センゴク権兵衛 ネタバレ 最新話162話や最新刊の漫画を楽しむ 仙石権兵衛

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)なら無料センゴク(仙石)権兵衛が読めますよ。

ヤングマガジン 2020年9号」と検索してセンゴク(仙石)権兵衛 最新話162話を無料で読む ↓
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

センゴク権兵衛 最新話162話ネタバレ

「金の団扇」

豊臣秀吉の命を受けた黄母衣衆が権兵衛達がいる陣へと向かっており、彼らが来た事で眠っている権兵衛を除いた者達が大慌てし、急いで身なりを整えて権兵衛を起こそうとする。

黄母衣衆の伊東が陣の中に入ってきて、権兵衛が牢人衆の中にいるのは本当かと尋ねると、酒匂は自分は臨時の家老代だと答える。

隠れている森達は伊藤の表情を見ていると、どんな表情をしているのかよく分からないと、まるで検非違使が如きだと呟いており、彼は一体どんな報せを持ってきたのかと思っていた。

伊東は権兵衛は何処だと尋ねると、酒匂は苦笑いしながらそろそろ起きてくると言うのだった。

やがて権兵衛がやって来ると、伊東は軽く挨拶をすると豊臣秀吉が自ら権兵衛を本営に来るように言ったと、身なりを整える猶予を与えると言うのだった。

「いや別にこのままで良え ちゅうか是が一番マシな服装じゃ」

と権兵衛は今の自分の服の臭いを嗅ぎながらこのように言うと、伊東はそれならば馬で来るように言う。

しかし、権兵衛は馬は疲れているから徒歩で行くと言うのだった。

黄母衣衆の一人は、権兵衛に自分の馬を使えと言うと彼の活躍ぶりを褒めたのだった。

「ワシゃ徒歩で構わん 殿下の機嫌が知れん内はワシに絡まん方がエエ 先達でも山上たらいう茶人が打ち首になったちゅうぞ」

と権兵衛は言って馬を借りるのを拒んだ。

伊東は怖くないのかというと、権兵衛は心配は心配だと言うのだった。

「一通り聞いたぞよ 守れもせんクセに勝手に虎口を陥とすちゅう身勝手な振る舞いから九州陣の反省が全く見えぬと‥‥」

その頃、豊臣秀吉は家臣達から聞いた話をこのように纏めていた。

前野は権兵衛の存在は天下静謐の世の妨げになると言い、桑野は場合によって苛烈の処断も致し方ないと言う。

豊臣秀吉は何の理由もなく斬り捨てるのは聞こえが悪いから、権兵衛が泣いて頭を下げると言った態度次第で沙汰をしようと言うのだった。

「仙石殿 参られました」

という声と共に権兵衛が現れる。

しかし、一向に頭を下げるわけでも喋る気配もないので豊臣秀吉は早く泣いて謝罪しろと、自身の威信を少しでも傷つけたら厳罰に処すと、失敗の赦免願いに来たのにどうして命令を待っているかのような表情をしているのだと思っていた。

「此度は何の御用で?」

と権兵衛は聞いたので、前野達は思わず心臓が跳ね上がるような気持ちを抱くと共に冷や汗をかく。

豊臣秀吉は何しに参ったのかと聞くと、権兵衛は少々困りながら呼ばれながら来たのだと言い、ご用件は何なのかと聞く。

「‥‥‥‥その前に言う事があるじゃろっ」

と秀吉は金の団扇を仰ぎながら言うと、権兵衛はハッとした表情をして一万石をくれた事にお礼を言い、貰った分だけ働きをするから命令をくださいと頭を下げて頼む。

対して豊臣秀吉は自分は権兵衛を許したわけではないと言い、権兵衛は恩を忘れるなと言ったのは紛れもない豊臣秀吉だと、自分はどのように恩返しをすればいいのか尋ねる。

豊臣秀吉は大分困りながら虎口の事を話題にすると、権兵衛はあれは自分が勝手に始めた戦だから恩返しではないと答える。

豊臣秀吉はますます困りながら頑張ったんじゃないかと言いつつ、まだ赦したわけではないが団扇でもくれてやろうと思っただけだと言うと権兵衛は忝いと言って受け取った。

権兵衛は彼らの元から去ると、とにかく良かったと、豊臣秀吉は根は悪い人ではないから天下もええ感じになると思ったのだった。

センゴク権兵衛 の最新刊をお得に読む方法

今回は センゴク権兵衛 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「センゴク権兵衛」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

センゴク権兵衛 最新話162話の感想

今回のようなご褒美が貰えたのは、権兵衛の勢いに押されたからではないでしょうか。

本来なら泣いて謝らせようとしていた豊臣秀吉が権兵衛に押されていて、予定になかった金の団扇をあげる事になったのも彼の勢いに押された証です。

下手すれば厳しい処分を下される可能性もあった中であんな風に豊臣秀吉に接しられたのは、権兵衛ならではないかと思いました。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




センゴク権兵衛 ネタバレ 最新話163話や最新刊の漫画を楽しむ 仙石権兵衛




漫画が無料で読めるおすすめサイト|まんが王国

「まんが王国」なら月額利用料が無料!

しかも、新作から名作まで3000作品以上の漫画が無料で読めます!

▼今すぐ漫画を無料で読む▼

まんが王国