モンキーピーク 2巻ネタバレと感想 最新刊を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前巻を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料絵つきモンキーピークが読めますよ。

↓ 「モンキーピーク」と検索して漫画を無料で楽しむ ↓
 

U-NEXT(ユーネクスト)で漫画を無料で読む<簡単登録ナビつき>

 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

モンキーピーク 2巻のネタバレ

何とか弓矢を手にした猿を追い払った早乙女達だが、宮田は辻が猿ではなく人に始末されたと疑っていた。

この事は早乙女、富久、林、宮田、安斎しか知らないので、安斎は強力はすれども信用するなと言った事から、早乙女達はそうする事にした。

そして水を配ると、一同は再び動き出した。

やがて前岳山頂に辿り着いた一行の目の前には中岳小屋を発見するが、一本道だったので間違いなく弓矢を持った猿が現れたら一網打尽にされる恐れがあった。

そこで遠野は数人ずつが先行していき、最後の面々が殿として小屋に向かうという提案をする。

しかし、誰もやりたがらないのでくじ引きで決める事となったが、飯塚が自分が飲んでいたジュースの空き容器を取り出し、藤柴はそれは早乙女の物だと言う。

早乙女は違うと言うが他の面々はまだ持っていると言うので、早乙女は佐藤の指示で服を脱ぐように言われ、脱いだが他に飲み物は出てこなかった。

南や氷室等はここに来るまでに飲んだと疑うが、安斎がこの件を終わりだと言い放つと、早乙女の班を殿にするという事にした。

彼らに加えて自主的に加わった宮田も、殿を務める事になった。

大体の者達が行ったので早乙女、佐藤、宮田以外の面々が動き出した。

早乙女は用を足しに行き、宮田は尿の臭いから早乙女は濡れ衣を着せられた事に気付く。

佐藤は宮田が早乙女の無実を確認するために残ったのだと悟り、宮田は早乙女は荒っぽいけど汚い事はしないと言い放つ。

早乙女が戻ってきて3人も動こうとするが、早乙女はあの小屋には何か罠があるんじゃないかと疑っていた。

その頃、先に行っている富久達の目の前に弓矢を持っている猿が現れ、彼が放った矢が富久に直撃する。

この様子から安斎は昨日のうちに迂回していたのだと悟る。

そして猿はまるで見せびらかすかのように、ペットボトル2本をひっくり返して中に入っていた水を出してしまう。

この事から猿に対する怒りが頂点に達した氷室、馬場、寺内が安斎の制止を振り切って猿に襲い掛かり、猿は小屋の中へと逃げる。

彼らも後を追うが猿の矢によって馬場と寺内は始末され、氷室は助かった。

安斎が来た時には既に遅かったので、悔しさを滲ませる。

最後に来た早乙女達もこの事を知り、しかも小屋にある食べ物と飲み物も毒がある可能性があるから手を出せないとの事だった。

取りあえず明日には迎えが来るはずなので、待つことにした。

何か無いか藤柴が探っていると桃の缶詰を見つけ、飯塚に報告すると飯塚は早乙女に試食させようと言う。

藤柴は流石にやめようと言うが、飯塚は言う通りにしろと脅した。

その頃、あちこちを確認している早乙女と宮田はここまで多くの者達を始末した猿は怒りを抱いている感じており、林も同じ思いだった。

やがて安斎の元に生き残った者達が集まり、目の前にある缶詰について話し合う。

細工の跡は無いが毒がある可能性を示唆する発言をする安斎に飯塚は誰か試食してみればと提案し、藤柴に早乙女の名前を出させようとアイコンタクトを送るが、彼女は言わない。

そしたら早乙女が自分が食べると立候補する。

宮田と林は反論し、氷室は早乙女は役立たずなんだから食べさせてやれと声を荒げる。

安斎は富久の状態から、早乙女に食べるように指示し、宮田や林、長谷川は反発するが他の者は何も言わなかった。

この事から早乙女は多数決で決まったと言って、桃の缶詰に手を出して開けると一口食べる。

そして変な笑いをしたと同時に美味いと言ったことから、食べれると判断した岡島は食べようとするが黒木に止められる。

黒木曰く仮に桃の缶詰に青酸カリが入っていたら数十秒から数分、フグの毒だったら2時間くらいに毒が回る可能性があるとの事。

なので2時間待つことになり、氷室はみかんの缶詰も食べるように言う。

しかし、富久が人に毒見をさせることは許されないと言い放ち、安斎がやむを得ない事だと言ってもそれが自分達の作る未来なのかと言い放つ。

そしたら佐藤は自分達はこのまま亡くなればいいのかと言い放つ。

対して富久は本当に毒見しか方法がないのなら自分のような間もなく命を落とす者か、年長の者が食べるべきだと、若い者を犠牲にして何が公共の福祉だと一喝する。

富久は早乙女に命を無駄にするなと言うと、みかんの缶詰を受け取って口に運ぶ。

そしたら富久は苦しみだし、遠野は青酸カリが入っていたのだと悟る。

血を吐き出し、苦しみながら富久は早乙女にそんな顔をせずに笑えと言い残してあの世へと逝ったのだった。

翌朝、一人しょげている早乙女の元に宮田と林がやって来て、桃の缶詰を食べるように言う。

早乙女は富久が亡くなったのは自分のせいだと、何でユージ、父親、富久が亡くなって自分は生き残るんだと自分を責める。

宮田はそんな早乙女を運が良かったと慰め、林は早乙女は生き残ったのは何か意味があるんだと諭す。

その言葉に救われた気がした早乙女は桃の缶詰を口にし、宮田に猿を退治しようと誓う。

その宮田は小屋に戻ると、安斎と何か話をする。

それから安斎は皆を集めると明日には迎えが来るから、見張りを立てることを提案した。

そして夜、誰かが窓を開けるのを見かけた宮田が懐中電灯を当てる。

その人物は氷室で、彼は手にしていたナイフで抵抗を試みるが早乙女と安斎によって取り押さえられる。

そして手を縛って宙づりにし、宮田は皆に辻を始末した犯人をおびき寄せるために安斎と一枚噛んだ事を伝える。

氷室は窓を開けたのは空気を入れ替えるためだとの一点張りだった。

このままでは埒が明かないので、安斎はフォークを取り出して氷室の足を刺して口を割らせようとする。

何度も刺していく安斎に早乙女は流石にやめようと言うが、安斎はこのやり方で全員が助かるなら迷わずやるから、嫌な奴は去るように言って氷室を刺す。

見ていられなくなった藤柴と岡島は去っていき、安斎はナイフを手にして手足の指を切り取ろうとする。

流石にやりすぎだろうと早乙女は止め始め、騒ぎを聞きつけた長谷川もやめるように言うが安斎は聞く耳を持たない。

そしたら今まで否認していた氷室が突然早乙女が猿の仲間だと言い始め、南も同調し、黒木は石を手にして早乙女を殴った。

その際、早乙女は気を失うと亡くなった友人のユージの葬式の際に、出席した者達は早乙女のせいだと言う事を夢見ていた。

そして目を覚ますと自分も氷室と同じように吊るされており、氷室は足の指を2本切り取られて気を失っていた。

その頃、外にいた宮田と長谷川は早乙女を助けようとしていたが、遠野は仲間割れをしている暇はないと、早乙女が無実だと言う証拠がないのと、猿の情報を得るためなら何でもする安斎の姿勢を評価するとの旨を2人に話す。

そして安斎は炭酸を早乙女に毒見させると、猿の情報を吐かせるため、ワンと鳴いて自分に服従するまで人の言葉を喋るなと言って早乙女を何度も殴りつける。

早乙女はユージや父親を目の前で亡くした辛さや心の痛み、自分のせいで亡くなってしまったのだと言う罪悪感に比べれば、安斎の拳は大した痛みにならなかった。

そんな中、猿が現れた事を宮田が大声で言うのだった。

モンキーピーク の最新刊を無料で読む方法

今回は モンキーピーク を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「モンキーピーク」と検索して最新刊を無料で楽しむ ↓
 

U-NEXT(ユーネクスト)で漫画を無料で読む<簡単登録ナビつき>

 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

モンキーピーク 2巻の感想

やはり、早乙女のように故意じゃないとはいえ過去に何かしらやらかした人は疑われてしまう定めなのかなと感じましたね。

飯塚と氷室に濡れ衣を着せられ、南に愚痴を言われながらも特に反論一つしない早乙女のメンタルは凄いなと思いましたね。

また猿が現れたので、早乙女が宮田に頼んで縄を解いてもらって自らの無実を晴らすかのように、猿相手に奮戦するかもしれませんね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

モンキーピーク 最新刊3巻ネタバレと感想 漫画を無料で読む方法

ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。