大奥(よしながふみ)6巻のネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「大奥」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『大奥』を無料で立ち読み (^^♪

あらすじ

女将軍綱吉の治世は危うい均衡を保ちつつ、時は流れていきます。世継ぎがいまだに授からず、その将軍の地位の後継が誰になるのか、親藩や家光の血筋を継いでいる者とその周囲は虎視眈々とその行方を見守っています。

まだ幼い吉宗(信、後の八代将軍)とその姉綱教(つなのり)も、江戸から遠く離れた紀州の城の中でそうした会話を交わしていたのです。

そして家光の側室・お夏の方の孫である徳川豊綱も、名君と称えられておりながら、お夏と桂昌院との過去の軋轢といったさまざまな事情により、表に出ることなく民の暮らしを憂いて善政を敷くことを目指していたのです。側用人の間部詮房は『この人が将軍にならずして、誰がなるというのだろう』と、とある決意を固めるのです。

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

大奥(よしながふみ)5巻のネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪

以下のリンク先で「大奥」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『大奥』を無料で立ち読み (^^♪




ネタバレ

世継ぎを授からないまま、時は流れ、江戸幕府は、ギリギリのところで踏みとどまっていました。悪法として名高い『生類憐みの令』は継続され、民は様々な抑圧を感じています。右衛門佐は大奥取り締まりとして膨れ上がる財政を押しとどめ、吉宗のために最善と思われる施策を進めていたのです。

とうに子供を産める年齢ではないというのに、大奥の“システム”は残酷で、綱吉は次々と新しい男たちと関係を持つことを義務付けられていたのです。それは、桂昌院のこだわりでした。

家光の側室として娘を得た桂昌院とお夏でしたが、桂昌院が慕い仕えていた有功に対してお夏が無礼な言動をしたことがどうしても許せず。そのお夏の孫である甲府宰相綱豊が後継となることはどうしても許せない、だからこそ世継ぎは綱吉が産む子供以外は認められないというのです。

松姫を失って、もう子供を持つことが出来ない、という事実を噛み締めながら、綱吉は新しい男を指名し続けなければならない、そんな日々を生きていたのです。

綱吉はその父親の意思を理不尽と理解しつつも、幼いころから無条件に愛してくれた父親を断ち切ることが出来ないのです。母家光の記憶が殆どなく、その父に見捨てられたら自分は生きていけない、機嫌を損ねることが何よりも恐ろしいのだ、と右衛門佐に言うのです。

右衛門佐は、そんな綱吉の孤独を知り、呆然となります。全てを見ていながら、綱吉の心の内に何故気づかなかったのか、と。

そんなある夜、夜伽に呼ばれた若い男が綱吉に襲い掛かります。彼の許婚は、野犬にかみ殺されたのだ、誰にも助けてもらえずに亡くなったのだ、と。

悪しざまに罵るその言葉を聞き、綱吉は思うのです。良き政も、跡取りも、自分は後世に残すことはできなかった、と。『将軍として、女として、人に望まれたことは何ひとつできなかった…』という彼女の言葉に、右衛門佐はその哀しみの深さを知るのです。

彼は、綱吉の想いを拒んだことを悔いていました。目を離したら彼女は命を絶つだろうということを悟り、『生きるということは、男と女であることは、子供を作ることだけが目的ではない』と語るのです。

長い年月をともに生きてきたというのに、やっと想いを交わし肌を合わせるまでにどれほどの時間がかかったことか。二人は老いを噛み締める年齢になって初めて素直に互いを抱きしめ合うことが出来たのです。

その朝、綱吉は父の怒りと嘆きを承知のうえで跡取りを綱豊と決め、その呪縛から離れてみずから右衛門佐のもとへと駆けるのでした___が、呆然とする彼女の目の前には、既に息を引き取った彼の亡骸が仰臥していました。

それからしばらくして、桂昌院が亡くなり、柳沢吉保のみが付き従っていた綱吉は、松姫の父親であった伝兵衛、そして御台の信平を残して、静かにこの世を去るのでした。

六代将軍となった綱豊こと徳川家宣は生類憐みの令を即日廃して民を救うための善政を始めようとします。ただ、その裏側に潜む者たちにはそれぞれの思惑があり、物事の複雑な絡みがあったのです。右衛門佐から大奥総取締の役目を引き継いだ秋本は、その代替わりを見届けてから一人ひっそりと大奥を去ります。

家宣の治世となり、大奥総取締となったのが、家宣の側室である左京の方付きのお年寄・江島と名乗る男でした。歴史に名高い『江島生島事件』の主人公の登場です。

以下のリンク先で「大奥」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『大奥』を無料で立ち読み (^^♪




感想

物語のメインストリームから切り離されたように生きていた伝兵衛や御台所信平の再登場は、ある意味衝撃を伴ったものでした。伝兵衛は娘の松姫の菩提を弔い続けており、身台所は大奥の中で10数年もの間綱吉に忘れ去られ誰にも顧みられることもなかったというのです。

大奥という世界の『無情』を、短いシーンの中に織り込んでいく、これはよしながさんのストーリーテリングの凄いところだと思いました。

右衛門佐も、彼らも、柳沢吉保も、みな綱吉に『恋』していたのです。魔性ともいうべき綱吉に吸い寄せられるようにして大奥で生きていた彼らの時代が終わり、家宣の治世が始まります。

ただし、その裏では紀州の綱教(吉宗の長姉)らの不審死など、さまざまな事件が重なっており、この時点ではまだ誰が本当の黒幕なのかは見えてきていません。

さて、ここで江島という人物が登場します。史実では女性であり、それを基にした大奥の映画・ドラマなどでは『江島生島事件』の主人公として、たおやかな美形のとして描かれてきたその人物が、男女逆転大奥では武骨で毛深い男として現れるのです。

まず、その現実とフィクションの間の乖離がすさまじく、初見ではただただ茫然とするばかり。しかし、この設定がより一層ドラマチックに、そして哀れを誘う展開にとつながっていくのです。彼は優れた才覚と心映えで綱豊のもとに仕えておりましたが、その容姿のせいで大きなコンプレックスを抱えていました。

ひょんなことから彼に預けられた若者・左京は武術や行儀作法を仕込まれ、綱豊に側室として仕えるのですが、やがてその左京の子として世継ぎの千代姫(後の7代将軍徳川家継)が生まれます。間部詮房、左京、そして江島らが支えていく家宣の時代は、短くも安定したものとなったのです。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

大奥(よしながふみ)7巻のネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪

★マンガを無料で読むには★

eBookJapanはコミックの品揃えが世界最大級の電子書店!(約50万冊の本を配信中)

特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、
『おそ松くん』や『三国志』など、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。

さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実です!
          ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓