センゴク権兵衛 ネタバレ 最新話161話や最新刊の漫画を楽しむ 仙石権兵衛

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)なら無料センゴク(仙石)権兵衛が読めますよ。

ヤングマガジン 2020年8号」と検索してセンゴク(仙石)権兵衛 最新話161話を無料で読む ↓
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

センゴク権兵衛 最新話161話ネタバレ

「合戦の沙汰」

権兵衛達の長いようで短い戦いが終わりを告げている頃、旅人の男性が村人にここは千石原かと聞くと、村人はそうだと答える。

「成程壮観ですなぁ‥‥まぁ殿は景色を愛でる感性もなかろうし‥‥‥‥素通りであろうがね 小田原まであと五里もないんだね?」

と旅人の男性は言うと、村人はそうだと答え、旅人の男性は日暮れまでにつけそうだと言うのだった。

そして陣地へとやって来ると、ものの見事に眠っている見張り2人に入っていいかと聞く。

そしたら見張り2人は旅人の男性を孫殿と呼び、彼にお金を貸してほしいと頼むのであった。

他の者達も続々とやって来て、孫殿を陣内へと入れる。

孫殿は今は酒匂彦三と名乗っていて、実家での仕事がひと段落終えたから暫し暇をとったと報告する。

彼らから権兵衛は歳に合わない働きをしたから今は眠っていると、虎口を陥した事を知った酒匂は驚きの声を上げ、これは大武功だと言う。

「いやあ‥それがそうでもないらしいんですわ 実はとあるお約束を違背しとるんですじゃ 此度の合戦(いくさ)働きは「ヤマイヌの計」の陽動策だけじゃったはずが勝手に抜け駆けして虎口攻めしちまったもんじゃから……」

と権兵衛の者がこう言ったので、酒匂は池田、徳川、黒田を待ちぼうけさせてしまったのだと呟くと、自分は戦に参加してないからその分三家に謝りに行くと言う。

そしたら森がやって来て、酒匂を家老代に任命すると言い放った。

そして酒匂はまず池田家へと向かい、家臣の伊木は仙石家に折り目正しいものがいて良かったと口にする。

酒匂は許していただいた事、感謝すると述べる。

「‥‥某にとって徳川は父と兄の仇である‥‥然し……然りとて今後の世情を鑑みるに私怨・私戦は停止すべきである 此度の策にて徳川との縁が繋がることは‥‥‥‥良きことに思う!」

と池田家当主である池田輝政はこう言うのだった。

酒匂は次に黒田家へと向かい、黒田官兵衛に戦の事に関して謝罪し、当の本人は想定内と言う事で許してもらえたのだ。

最後は徳川家へと向かい、本多正信に会うと彼は既に徳川家康に事の次第を伝えており、権兵衛が軍使の職に関してこのような事実は無い事してくれれば不問にすると言う家康の言葉を正信が述べる。

「はっ 勿論 けして徳川家にご迷惑をおかけしませぬ故」

と酒匂がこう言って、無事に交渉が終わったのだ。

その夜、家康は正信を呼び、仙石家に温情か不寛容かのどちらかがもたらされるがその結果次第で豊臣政権の指針が見えると言うのだった。

一方、早雲寺には豊臣家の家臣達が集っており、今回の権兵衛の働きは大局を動かすものではないが武門の誉れとして称賛されるべきだと言う声が上がっていた。

「否とよ 政権が天下静謐を指向する折 猪武者が懲りもせず猪の如き戦いをおっはじめたのだ 是は私戦停止令に違背したも同じである!!」

と桑原次右衛門貞成がこのような事を言うと、他の者はいいかがりだと反論する。

そんな中、大村由己は自分はある種の畏れを抱いていると口にする。

彼は関東征伐が発令された際に多くの武者が騒ぎ立てていた事から、彼らは戦が終わる事を快く思わない者達ではないのかと思っていたのだ。

それに権兵衛達に関しては九州での戦いの反省が見えないので、このままでいいのかと悩んでいた。

そんな中、天下人となった豊臣秀吉がやって来て、明朝に権兵衛を呼ぶように命じたのだった。

そしてその本人は熟睡していたのだった。

センゴク権兵衛 の最新刊をお得に読む方法

今回は センゴク権兵衛 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「センゴク権兵衛」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

センゴク権兵衛 最新話161話の感想

天下が統一されたら戦の世は完全に終わりを告げるという事に繋がりますので、豊臣の家臣達は権兵衛達のような戦しか能がない者達が暴発するのを恐れているみたいですね。

暴発するのか、それとも静まるのかは全て秀吉の言葉一つで決まりますので、秀吉が権兵衛を呼び出して何を話すのか、何の褒美を渡すのか気になりますね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




センゴク権兵衛 ネタバレ 最新話162話や最新刊の漫画を楽しむ 仙石権兵衛




漫画が無料で読めるおすすめサイト|まんが王国

「まんが王国」なら月額利用料が無料!

しかも、新作から名作まで3000作品以上の漫画が無料で読めます!

▼今すぐ漫画を無料で読む▼

まんが王国