37.5℃(度)の涙 最新刊17巻ネタバレと感想 ドラマを無料でみる方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料絵つき37.5℃の涙が読めますよ。

U-NEXT(ユーネクスト)で37.5℃の涙を無料で読む

37.5℃の涙 最新刊17巻のネタバレ

杉崎桃子と一緒に仕事をする円城寺弥生は二人とも児保育士の仕事をしている。

大河君と一緒にいる弥生は病院へ連れていくことになった。

桃子に聖夜君は38℃のお熱でお休みなので今日は大河君だけだった。

桃子は弥生ちゃんと大河君に対していってらっしゃいと元気よく声をかけている。

無事に帰るようにと声をかけているが、弥生は元気で笑顔だが大河君は顏が少し赤い。

大河君を抱きかかえている。

このリトルスノーは保育をする際に一人の子に対して一人の保育士というシステム。

弥生は去年やっと病児の為の保育士になることができた。

そのこともありやっとこうやって一人で保育をできるし、任せてもらえるようになった。

でも先輩の存在がまだありがたく安心感がいっぱいである。

大河君が咳をしている。

その様子に声かけをする弥生。

もう少しで病院に着くのでと言って安心させている。

そんな弥生に対してかわいい笑顔でがんばるよーと対応している。

そんな大河君のけなげな姿にうるっとくる弥生。

1人でするときよりは二人の保育の方が先輩の保育の仕方が見れてとても勉強になるのでそれはとてもありがたいことだ。

病院の玄関付近で止まっている弥生と大河君に対して後ろから凄い勢いで女性が来た。

ベビーカーを押したその女性は子供をベビーカーにのせてこんなに大丈夫かという勢いだった。

ドンと弥生に当たった。

これから勉強して頑張ると意気込む弥生だったがそのベビーカーのせいでびっくりする。

大河君にはあたらなくて良かったが、その危険な行為にびっくりしていた弥生。

そしてその女性は來斗と急いで病院へ入ってきた。

弥生は大事な大河君を預かっている身分で仕事なので何か大河君にあればただではすまない。

そこでその暴走タイプの女性は來人と声をかけていると、そこに近ずいていき、弥生はあなたと少し怒り気味で話かけている。

小児科だからそんなに危ないベビーカーの運転は困るという風に言おうとしたらあれっと思う弥生。

げっという言葉がその女性が発している。

そのウエーブの効いた派手な洋服でノースリーブのその女性は弥生に向かって円城寺さんと言い、あまり品のはい言葉の言いまわしでびっくりしていて話している。

弥生は目を見開いて女性を見ている。

高校の同級生の生澤さんということが分かった弥生。

そこですごいため息をつく女性。

子供はだっこされて眠っている様子だ。

あんたと言い、高校生のあの時からまったく変わっていなかったと言われる弥生。

合唱コンクールの際の思い出がよみがえる。

生澤さんは弥生の真面目なコンクールの際に弥生にうるさいと言っていたり、帰ろうとする生澤のことを引き留める様子など真面目一徹の弥生。

そのことを赤裸々に思い出して弥生のことをすぐに怒ってきて、切れるとか言ってくる。

その言葉に怒りを覚えてしまう弥生。

いらついてしまってまたあのーと言いそうになるが、そこで生澤が円城寺さんは子供がいるのねーと言って真面目なくせにすることはしていると言う風に言っている。

大河を子供と間違えているのででかい子供だという風に言う。

もお言いたい放題の生澤に噴火寸前の弥生。

そして弥生も反撃をしていく。

生澤さんも下品だと言ってみたり、そんなところは今も昔もだと言う弥生。

自分は仕事でこの保育をしていると言う弥生。

受付の女性も困り顔でこの二人のやり取りを見ている。

弥生の病児保育士ってどういう仕事ーという風に知らないので軽く言い放つ。

真面目というキーワードしか生澤の中にはないのでそれを連呼する。

弥生の訳の分からない仕事の内容の事をいじる。

チョーおかしいと言う風に言ってしまう生澤。

これには弥生はぶち切れだった。

桃子と仲間とハンバーガーを食べようとしていると、弥生はぶつぶつと念仏のようにずっと愚痴を吐き続けている。

その弥生の姿に異様な殺気を感じる桃子と新田の二人。

弥生は真面目真面目と言うな、それは悪口だと言っている。

後輩の新田も何かあったかと心配している。

桃子も心配になって、弥生大丈夫かしらと聞いている。

病院が終わってからおかしな弥生に対して何かあったかとは思っている桃子。

でも弥生はきちんと仕事はこなしていた。

でもまじでーという新田の言葉に敏感な弥生はそこで体がびくんとなる。

その言葉は生澤の口ぐせのようなものだったのでそこでイライラし始める弥生。

後輩の新田に対して、まじでーはいけない本当ににしてーと言う。

新田は、おう、と軽くいうとそれも、はい、だと直す弥生。

もう神経びりびり状態で手の付けられない状態になってきた。

語尾をのばす話し方は弥生にとっては大嫌いなものですごく腹が立つらしい。

そこへ携帯の仕事の連絡で明日も大河君だと入ってきた。

その大河君の事を思い出すと真剣にこんなことばかり気にしてもしょうがないと思い、大河君にいけないところをみせたと反省する弥生。

あの生澤の言葉を思い出すたび腹が立ち、悔しいと思う。

でもこのままではいけないと明日は頑張ろうと思う弥生。

その頃生澤さんはコーポに住んでいて、來斗の調子が悪く泣いていた。

声をかけながら心配しているが、旦那とお腹を下しているのを気にしている。

この子供の状態に若い二人はおろおろしている。

病院で腸の薬はもらったと言う。

夫婦は慌てていて旦那のタクヤにあの真面目一徹の円城寺弥生に会ったことをこの大変な時に言い出した。

病院での出来事を腹が立つ生澤は思い出して思いつくかぎりの悪い言い方で言い出した。

そこでこどもほたらかして円城寺の悪口を言いたい放題言っていた。

旦那も奥さんの話を聞かなくてはいけないと思い聞こうとしているが、來斗の様子が段々おかしくなっていっていることに気が付かないでいた。

そこで來斗の息使いがどんどん荒くなり、顔の血色が悪くなっている様子。

生澤は円城寺弥生の仕事は何をしている仕事かわからなくて、旦那も円城寺が結婚したのかということに食いついてきていた。

旦那もあの円城寺がと言っていて、強烈な真面目キャラの弥生を思い浮かべていて、この緊急の状態とは真反対の感じの夫婦二人。

子供の様子をみるどころか話に夢中。

でも來斗の呼吸がどう考えてもおかしいのに気が付かない夫婦。

円城寺弥生とのことがよっぽど腹が立つ生澤は大事な自分の子供の命が危ないということが本当の意味で把握出きていなかったと思える。

來斗はウイルス性の胃腸炎になっていたのだった。

37.5℃の涙のドラマや最新刊を無料で楽しむ方法

今回は37.5℃の涙を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにぴったりなサイトが「U-NEXT」。
U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録だけで、31日間も完全無料でマンガが読むことができます。

↓ 今なら31日間無料トライアル実施中 ↓
 

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません
 

まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

37.5℃の涙 最新刊17巻の感想

円城寺弥生の真面目な性格の人はよくいます。

こういう人は保育の現場にもいて、とてもいい人が多いです。

真剣に物事に取り組むタイプが多いので子供からも信頼は厚いです。

でも大人には少し堅苦しい感じがしてとっつきにくい人だと思われやすいので中々友達関係にはなりづらいかと感じます。

この物語はとても今の現代の保育の現状を赤裸々に描いてあり、勉強になります。

時代によって保育の考え方や形態が変わっています。

その今の現状と子供の病気に対する不安にこたえてくれるものでとてもいいと思います。

おかあさんの味方の物語だと思います。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




comming soon





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。