転生悪女の黒歴史 9話あらすじとネタバレと感想 漫画を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならまずはコチラから↓

前話はコチラ
https://www.yellow-journal.jp/?p=

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料で転生悪女の黒歴史が絵付きで読めますよ。

転生悪女の黒歴史掲載の「LaLa 8月号(2019年)」を無料で読む

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

転生悪女の黒歴史 最新話9話の漫画ネタバレ

コノハたっての希望でパーティーに参加したイアナ。
美の公爵夫人、スセリーナ・ローザ・アマリリスが登場します。
アマリリスはコノハに第一声をかけました。
悶えるイアナ。

パーティーの警備にはハイドランジア隊がついていました。シャノウに睨まれて青くなるイアナ。

食べ物を食べ漁っていたイアナはソルにたしなめられます。
盛り上がっている集団に話しかけるイアナでしたが、脱兎のごとくみな逃げてしまいます。
(もしかして今世って…前世よりも友達出来ないんじゃ…!!)
ヘコむイアナ。

ふとある女性とぶつかってしまいます。
その女性は一見血まみれ。
頭からワインをかぶってしまっていたのでした。
会場から連れ出し、ドレスを貸してあげます。

事情を聞くと愛人だった母が亡くなり父の屋敷に引き取られたものの、本妻の子の姉が性格が悪く、奴隷扱いをしてくるそう。
そのストレスが溜まった感じに共感を覚えるイアナ。
女性はメノア・カミーリアと名乗りました。

女子キャラへの私の心の闇が見えると思うイアナ。黒歴史を開くと周り男ばっかり現象があるので、まともな女子キャラがいないのです。

メノアの忘れ物を見つけたイアナはパーティー会場に戻ります。
そこで姉に罵倒されるメノアを見つけます。

「愛人の子の分際で図々しくも伯爵家の敷居を跨ぎ、アマリリス夫人にも媚を売って…!!
あんたみたいな平民上がりは私の奴隷で充分なのに!!」
ワインを手に取る姉。

そこに現れたのはメノアの代わりにワインをかぶったイアナでした。
さながら頭から血を流した幽霊のような怖さがあります。

「この子は奴隷なんかじゃない。
この子は私のお友達よ!!」
姉はイアナに凄まれてお許しくださいと震えます。

そこに駆けつけたシャノウに目をつけられますが、コノハがかばってくれます。
逃げるイアナを案内するソル。

シャワーを浴びますが、水しか出ず、凍えるイアナ。ソルが優しくイアナを拭きます。

そこへメノアがやってきてスケベ野郎!とソルを蹴飛ばします。変質者だと勘違いしたようです。

「さっきはごめん!勢いでつい友達だなんて言って。迷惑だったね!!」
頭を下げるイアナ。

「何言ってるの?迷惑なワケ…ないでしょう?
むしろ最高よ!!邪魔な奴らを一掃できたんだから!!」
イアナの公言はむしろ役に立っていました。
悪女かどうかは自分で見定めるとメノア。

「ーーーー…友達に。いい?」
手を握るメノア。
嬉しい…と感動するイアナ。

(私は少し浮かれていた。
足元に迫る黒歴史に気付きもしなかったのだーーーー…)

転生悪女の黒歴史 の最新刊を無料で読む方法

今回は 転生悪女の黒歴史 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日間も完全に無料でマンガが読むことができます。

↓ 今なら31日間無料トライアル実施中 ↓
 

「転生悪女の黒歴史 2巻」を無料で読む

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

転生悪女の黒歴史 最新話9話の漫画感想

アマリリス夫人のパーティーに参加したイアナでしたが、悪名は名高く、人の子は散るように逃げてしまいます。

そこで出会ったのはメノア。

初めて出来た友人に浮かれていたイアナは忍びよる黒歴史に気づけなかったのでした。

次号10月号(8月24日発売)に続きます。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓
https://www.yellow-journal.jp/?p=

ここまで読んでいただいた方限定でもう一つの漫画が無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。