雪花の虎 ネタバレ 最新刊9巻感想 無料で漫画を読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

↓↓↓【前話はコチラ】↓↓↓



comming soon!




雪花の虎をお得に読む方法

今回は雪花の虎を文字でネタバレしますが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなではないですか?

そんなあなたにおすすめの動画配信サービスがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も漫画はもちろん映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

1分で登録完了!漫画「雪花の虎」をお得に読む

無料期間中の解約は一切料金は発生しません!!

雪花の虎 ネタバレ 最新刊9巻

足利義藤の忠臣である進士源十郎と許されざる恋をしてしまい、否定できない想いを通して身も心も結ばれた長尾景虎は、その身の中に彼の子を宿していました……

愛おしく想える子を宿しても源十郎と夫婦になる事は出来ず、あくまでもその出自を隠さなければいけないと、彼女は籠るように毘沙門天の堂に潜みながら、一人、つわりに耐えています。

京から戻った景虎は麦に介抱されながらも、身重の身体を支えられていた彼女は、つわりに苦しみながらも食事をとり、上杉家の今後の政治内政と関東への挙兵出兵をどうするか考えながら、身重の身体を酷使していました。

そんな景虎の無理を心配して麦は、せめて十月十日だけは我慢してほしいと訴えますが、景虎はその訴えを聴き入れようとはしませんでした。

ましてこの子には父親を教えてあげる事は出来ず、誰にもそれを伝えられないと、様々なモノを抱えてしまった自分の息子として生まれてしまう我が子に不憫な想いをさせてしまうと哀れんだ気持ちを沸かせていました。

そんな景虎のもとに宗謙が訪れます。

つわりが苦しいだろうと薬を持参してくれた宗謙。

景虎は見舞いに来てくれた宗謙に感謝しながら彼を迎え入れます。

彼女が妊娠している事を知り、その中に宿した子の父親は誰かと訊ねてくる宗謙に、景虎は複雑な思いを抱いていました。

過去に一夜を共にした宗謙。

もしかしてその子の父親は自分なのかと景虎に説いてきます。

答える事が難しい問いに、困惑していた景虎。

今自分の中に宿す命は源十郎との子だと答えることも出来ず、景虎は素直に宗謙との子ではないと言い、言葉を濁します。

宗謙は何かを察しながらも、ではその子の父親はと訊ね、景虎は自分が宿した子の父親は、自分を守り抜いてくれた男だと告げ、源十郎の名を明かす事は出来ませんが、互いの立場と守るべきモノがあるのだと、一緒に添い遂げる事が出来ずも、この子を宿した事に悔いも恥もないのだと、彼女の意志は強く、母親の強さを抱いていました。

例え父親が居なくとも、父親は自分が成ればいいと景虎は、この子を産む気持ちを高めていました。

景虎のそんな母性的な姿を見て、複雑な気持ちを抱く宗謙は、せめて今はあまり無理をしないで欲しいと訴え、景虎が関東への出兵を控えてほしいと言います。

念願の関東への出兵は、春に計画されてはいるも、今の身の重い身体の景虎には無理だと宗謙は言いますが、上杉家の宿願を叶える景虎はこれを受け止めず、無理を成してでもと、関東出兵を諦めようとはしません。

なぜに景虎はここまでに関東への出兵にこだわっているのか?

それは室町時代に鎌倉方によって将軍家のある京都を中心とした東国と西国は分割され、南朝との対立を計画し、東国はおなざりになっていました。

それゆえに東国は応仁の乱よりも凄まじい享徳の乱が起きてしまい、国の存続を揺るがしてしまう大乱の乱発のせいで鎌倉幕府の権威は失墜してしまい、北条氏による関東制圧がなされてしまい、なおも北条氏は強国として存在し、国内の統治体制は回復できすにいました。

上杉家は、室町幕府の復権の為に、関東出兵を成功させないといけないのです。

それゆえに急速かつ急務として関東出兵に取り掛かる景虎は、越後の民と家臣を酷使しながらも出兵に予断を許せない状況を迎えていました。

常に国々の戦況を把握と、また現状を知っておかなくてはいけないと、休む暇などない景虎。

身重の身体を酷使しながらも国政に身をやつす彼女を心配する影武者のシロは、彼女に休むように進言しますが、今は休めないと景虎は頑なにゆずろうとはしませんでした。

身を粉にして働く景虎。

それは子どもを宿しているからと母親としての務めや、また国内を治める領主としての責任から、彼女の意志を強くしていたのですが悲劇が起きてしまいます。

作業場へと見回りに訪れていた景虎。

でもその時、不運にも束ねていた竹の山が崩れてしまい景虎は潰されてしまいます。

命には別状はありませんでしたが、受けた衝撃によってお腹の中の子どもは流産してしまうと、景虎は源十郎との繋がりを失ってしまいます……

この身を変えても守りたかった子どもを失い、悲嘆にくれてしまう景虎は、ただ母親として喪われた子の死に涙していました。

宗謙によって失った子の弔いが行われ、景虎はいつもとは違う様子を見せていました。

国を守るべき役目を背負い、女性ながらも果敢に務めを果たしていた気高い彼女が、今は弱々しい女性の姿を露にし、宗謙はすっかりと疲弊してしまった景虎の身を案じます。

喪われた子の供養をしてほしいと、失った子を事を想う彼女の姿は、いつもの凛とした姿ではなく、ただ誰かにすがりたいとする女性の姿でした。

景虎は子を失った想いを宗謙に漏らし、自分が男であると無理をしたせいで、神罰を与えられ、宿した子を奪われてしまったのではないのかと言い、あの子のためにと、弔いの経を上げて欲しいと宗謙に告げる景虎。

宗謙は、何も言わずに、そんな彼女を抱きしめます。

後に天文23年は空白として記され、これは一つの謎として扱われるようになります。

しかしその失墜の中でも時代は動いていました……

甲斐の国を治める猛将・武田信玄。

日照り続きの不作に悩まされ、国が疲弊していた中で信玄は、今後の国の行方を左右するであろう川中島の制圧を計画していたいましたが、妻・諏訪姫が流産した事を知ります。

悲嘆にくれる諏訪姫は、流産のショックで泣き続けてしまうも、信玄は軍議を開き、川中島手中を目指して軍備を整えていきます。

信玄の動きもある中で、未だに傷心を癒せないでいる景虎は、女人救済の善光寺へと共の麦と共に訪れていました。

心の傷を少しずつ癒しながらも、前に向こうとする景虎。

でも息子の弔いをする間もなく、時代は新たに動こうとしていました。

夏が終わり……越後に雪が降り積り始めた頃に、味方である筈の喜多条高広が景虎に反旗を翻し反乱軍を向けて来たのです。

すでに動きを察知していた景虎は、すぐに軍を出陣させ反乱を鎮圧させるために動きますが、その背後には武田の暗躍があったのです。

喜多条を内通させていた武田の策略。

武田軍は川中島へ出陣。

景虎は喜多条の反乱軍を倒し、武田軍と対決する為に川中島へ軍を向けます。

そして後に言われる第二次川中島の戦が始まろうとしていました……

武田軍と上杉軍が激突すると、川中島に住まう人々は気が気では無く、善光寺の僧侶達も不安から景虎に願い出ると、戦に巻き込まれてしまう領民や力なき人々の為に、自分は戦い抜くと誓い、ある策を思いつきます。

それは善光寺を越後に移すとの提案でした。

武田軍の脅威から領民を戦火から避けるには、それしかないと信玄に書状を送り、戦禍を無事に食い止めますが、にらみ合いの3か月が続き、今川家の仲介による和議を取り付け、景虎は、戦もなくに事を治めたのです。

第二次川中島は両者の引き分けと終結し、善光寺の本尊は越後へと領民と共に渡ります。

多くの戦いの中で疲弊していた景虎は、源十郎への想いを強めていました。

彼に会いたいとする文をしたため、彼に慰めて欲しいと、今は景虎ではなく、一人の女性として共に過ごした願う彼女は、越後から去り、彼のもとへと向かってしまいます。

子を失った悲しみを癒すも、求めてしまうのは、源十郎と、彼に想いを募らせていた彼女は、久しぶりに会う彼との逢瀬を過ごしていきますが、景虎のいない越後は混乱へと向かっていきます。

そして再び動く武田の影。

このまま全てを捨てて身を寄せて源十郎と過ごそうかと悩んでしまう彼女は、景虎としての役目を捨ててしまうのでしょうか?

半額クーポンが必ずもらえる!まんが王国

「まんが王国」なら月額利用料が無料!

しかも、新作から名作まで3000作品以上の漫画が無料で読めます!

▼今すぐ漫画を無料で読む▼

まんが王国

雪花の虎 最新刊9巻感想

景虎の妊娠と、ご懐妊してしまう景虎の困惑が綴られていく事となる第9巻……

源十郎とついに結ばれてしまうも、彼の子を宿してしまうと、とんでもない展開を迎えていきますが、景虎はそんなことも関係ないと言わんばかりに、彼との子を宿した事に幸せを感じていると、普段の凛とした姿から想像できないご様子の彼女。

でも不幸が訪れてしまい、子どもが流産してしまうと、源十郎との子どもを失ってしまう景虎と、彼女の不幸は続いてしまいます。

上杉家の為に頑張ってきていた彼女。

でも大切な子どもを失ってしまい、身も心も疲弊してしまう景虎が、どことなくに弱々しくなってしまう姿は、何時もの彼女とは違う雰囲気になってしまったと、戦国武将で果敢に戦う美麗な姿とは裏腹な、そんな彼女のもう一つの姿。

想い人と繋がり子ども宿したが故に母親としての愛情を覚えてしまったと、彼女が景虎として生きていた人生に、大きな転機が訪れてしまった事で、彼女が景虎としていきていくのかと、それとも一人の女性として源十郎への想いを遂げようとするのかと、今後の彼女のとるべき道がどうなるのかと、そんな展開に目が離せない内容となっています。

信玄の野心と越後を狙う家臣の暗躍と、気が抜けない景虎は果たして幸せになれるのかと、注目の一つとなっています。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




雪花の虎 ネタバレ 最新刊9巻を試し読み 69話あらすじ感想





漫画を無料で読むことができる人気サービス ベスト3

 

「もっとマンガを無料やお得に読みたい!!」の声にお応えして、あなたにオススメする上位3位をご紹介します。

U-NEXT まんが王国 music.jp
運営会社 株式会社U-NEXT 株式会社ビーグリー 株式会社エムティーアイ
有料会員 月額1,990円

(ビデオ見放題サービス付)

月額料金(300円~10,000円/月)

または、都度ポイント購入

月額1,958円
書籍数 42万冊以上 6万作品以上 17万冊以上
無料期間 31日間 無料会員登録あり 30日間
形式 アプリ・ストリーミング ストリーミング アプリ・ストリーミング
ポイント付与 登録時に600P付与

無料期間終了後は毎月1,200P付与

毎日来店ポイント1P付与

LINE利用で毎日プラス1P付与

5がつく日は5倍

漫画用のポイント600P付与

音楽・動画用のポイントが1,000P付与

無料期間後は毎月1,958P付与

無料期間中特典 書籍は2,400冊以上

アニメ・動画も、8万本見放題

3,000作品以上漫画見放題 専門3チャンネル見放題

音楽約620万曲・書籍約17万冊から購入可能

商品購入で最大20%ポイント還元

動画約18万本からレンタル視聴可能

割引クーポンでお得に動画視聴

アプリ
主要ジャンル 漫画・本・雑誌、動画(映画、ドラマ、アニメ) 漫画(オールジャンル) 漫画・漫画に関係するアニメ/ドラマ/映画
支払方法 クレジットカード

キャリア決済

Amazon.co.jp

AppleID

ギフトコード/U-NEXTカード

クレジットカード

キャリア決済

クレジットカード

spモードコンテンツ決済

楽天ペイ

リクルートかんたん支払い

おすすめポイント 電子書籍だけでなく、アニメ・動画も見放題 会員登録しなくても3,000作品以上の漫画が読める 新刊が発売日に読める