【実話】手足を削ぎ落として目玉をくり抜く…中国三大悪女『呂雉』の人生【漫画】



今日のテーマは、中国三大悪女『呂雉』の人生とは?

呂雉は紀元前240年頃の中国山東省の土地の有力者、呂公のもとに生まれた。

呂雉が大人になった頃、呂公は自分が開いた宴会に来ていた劉邦をえらく気に入り、
呂雉を嫁がせると突如言い出した。

そして呂雉は劉邦に嫁ぐことになったのだが、
劉邦は戦いに明け暮れてほとんど家を留守していたため、
呂雉は苦労しながら1男1女を育てたのだ。

その後、秦王朝が滅び、5年ほど続いた『楚漢戦争』で劉邦が宿敵項羽を破り、
新しい王朝『漢』が誕生した。

そして劉邦の妻、呂雉は皇后となった。

しかし、好色な劉邦は多くの側室を抱え、
中でも戚夫人と呼ばれた若く美しく、舞いの名手であった女性を寵愛した。

それでも、当然呂雉は息子劉盈(りゅうえい)が皇太子になると思っていた。
だが、戚夫人は自分と劉邦の間に出来た子供、
如意(にょい)を皇太子にしようと企てたのだ。

それでも呂雉は感情を押し殺し、しっかりと根回し、
皇太子を劉盈にさせた。

その後劉邦は亡くなり、呂雉の戚夫人に対する壮絶な復讐劇が始まるのだった…

☆★閲覧頂きありがとうございます★☆
☆★少しでも楽しんで頂けたら、是非チャンネル登録・高評価・コメントお願いします★☆
【チャンネル登録】https://bit.ly/2K6EibC​​​​
【Twitter】https://twitter.com/zatugaku_oji​​​​
【TikTok】zatugaku_oji
【Instagram】https://www.instagram.com/zatsugakuoj…​

#マンガ動画​​​​ #雑学​​​​ #トリビア​​​​ #漫画​

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。