センゴク権兵衛 ネタバレ 最新話182話や最新刊の漫画を楽しむ 仙石権兵衛

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

↓↓↓【前話はコチラ】↓↓↓



センゴク権兵衛 ネタバレ 最新話181話や最新刊の漫画を楽しむ 仙石権兵衛




無料で読める漫画が3,000作品以上!|まんが王国

「まんが王国」なら月額利用料が無料!

今、無料会員登録すると半額クーポンが必ずもらえます!

▶無料会員登録して無料漫画を読む◀

センゴク権兵衛 ネタバレ 最新話182話

「新しい波」

今は亡き室町幕府の8代将軍であった足利義政は応仁の乱以降は息子の義尚に将軍職を譲ると、銀閣寺を建てると言った文化の方に力を入れたのだ。

その結果、詫びを美徳すると東山文化が誕生したのだ。

それから1590年、戦の世にはほぼ不要な存在となっていた文化の価値は高まっており、そこまで文化の価値を押し上げた張本人は千利休だった。

千利休は財界や文化の頭目でありながら、豊臣政権における筆頭格としても君臨しており、それによって武の必要性は無くなりつつあり、文化が時代を飲み込もうとしていた。

「いらいらいらいらいらいらいらいらっ‥‥‥‥‥‥らいらいらいらいらいらいらいらいっ‥‥‥‥‥‥どいつもこいつもこいつもどいつも‥‥‥‥‥‥荒賊が筍の如く湧き出てきては‥‥わかった風に文化人でございと宗易殿のマネをする」

と古田は誰もかれもが千利休の真似をする者達が出てくる事に、苛立ちを隠せずにこのように言っていた。

そんな中、家臣がやって来て、客人が千利休に見せる程のものではないが、茶杓を見てほしいと言っていたと古田に言う。

古田はどうせ文化人の振りをしている者だろうと言いながらも確認したら、いい茶杓だから千利休に届けるように言うのだった。

そして茶杓を持っている者が千利休がいる建物に行くも、門番が千利休は誰にも会わないから下がれと言っていたが、その者は茶杓を届けるように言う。

門番はその者を一目見て武人と感じ、名を名乗るように言うと…。

「島津甚四郎にごぁす」

と名乗ったので、多くの者達が九州の大大名の島津家の者だと驚くと共に、門番は茶杓を千利休の元へと持っていくのだった。

そして茶杓を見た千利休は江山と名付けると言ったのだった。

「宗匠曰くこの茶杓 「江山」と名付け申したく候と」

と門番は甚四郎に言ったので、甚四郎は感極まって祝着至極と言うのだった。

そして1590年9月に名実ともに天下人になった秀吉が軍勢を率いて、京都へと凱旋するのだった。

秀吉は竹の花入れや楽焼が売られている光景を見つけ、家臣はどれも偽物ではあるが千利休がお墨付きを与えれば大金じゃないと買えないと言うと…。

「‥‥一笑一笑 竹を切っただけの花入れ 土を黒く焼いただけの器が‥‥利休の一声で金の大判よりも高うなるちゅうわけか」

と秀吉は笑いながらこう言うのだった。

そして息子の鶴松がいる屋敷へと向かうと、鶴松がまだ拙いながらも歩いていたので秀吉は満足そうな顔をしながら鶴松を抱き上げたのだった。

「お鶴や 鮮度の盂蘭盆会にそもじに頂いた黄金五十枚 み~んな家来に配ったぞよ 是にて家来どもはお鶴に従うはずじゃ 見ちょれ これからもっと黄金を集めて都鄙貴賤惣てに配り能うようにしちゃる そうすりゃ何ら案ずることなく豊臣家をまとめてゆけようぞ さぁこの世の黄金惣ざらいじゃ」

と秀吉は鶴松に言うのだった。

同時に千利休は剣呑だとも思った秀吉は古田と細川に宗二の秘伝書、千利休に関する資料を持ってくるように命じた。

おねと共に資料を確認している秀吉はつい口癖のように剣呑と口にするので、おねは太平の世に相応しくないとやんわりと言うのだった。

そして翌年、豊臣政権を揺るがす事態になる年になろうとしていた。

センゴク権兵衛をお得に読む方法

今回はセンゴク権兵衛を文字でネタバレしますが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなではないですか?

そんなあなたにおすすめの動画配信サービスがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も漫画はもちろん映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

1分で登録完了!漫画「センゴク権兵衛」をお得に読む

無料期間中の解約は一切料金は発生しません!!

センゴク権兵衛 最新話182話の感想

秀吉は口では千利休の事を褒めていましたが、裏ではこのままでは経済は全部千利休が独占してしまうと感じたのか、危機感を強めているようですね。

三成達文治派に経済の力を持たせて、家康を始めとした諸大名達を操るようにしてほしかった秀吉にとって、そろそろ千利休が目障りとなってきたのではないかと思います。

それ故に自分がまだ存命のうちに千利休を抹殺しようとしていて、ついつい剣呑と言う言葉を独り言のように言ってしまっているのだと思いました。

戦の世が終わっても、粛清自体は終わらないので怖いなと感じてしまいましたね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓



\comming soon/




漫画を無料で読むことができる人気サービス ベスト3

 

「もっとマンガを無料やお得に読みたい!!」の声にお応えして、オススメの上位3位をご紹介します。

無料登録はコチラ 👉U-NEXT 👉まんが王国 👉music.jp
運営会社 株式会社U-NEXT 株式会社ビーグリー 株式会社エムティーアイ
有料会員 月額1,990円

(ビデオ見放題サービス付)

月額料金(300円~10,000円/月)

または、都度ポイント購入

月額1,958円
書籍数 42万冊以上 6万作品以上 17万冊以上
無料期間 31日間 無料会員登録あり 30日間
形式 アプリ・ストリーミング ストリーミング アプリ・ストリーミング
ポイント付与 登録時に600P付与

無料期間終了後は毎月1,200P付与

毎日来店ポイント1P付与

LINE利用で毎日プラス1P付与

5がつく日は5倍

漫画用のポイント600P付与

音楽・動画用のポイントが1,000P付与

無料期間後は毎月1,958P付与

無料期間中特典 書籍は2,400冊以上

アニメ・動画も、8万本見放題

3,000作品以上漫画見放題 専門3チャンネル見放題

音楽約620万曲・書籍約17万冊から購入可能

商品購入で最大20%ポイント還元

動画約18万本からレンタル視聴可能

割引クーポンでお得に動画視聴

アプリ
主要ジャンル 漫画・本・雑誌、動画(映画、ドラマ、アニメ) 漫画(オールジャンル) 漫画・漫画に関係するアニメ/ドラマ/映画
支払方法 クレジットカード

キャリア決済

Amazon.co.jp

AppleID

ギフトコード/U-NEXTカード

クレジットカード

キャリア決済

クレジットカード

spモードコンテンツ決済

楽天ペイ

リクルートかんたん支払い

おすすめポイント 電子書籍だけでなく、アニメ・動画も見放題 会員登録しなくても3,000作品以上の漫画が読める 新刊が発売日に読める