銀牙伝説ノア 最新話33話あらすじネタバレ感想 漫画を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

銀牙伝説ノア 最新話33話のあらすじネタバレ

「暴君!赤蟻三天王」
満月の夜、オリオンはアンディ、ボン、山彦、キン、タマ、麗華と共にノアがいる石川県へと向かっていた。

(ノア先生…正直言ってオレにはまだ迷いがあります…オレはやはりシリウスにはなれない オレはどう生きて行くべきか…オレの犬生(じんせい)に意味はあるのか…?)

とオリオンは向かう途中でこのような事を思っていたのだ。

その頃、石川県ではノアは赤蟻軍団の三天王の一角である朱王と戦っていたが、不意と突かれて頭部を噛みつかれてしまう。

悲鳴を上げるノアに対し、朱王は憤怒の表情をしながらこの自分に説教するとは生意気な奴だと噛みつきながら言うと、ブチッという嫌な音がする。

その音と共にバタバタしていたノアの足が止まる。

そして朱王が吐き出すと、ノアの噛みつかれた部分から血が流れていた。

自分にルールとか礼儀とか言いやがる奴は皆こうなると朱王はノアに向かって言い放ち、ノアは立ち尽くしていて意識朦朧の状態で聞いていた。

「へっ…とんだ無駄足だったぜ……おうてめーら 次の土地へ行くぞ!!」

と朱王は言って部下達と共に去っていった。

朱王達が去っていくと同時にノアは静かに崩れ落ち、コゴミやブナ達はすぐさま彼のもとへと向かい、起きるように呼び掛ける。

そしたらノアの体から魂が出てきてしまい、コゴミ達はノアの息が無い事から命を落としてしまったのだと思っていた。

「起きてよ起きてよ~」

「やだ!嫌だ先生―――」

とコゴミ達は叫んでいると、魂となったノアはコゴミ達の状態とどんどん空へ、宇宙へと飛んでいく自分の状態を顧みて、自分はあの世へと行くのだなと感じていた。

そしてノアは過去を振り返り始める。

ノアことハイエナは貧乏な家で生まれたがヤンチャな性格をしており、主人はハイエナの兄弟達をよその家へと渡していたのか、残ったハイエナを残しておくべきではなかったと後悔していた。

対して主人の妻は仔犬は皆ヤンチャなのだとハイエナを庇っていた。

成犬となったハイエナは主人と共に山へと行ったが、ハイエナは主人の元へ戻らなかった。

何故ならその日、ハイエナは当時の奥羽軍ナンバー2であり総司令官を務めていた野心家のスナイパー、小隊長を務めていたベン、彼の隊に加わっていたクロスと出会ったからであり、ハイエナは彼らと行動を共にするようになった。

やがてハイエナはスナイパーに取り入り、巨熊赤カブトを倒すために仲間を集めに行ったベンの足を引っ張るような事をしていたがそれがバレて一度追放されるも、黒邪鬼率いる甲賀忍犬との戦い後に復帰した。

この頃から正義心に目覚め、銀達が四国に行っている間、失明したベン達と共に戻り、それからモスと共に陸奥四天王と戦った。

そして銀達が仲間を集め、赤カブトとの戦いに身を投じた頃にベンが命を奪いに来たスナイパー諸共激流に落ち、一部始終を見ていたハイエナも飛び込んでベンを助ける。

その際、スナイパーによって傷を負うが何とか流木によじ登ってしがみついていたら新しい飼い主に拾われ、ノアという名前を貰った。

しかし、その飼い主は事業の失敗によりノアや家族と共に一家心中するも、ノアは気関的に助かり、コゴミ達を拾って面倒見るようになったのだ。

そしてノアは三途の川を渡ろうとした時、既に命を落とした奥羽軍の戦士であるジョン、ベン、紅桜に会うと彼らからハイエナと呼ばれ、更にベンから何かを言われる。

最初は何故自分がハイエナと彼らに呼ばれるのか理解できなかったが、次第に自分はハイエナだったのかと思い出したのだった。

漫画が大好きなあなたに。試し読み以上に漫画が無料で読める|まんが王国

「まんが王国」なら月額利用料が無料!

しかも、新作から名作まで3000作品以上の漫画が試し読み以上に無料で読めますよ。

▼今すぐ漫画を無料で読む▼

まんが王国

銀牙伝説ノア 最新話33話の感想

過去を振り返った事でハイエナとしての記憶が思い出されましたが、かなりの重傷を負ってしまいましたね。

まだ微かに息が残っていますが、何時息が消えてもおかしくない状態です。

辛うじて息を取り戻しましたので、このまま生きてほしいところですね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




銀牙伝説ノア 最新話34話あらすじネタバレ感想 漫画を無料で読む方法





ユーネクストで無料で漫画を読んでしまったあなたに朗報|もう一つの漫画が無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。