新信長公記 漫画ネタバレと感想 最新話25話を試し読み ヤンマガ47号

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)なら無料新信長公記が読めますよ。

「ヤングマガジン 2019年47号」と検索して新信長公記 最新話25話を無料で読む ↓
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

新信長公記 25話漫画ネタバレ

「動かざる山」
加藤に散々殴られて目や口が腫れ、口も切れて出血し、鼻血も出ていたがまだ闘志だけは衰えていなかった。

旗印戦の残り時間は10分となっており、加藤は制限時間内に秀吉を完全にノックアウトしない限り、勝利する事は出来ないのだ。

残り10分と言う時間と、今の秀吉の状態からこの場にいる殆どの者が秀吉の負けだと確信していた。

加藤は早々に蹴りを着けようと、秀吉と何度も何度も殴っていき、秀吉はずっと耐えていた。

政宗はこの様子では1分持たないと呟き、利家は元就に加勢しなくていいのかと聞く。

「もう今さらムダだ こんな形で勝てる勝負をフイにする男だったんだ あきらめもつく まぁここで秀吉が負けたトコで加担した俺たちは失うものは別に何もないし」

と元就は言うのだった。

この映像を見ていた総長は、秀吉は何故このような無謀な事をしたのか理解できずにいた。

「ふふふ 秀吉という男はそういう男じゃよ 時にとんでもない無茶をする 戦国の世でもそう 例えば1570年金ヶ崎の戦 信長最大のピンチと言われた戦じゃ」

と博士は言う。

金ヶ崎の戦いとは信長が越前の大名である朝倉義景を討ち滅ぼそうと金ヶ崎城を落とし、そのまま義景の本拠地へと迫ろうとしていた戦なのだ。

その際、信長の義弟であり義景と同盟関係だった浅井長政が突然信長を裏切ったのだ。

このままでは全滅してしまうので、信長は誰かを囮にして自分を含めた本隊はそのまま逃走しようとしていたのだ。

戦国時代では囮は殿と言う意味であり、しかも殆どの確率で命を落とす危険なものだったので誰もやろうとしなかった。

そんな中で殿を引き受けたのが秀吉だったのだ。

この事を博士が総長に話している頃、加藤は一旦攻撃をやめていた。

目の前にいる秀吉は頭部から血を流し、唯一開いていた片目も殴られたことによる腫れで開かなくなっていた。

しかし、それでも立っていて戦意を失っていなかった。

この事に加藤は驚きを露わにしながらも、秀吉を何度も殴っていき、秀吉も防御していく。

余りに一方的なのでみやびは目を背けてしまう。

加藤はこれだけ殴れば終わりだろうと思ったのか、攻撃をやめるがそれでも秀吉は立っていたのでまた襲い掛かろうとするもここで時間切れになり、秀吉の勝利となった。

この事に間近で見ていた政宗達は驚きを隠せず、他の者達も同様だった。

秀吉は勝った事を実感しながらゆっくり崩れ落ちるが、その秀吉を加藤が助けたのだ。

この映像を見ていた博士は秀吉は勝利しただけでなく、加藤の心も掴んだと言う。

金ヶ崎の戦でも殿を務めた秀吉とその軍勢は勇敢に戦い、やがて信長が残しておいた鉄砲隊の協力もあってこの窮地を切り抜けて、出世の道を歩んだのだ。

「秀吉は知っているのさ ほんとうにかげかえのないものは小賢しい計算などでは手に入らない 無謀な選択こそ時に動かざる山をも動かすってね あいつ(羽柴秀吉)は天性の人たらしじゃよ」

と博士は言うのだった。

そして秀吉に自らの肩を貸した加藤を見た政宗は、秀吉の心意気にほだされたのではないかと思い、2人がやがて厄介な存在になるのではないかと感じていた。

信長は秀吉の成長を見て、人は成長するんだなと何処か嬉しそうに言う。

みやびは過去に秀吉を助けたのは信長で、その信長を笑顔を見たのは初めてだと思っていた。

新信長公記 の漫画最新刊をお得に読む方法

今回は 新信長公記 を文字でネタバレしましたが、最新刊の漫画も読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「新信長公記」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

新信長公記 25話の漫画感想

一対一で戦うと言った時にはこれ負けるんじゃないかなと思いましたが、時間切れを狙った感じはありましたが勝ててよかったと思いました。

政宗が思っていた事が本当なら、もしかしたら加藤は秀吉の味方になるのではないでしょうか。

今回、秀吉はまだ旗印戦に参加してない政宗達を味方に引き入れていたので、参加資格を失った者を味方に引き入れる事も可能だと思いますので、加藤が秀吉の味方になる可能性があるのではないかと思いました。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓



新信長公記 漫画ネタバレと感想 最新話26話を試し読み ヤンマガ48号




ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。