしていてはこの世界という牢に閉じ込められた奴隷のようなものではないかと。

 ナオキはアイリーンに「仕事を紹介してくれ」と言う。

しかしアイリーンは渋い反応を返す。

だがそれでも一件のみ思い当たることがあるらしい。

 ナオキは宿へと帰り、事前に約束していたセーラたちとともに温泉へ行く。

その温泉――銭湯はまさに日本的なものであり、聞けばこの銭湯、二千年以上も前にやってきた異世界人が作ったものらしい。

 ナオキはこのことを聞き、ぜひいつか会ってみたいと思うようになる。

駆除人 ネタバレ 漫画1巻4話あらすじ

「別れのリボンと迫るビキニ」

ナオキは獣人のバルザックとともに町から外れた森の中を歩いていた。

 バルザックは以前にナオキが紹介したこともあって、無事に仕事に就くことができるようになっていた。

ベスパホネットによって墓地の管理人が既にいないため、バルザックがその後任を務めることとなった。

 一方でナオキは銭湯の件よりこの世界のどこかにいるかもしれない同郷の人間を思い描き、一人で旅へ出てみたいと強く思うようになっていた。

 森へ来たのも元々はゴブリン退治であったが、それ以上にナオキが旅へ出る前にバルザックがともに仕事をしたいと思ったからだった。

 ナオキの一人で旅へ出たいという想いをバルザックは理解し受け入れてくれていた。

しかしセーラはそうもいかない。

 バルザックは既に冒険者へ登録と同時に初心者用の講習まですましていた。

だがセーラはナオキと一緒にいたい、役に立ちたいとひらすら口にする。

その様子にバルザックも少しばかりの不安を覚える。

 冒険者のギルドには訓練教官がいて、その教官であるアイルによればセーラは魔法の才があるため王都魔法学院へ推薦できるという。

ナオキはそれを聞いて勿論嬉しいがやはりセーラは首を横に振る。

 ナオキはしっかりとセーラへ自分の胸の内を話すことにする。

旅に出ることを、そしてまだ二人を連れていくことはできないことを。

 後にナオキはGランクより上への昇格試験を受ける。

内容はアイルとの試合だった。これを聞いてセーラはナオキが負けてくれればいいと思う。

そうすればナオキは旅に出ないかもしれない。

しかしアイルはあっさりと敗北してしまう。

 それからセーラたちの奴隷印を消したり、金を用意したりと二人がこれから十分に暮らしていけるだけの用意をしてやるが、セーラの言うことは変わらない。

 ナオキはならばと何かあったときに会話のできるアイテム・通信袋を作りそれを二人に渡す。

そしてナオキはついに旅へ出る。

 旅に出たナオキに迫る何者かの影。

ナオキは罠を仕掛ける。

すると引っ掛かったのはアイルだった。

 アイルはこの辺ではそれなりに知れた戦士であったためナオキに敗北したことに納得がいかない様子。

雑用であろうと性的なことであろうと相手するからと同行を求めるアイル。

 ナオキは仕方なく許可する。

 そして新たに着いた町オスロ―。そこでも害虫・害獣駆除の仕事をすることになるナオキは、現場へと赴く。
 

駆除人 の最新刊をお得に読む方法

今回は 駆除人 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「駆除人」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

駆除人 ネタバレ 漫画1巻感想

多くの異世界ものでは高校生などの年齢が多いため、主人公が大人というのは比較的(最近は増えてきていますが)新しく感じやすい作品でした。

この作品の肝はやはり主人公のナオキが生前にちゃんと職に就いていて、かつ、サラリーマンではなく専門職であったということでしょう。

考えてみれば一部を除いて、異世界=ファンタジー=魔物や危険な生物がいる世界、というのは基本設定なのですから、そういった意味で害虫駆除のような仕事をしていたという設定は非常に相性がいいと思います。

そしてその駆除方法もユニークな部分があり、特に最初の毒を食べたネズミを食べた魔物が死亡というのは「なるほどなー」と思いました。

まあ、それで一気にレベルが上がるのは少しやり過ぎな気もしましたが、それでもナオキが町から旅へ出る過程で必要なことだったのかなと思います。

主人公が非常に強いというのは他の作品と同じですが、害虫駆除を異世界に当てはめて「モンスター駆除」を思いついた発想はすごく面白いですよね。

これからも楽しみです。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




駆除人 ネタバレ 漫画2巻あらすじ 最新刊をお得に楽しむ




ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。