【スポーツベット】ライブベッティングって何?仕組みを教えて!

あなたは熱狂的なスポーツファンですか?もしそうなら、ライブで試合を観ながら、野球やサッカー、バスケットボール、バレーボールなどに賭けることができる「ライブベッティング(Live Betting)」を始めてみましょう!以前は、試合前に予想する賭け方(プレマッチ)が一般的でしたが、テクノロジーの発展とともに、ライブベッティングも気軽に行えるようになりました!

スポーツベッティングが楽しめるベッティング サイトはたくさんあるので、困ることはありませんが、やはりブックメーカー 日本 と呼ばれる優良サイトでベッティングするべきでしょう。ぜひ、スポーツベッティングについてわかりやすく説明している賭けっ子リンリンライブベッティングサイトなどでノウハウを学んでチャレンジしてみましょう。ここでは、ライブベッティングの賭け方や仕組み、カバーしているスポーツなどについて「パンター目線」でご紹介します!

そもそもライブベッティングとは?

はじめに、ライブベッティングは一体どのようなものなのかをご説明します!

実際のゲームを観ながら賭けを行う

ライブベッティングは「ライブベット(Live Bet)」や「インプレーベッティング(In-Play Betting)」などとも呼ばれています。野球やサッカー、バスケットボールやホッケーなどの団体競技、テニスや卓球などの個人競技の試合やイベントの結果に対して、実際にライブで映像を観ながら賭けることができるベッティングスタイルを指します。

つまり、ゲームが始まる前に予想をして賭けを行う「プレマッチ」ではなく、試合の状況をライブで観ながら、結果を予想をしていくスリル満点の賭け方なのです。ブックメーカー 日本で選りすぐりのライブマーケットを選んで、より有利なベッティングを行うのが勝利への近道ですよ!とはいえども、賭け方にも色々あるため、まずはベッティングオプションをチェックすることが大切です。

ライブベッティングではオッズがしきりに動く?!

ライブベッティングがプレマッチベッティングと決定的に異なるのは「試合経過に沿ってオッズが変わる」ことでしょう。スポーツメーカーのライブベッティングサイトを見てみると、オッズの数字が常にパタパタと動くの気づくはずです。

たとえば、ゲーム中に選手がケガをしたり、イエローカードやレッドカードなどのペナルティーが出たりと、「結果に影響を与えるアクション」が発生した時に数字が動きます。これは、試合の経過やその時の状況によって結果予想が変わり、それに対する配当も変わってくるからなんですね。

ライブベッティングでのオッズの仕組みは、その時点である特定の結果が起こる見込みを示す「指標」のような役割があるため、ゲームの流れや経過によって常時動きが発生してくるわけです。

ライブベッティングの仕組みを教えて!

続いて、ライブベッティングの仕組みについてわかりやすくご説明します。

ベッティングした時点のオッズで配当が支払われる

ライブベッティングでもプレマッチベッティングと同じように、ベッティングを行った時点のオッズに基づいて配当が支払われます。つまり、ライブベッティングでは、たとえゲームの途中でオッズが跳ね上がっても、跳ね上がる前に賭けた時のオッズが適用されるということなんですね。ここがライブベッティングのスリリングで面白いところ!なのです。

ライブベッティングは賭けるタイミングが全て!

前述の内容に続きますが、ライブベッティングは試合展開によってオッズが変わり、それによって受け取る配当も変わってくるため「いつ賭けるか?」が肝心です。つまり、試合の流れを素早く読んで、オッズが最も高い「最高のタイミング」でベッティングするのが、勝利へのカギとなります。

たとえば、バスケットボールの国際試合でAチームがどんどんシュートを決め込んでいる場合、自然と得点差が広がっていきますよね。そうするとAチームのオッズは時間とともに下がり、劣勢となった相手のBチームのオッズが上昇していきます。この時点でオッズが高いBチームに賭けて、万が一、後半に勢いを増して勝利すれば、賭けた時点でのオッズが生きるので、高い勝利金を獲得できる!というシナリオです。

オーバー・アンダーに賭ける場合の例

また、ライブベッティングで人気マーケットの一つオーバー・アンダーで賭ける場合、得点が入る度にオッズの基準値がリセットされ、その時点での新オッズが提示されます。オーバー・アンダーの場合は、試合が終わる時刻が迫るにつれてオーバーのオッズは上がり、アンダーのオッズは下がるのが特徴なんですよ!

これは、得点が入るたびにオッズの基準が一定のルールによって見直されるという性質上、試合終了に近い時刻にその得点を上回る見込みは低いとされるからです。オーバー・アンダーは究極の2択ベットですが、ライブベッティングの分野になると、実に奥深いのがわかりますね。

試合の途中経過に対しての賭けが成立する

ライブベッティングの魅力は、全試合を通しての賭けを行うだけではなく、時間的な区切りを用いて、いくつものベッティングが可能であることでしょう!

たとえば、大坂選手や錦織選手などの活躍が期待せれるテニスでは、1セット、2セットというように、セット単位で区切り、それぞれのセットに対し賭けを行うことができます。その他、野球なら1イニング、2イニング、3イニングなどの各イニング、バスケットボールならクォーターやピリオドといったゲームの切れ目ごとに、好みのマーケットにチャレンジできるわけですね。その他、サッカーやラグビーなら前半線・後半戦…というようにです。

日本でトップの人気を誇るサッカーを例にとれば、前半戦をじっくり観察してから、後半戦により有利な予想を立てることもできますよね。「ゴールを決めるのが確実視されていた選手が、いまいち調子に乗り切れていない」逆に「デビュー戦の新人選手が予想外に活躍している」というように、その時の前半戦の状況から、後半戦を読み取ることも可能ですよね。敏感にオンラインタイムの情報をキャッチして素早くベットする!このスピード感に引き込まれるパンターも多いんですよ。

試合の途中で配当を得て終了!ということもあり?

ライブベッティングでは、前述の賭け意外にもユニークなマーケットが豊富です!たとえば、野球なら「次にホームランを打つのはどちらのチーム?」、バスケットボールなら「次にフリースローを決めるのはどちらのチーム?」、ラグビーなら「次にペナルティをくらうのはどのチーム?」というように、ワクワクするようなベッティグマーケットがたくさんあるんですよ。

 というわけで、総合的な試合結果だけにフォーカスするのはつまらない!という方でも、こういったスポット的な賭け方も楽しめます。試合を最後まで観なくても良いので、時間的にあまり余裕がない方でも参加できるのは嬉しいですよね!

ライブベッティングが行われている主なスポーツは?

それでは、多くのブックメーカーがライブベッティングでカバーしているスポーツの種類を挙げてみましょう!

定番の人気スポーツはほぼカバー!

ライブベッティングで賭けることができるスポーツは、ほぼ定番の人気スポーツと呼ばれるもの全て!言ってよいでしょう。日本人が愛してやまない野球では日本のプロ野球はもちろん、メジャーリーグや全米大学リーグ、バスケットボールならBリーグやユーロリーグ、サッカーならJリーグやアジアカップなど、国内のみならず、主要の国際マッチもカバーしています。

その他、テニスやアイスホッケー、アジア圏で絶大な人気を誇る卓球、イギリスやオーストラリアの国民的スポーツ・クリケット、ラグビー、オージールール、格闘技系ならボクシングやUFCなども、試合中継を観ながらベットできます。これらのスポーツイベントでは少なくとも80種類以上のマーケットが存在するため、自分と愛称の良い賭け方を選んで、スポーツベッティングを楽しむことができます!ぜひ、オッズを確認して、チャレンジしてみて下さいね。

Eスポーツのライブベッティングもある!

また、最近注目されるEスポーツでも、ライブベッティングを提供しているところが増えてきています。Eスポーツはコンピューターを使って、実際に相手とゲーム対戦する新時代のスポーツ競技です。驚くことに、トーナメントの賞金総額が3億ドルを超える勢いで、Eスポーツ市場の盛り上がりは半端なく加速しています。

有名なEスポーツには「フォートナイト」「Dota2」「リーグ・オブ・レジェンド」「カウンターストライクGO」などがありますが、その白熱ぶり一言では語れないほど!Eスポーツのプロプレイヤーが壮絶なバトルを繰り広げている姿は、ゲーム業界の情報サイトでも頻繁に取り上げられています。未来型スポーツとして大注目のエリアですので、ぜひ、ライブベッティン

グで勝者を予想してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。