大奥(よしながふみ)69話あらすじとネタバレと感想 無料試し読みはコチラ 最新話は側室になんと黒木が

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

前話はコチラ
http://www.yellow-journal.jp/?p=

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料で大奥(よしながふみ)が読めますよ。

↓ 「大奥」と検索して漫画を楽しむ ↓

U-NEXT(ユーネクスト)で漫画を楽しむ<簡単ナビつき>

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

大奥(よしながふみ)69話のあらすじとネタバレ

家茂は攘夷決行を迫る主上の元へ江戸から京都へはるばる足を運んでいました。

かたや将軍不在の大奥では、中澤はお猫様のさと姫のお世話に追われる毎日でした。
中澤が餌を与えてやってる所に天璋院がやって来ます。
「さと姫!」
天璋院の声に逃げ出すさと姫。
「天璋院様はすっかりさと姫に嫌われていると存じまする」
その言葉にショックを隠しきれない天璋院。

逃げた猫は和宮の元へ逃げていきました。
日暮れになっても帰らないさと姫を案じて、天璋院、中澤、黒木、瀧山と総出で猫探しをします。

和宮は素知らぬふりをして猫を遊ばせたりしています。金魚に餌をやらねばと、さと姫が寝る頃を見計らって、ようやく使いを出しました。

「和宮様、さと姫に昼食まで下さったそうで、まことにありがとうございました!
さ、さと姫、こちらに!」
と天璋院がいうも、さと姫は動こうとしません。

それを見て和宮は
「飼い主のくせにえらいこのこに嫌われてはりますのやな、天璋院さん」

「声がね、あなたさんの声、張りがありますやろ、立ち居ふるまいもきびきびしてはるから、それがきっと猫には恐ろしいんですわ」

「それからさと姫は、ふだんはほっといてやって、思い出した時にたまーに遊んでやるくらいがええみたいえ?
天璋院さんはもしかして、このこを始終なでまわしてたりしてはるのと違いますか?」

「それがうっとうしゅうて、さと姫はここへ逃げこんできたんやと思いますけど」

つらつらと述べる和宮にガーンとショックを受ける天璋院。

「宮様の仰せの通りでございまする。
私は飼い主としてしてはならぬ事ばかりしてしまったという訳にございますね…
さと姫には毎日さぞ嫌な思いをさせてしまった事でございましょう…」

「これからは小さな声でゆったり接してやれば、ええんのと違いますか?」
「ほら、行っておやり。院さんはなあ、そなたの事が好きで好きで仕方ないのやて」

と和宮がさと姫を放つと、さと姫はなんと中澤の元に駆け寄ったのでした。

「宮様もぜひさと姫の顔を見に私の部屋まで遊びにいらして下さいませ…」
とぼろぼろの天璋院です。

「ヘンな男!」
と吹き出す和宮。
「せやなあ。上さんは今、上洛なさってて城にはおられぬし、確かに毎日暇やったわ。ふーん…」

そしてあくる日。天璋院の元を訪ねた和宮の姿がありました。
さと姫にお土産を持ってきた和宮。土御門お手製の猫じゃらしでした。
目を光らせて食いつくさと姫。
「そうか気に入ったんか。なら今日は一日これで遊ぼか」

「これ、このままさと姫に差し上げますわ。天璋院さんもこの玩具でさと姫と遊んでさしあげたらよろしいわ」

「…宮様…!!
まことありがとうございまする!これで私も少しはさと姫を近くで見る事がかないまする!」

「……、その屈託のなさ、あんた上さんに少し似てはるわ」

「?、そうでしょうか。それは今、上様がこの城におられぬゆえ和宮様がお淋しいのでは?
宮様もそうお思いならば、初めて宮様と大奥の者達との思いが一つになりましたな」

という天璋院に眉をひそめる和宮でした。

しかしながら、この件を機に、和宮はたびたび天璋院の元へ訪れるようになりました。
ここぞとばかり上様がいじめられているのではと心配する和宮。
しかし天璋院はきっと上様は大丈夫だという天璋院。

ところ変わって京都。
そこには二人きりで話す主上と家茂の姿がありました。
必死で家茂を引き止める主上。どうやら家茂にすっかり惚れ込んでしまったみたいです。

上洛の日、家茂はどんな格好で現れるのかと噂されていましたが、なんと家茂は髪を切り、衣冠束帯の姿で主上に拝謁したのでした。
主上を守るためには引きずるような着物を着ていては叶わないと言う家茂。
「征夷大将軍とは外敵からお上を守るための役職でございます。この家茂命ある限り、お上をお守りする覚悟でござりまする!」

いたく感慨した主上。
内紛に乗じて植民地にされる懸念があるなど、家茂の考えに全面的に納得した主上。
和宮ではない親子という妹がいる事にも賛同してくれました。

大奥では「上様が江戸にお帰りになるまでに上様のために側室となるべき男を見つくろってさしあげてほしいのやけど」
という和宮の言葉に驚いた天璋院。
しかし、和宮の言う通りだと側室が選ばれました。
その役目を命じられたのは黒木でした。

月日が経ち、二条城では上洛して三月に渡る家茂の姿がありました。
そしてある日、主上から宸翰が家茂に下されました。和宮親子を守るための書状です。
それにより、ようやく江戸に戻ることが叶った家茂。

帰りは勝海舟が率いる蒸気船で帰参することに。船酔いで参ってる勝に優しく接する家茂。
そして、
「そなたの具申していた、神戸に海軍の操練所を開くべしとの意見であるが、
江戸に戻ったらすぐ幕閣らに命じてそなたの望みかなえようぞ。
頼むぞ。強い海軍を作ってくれ」
勝もすっかり惚れ込んでしまう出来事でした。

そして和宮の元へ家茂が帰ってきました。
一目見て、「…おやつれにならはって…」と案じる和宮。
「?、そうでしょうか?良い旅でございましたよ?
宮様におみやげを持って参りましたの」
と差し出されたのは、西陣織の小桂。
かもじをつけて早速、女の姿に戻る和宮。とてもきれいです。
和宮から黒木の側室のことが知らされた家茂は黒木に手をついて謝ります。
外聞が悪いからと表向きには断りましたが、

「真の訳は違うのです。
上洛してみていっそう強う感じましたが、いまや政の中心は江戸ではなく、京にあります。私は近いうちにまた上洛せねばなりますまい。
…要するに、今の私には子を腹の中で育み、お産するような暇は無いという事なのですわ」

思案顔の家茂の姿で終わります。

大奥(よしながふみ)の最新話・最新刊を無料で読む方法

今回は大奥(よしながふみ)を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「大奥」と検索して漫画を楽しむ ↓

U-NEXT(ユーネクスト)で漫画を楽しむ<簡単ナビつき>

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

大奥(よしながふみ)69話の感想

大きくなったさと姫に嫌われてしまった天璋院。しかし、さと姫を機に、和宮との仲が取り持たれて仲良しになります。
側室にはなんと黒木が選ばれました。しかし、気乗りしない黒木。周りからの嫉妬が怖いようです。

一方の上洛した家茂は主上にすっかり見初められて帰るなという主上に困るほどでした。
髪を切り落として、衣冠束帯の衣装をまとった家茂。その気概が主上に認められたのです。
三ヶ月も京に留まらなければならなかった家茂。しかし、江戸に帰参してもまた上洛せねばならないと考えているようです。
せっかく選ばれた黒木に、手をついて謝る家茂。そなたのことは嫌いではない、むしろ好きだぞと伝えます。
お産を諦めなければならない程、暇がないという家茂。
家茂はどんな生涯を辿っていくのか、目が離せません。
次号4月号(2月28日発売)に続きます。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




大奥 70話ネタバレと感想





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。