五等分の花嫁のネタバレと感想 最新話102話 無料で最新刊を試し読み

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓
Q

U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに絵つき五等分の花嫁無料で読めますよ。

▼「少年マガジン 2019年 42号」と検索して五等分の花嫁 漫画102話を無料で読む▼
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

五等分の花嫁 漫画102話のネタバレ

「最後の祭りが一花の場合②」

風太郎の誰も選ばない発言を聞いた翌日…。

「サイテー!いつまでも甘いこと言ってんじゃねーよ!」

と一花は撮影で俳優相手にビンタをかましながら台詞を喋る。

このシーンは一発OKで一花は俳優に大丈夫と声をかけ、俳優はなんかやり慣れていないと呟く。

そして一花は一眠りしようとホテルへと向かおうとするも、その途中で昨日の風太郎の言葉が頭に過ぎる。

そんな中、監督から妹が倒れた事を聞いた一花は急いで病院へと向かう。

「元気そうで安心したよ しっかり休んでなよ」

と倒れた妹にそう言って一花は病室から出ていくと、風太郎と二乃と遭遇し、皆の様子はどうなのと聞く。

二乃曰く皆は一旦落ち着いていて、自分達は大丈夫だから心配する必要はないとの事なので一花は安堵する。

二乃は後片付けがあるという理由で学校に戻り、風太郎に一花を送るように頼んで去っていく。

一花は風太郎が今日の仕事を終わらせた事を知ると少し歩こうと誘い、風太郎も応じた。

「わっ ここ意外と広いんだね」

と花火大会の会場だった場所を歩いている2人だったが、途中で誰かが花火をしていたり、カップルがイチャイチャしているんのを目にする。

浮かれやがってと呟く風太郎に一花は気持ちは分からなくないかもと浮かれている人達をフォローする発言をする。

「学園祭の真っ最中だもん カップル成立もこの三日間が多いみたい その中でも特にすごいのが三日目の後夜祭 フータロー君はそれを知っててあんなこと言ったのかと思ったよ」

と一花は続けて言うと、更に世間の風潮に流される奴だと思うかと言う風太郎に意外と俗っぽいところがあると言う。

例えば高級車を覗いたり、旅行でテンションを上げたり、山頂でヤッホーと言ったり、女の子に借金したりと例題を上げていく一花に風太郎は唖然としながらよく覚えているなと呟く。

「まっ そこが可愛いとこでもあるんだけどね」

と笑みを浮かべながら言った一花はそういう気持ちを大事にしてと、誰も選ばないなんて言わないでと言うが最後の方は本音交じりだったので思わず口を押える。

自分の気持ちは自分自身にも分からないという風太郎に、一花は難しく考えすぎと言いつつ自分以外の姉妹の中で誰のキスが嬉しいと聞くと、風太郎は無言になる。

「なーんて」

と一花は言うと目の前の自販機を目にして好きな飲み物を買うように頼み、自分はベンチで座って待つ。

あれから10分経過しても全然来ない風太郎に何時まで悩んでいるのかと思いながら、意気地なしと呟いて眠りに落ちた。

その頃、風太郎は買わなきゃ済む話だと断じて結局買わずに戻って来ると、一花は寝ていた。

「ダセェとこ見せちまったな…お前とはいつもこんな感じだった気がする 長男に長女お互い苦労したな」

と言う風太郎だったが突然一花の言葉が思い起こされ、胸の鼓動が高まり始める。

そしたら一花が急に目を覚まし、風太郎の視線が自分の唇に向いていたのを確認し、何で見てたのと聞く。

「……単純にあれは五人の中の誰かなんだ お前だって…そうだろ…」

と風太郎は照れながら言うと、一花は風太郎の服を引っ張ってキスした。

彼女曰く今までキスをしたのは同姓だけで、異性とのキスは事務所でNGとなっているので風太郎が初めてだとの事。

改めて一花は風太郎に自分とキス出来て嬉しかったのかと聞き、照れている彼を見て、照れちゃってと呟く。

そして風太郎が誰を選ぶかは分からないけど、この気持ちは暫く静まないと思う一花だった。

無料で最新刊の漫画を読む方法

今回は 五等分の花嫁 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)。

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、

月額料金1,990円(税別)を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。

↓ 「五等分の花嫁」と検索して最新刊を無料で楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

五等分の花嫁 漫画102話の感想

修学旅行の一件もあって身を引いた感じがありましたが、やはり一花は風太郎への思いを忘れられないみたいですね。

じゃないとファーストキスを差し出したりはしませんからね。

しかし、倒れた妹の事が気になりますね。

一花と二乃は違うので、三玖、四葉、五月のうちの誰かという事にはなりますが、個人的には風太郎と共に学級委員長として走り回り、演劇の助っ人もしていた四葉なのではないかと思います。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




五等分の花嫁の最新話103話ネタバレと感想





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。