「百花万華鏡」2巻10話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラ♪最新話は瑠華達の裁縫勝負

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「百花万華鏡」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
[mokuji]

2巻10話のあらすじとネタバレ

瑠華は母である春凰女王陛下と阡葉王末弟である紆条の裁縫勝負に急遽、参加することになりました。

鷲麗は情報収集のため、街に行きます。

「裁縫の練習におつきあいしたいところなのですが…」

鷲麗の言葉に、出葵が怒りの反応を示します。

「昨日のあれも非常識と理解したのたら、傍に侍らずともまともな仕事で役に立ってみせよ」

鷲麗は瑠華に刺繍を教える時に後ろから抱きしめる形で指導しており、それを見た出葵は非常識だと憤っていました。

出葵が提案をします。

「折角の機会ですから、その目で見て鑑として頂きたいことがあります」
「次期女王としてやるべきことをやりながら、不利な状況にもどう構えるか」
「女王陛下の様子を窺いに参りましょう」

春凰は市で女王陛下として凛と構え、民に声をかけて回っていました。

(すごい…お母様が通ると人々の表情も場の空気も変わる)
(他にも目を配って、人に分け与えられるような華を備えて…あんな風に私もなれたら)

王宮に戻り、裁縫の練習をしている瑠華に春凰が話しかけます。

「どうした?」

「お母様はすごいと…私はまだ何も思いついていなくて、焦ってしまって」

「期待をかけてくれる者、私の背を追ってくれるお前、皆に私にできることで何か返したいと思う」
「それを見失わなければ、お前の答えにきっと辿り着く」

瑠華は何を返したいか、何をもらっているかを考え、鷲麗から貰った花飾りを見ます。

「そうそう、礼を言っておかねばな」
「私が武芸をしている姿を裁縫勝負でも見たいと、お前の言葉が私の力になった」

紆条は先手必勝で舞台に作品を展示しています。
投票時間が迫り、春凰が弓を持って登場しました。

「そこに並べたのは市の余り布、このままでは売り物にならぬ」
「精魂を込めた仕事を欠片とて、無下にするなど王として捨て置けぬ」
「天より授かった武芸の腕は、今日は皆と皆の家族のために振るおう」

余り布に弓を引いた後、剣で舞うように裁断して行きます。

「縁を結び、厄災を断ち、皆の息災と繁栄を祈って私の品とする」

皆が春凰に見惚れる中、次は瑠華が披露をします。

(私にはお母様のような存在感なんてなくて)
(あんな風になりたいと願うばかり)
(それでもつみ重ねていけば、私らしい華に…)

「私も端切れの布を集めて縫い直し、この花飾りを作りました」
「どうぞ、ご覧下さい」

瑠華は舞うように花飾りを皆に投げ渡します。

投票結果は春凰が一位、瑠華と紆条は同数でしたが原価が安かった瑠華が二位でした。
近づいてきた鷲麗に瑠華は花飾りを渡しながら言います。

「鷲麗、これを受け取ってもらえますか?」
「貴方が傍にいない時でも、一緒に乗り越えた時を思い出して力をもらえるんです」

瑠華はそう言いながら、鷲麗の手首に花飾りを結びます。

「私もそんな存在になりたいと願いを込めてこれを作りました」
「いつかは私も貴方の力になれるように、私も傍にいさせてもらえますか?」

鷲麗は顔を赤らめ、花飾りを見つめながら言います。

「…うん、ありがとう」

場面が変わり、春凰と紆条が別室で話をしています。

「相変わらず太子は決まらず、皇宮内は各皇子の派閥に分かれてにらみ合い…というところです」

「第三皇子についてはどうなっているだろうか」

「…そちらも相変わらず、皇帝陛下のお命じの通り、いないものと」
「…気にかけておられるのですか?くれぐれもお気をつけ下さい」

紆条との話が終わり、春凰は鷲麗との会話を回想します。

「私はでき得る限り、貴方の味方でありたいと思っている」
「貴方の望みは第三皇子殿下」

「…できるなら王女殿下の傍に」
「閉ざされていた扉を開く力を与えてくれた、その恩を返したいのです」
「…だからこそ、どうか第三皇子はいないもののままで」

回想を終えた春凰は呟きます。

「私の娘が見つけてくれたお前の宝は今、私の前にいる」
「…お前は何処で何をしているのだろうか、芙蓉」

春凰の呟きで話は終わり、次話に続きます。

以下のリンク先で「百花万華鏡」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2巻10話の感想

前回から引き続き、瑠華達の裁縫勝負が続いています。
今回は勝負の結果と紆条が繚葉に来た理由が明らかになります。

勝負も見どころの一つですが、勝負前の準備段階も良かったです。
瑠華達親子の会話がとても印象に残っています。
後ろ向きになる瑠華を母親として、また女王として導こうとする春凰の姿が格好いいと思いました。
あんなに堂々とした母親を見ていたら、瑠華が母親に憧れる気持ちがよくわかりました。

裁縫披露の場面でも春凰は輝いていました。
舞うような剣さばきや民を思う心は百花の一人に選ばれるだけはあるなと思いました。
瑠華の披露も可愛らしく、私は好きです。
母親のような存在感はまだないかもしれませんが、日々成長している姿は見ていて応援したくなります。

紆条は勝負を隠れ蓑に皇宮内のことを伝えに来ました。
春凰はずっと鷲麗のことを気にかけていたようです。
皆が第三皇子はいないものとして扱っています。
鷲麗も自身をいないものとして扱うことで、瑠華の傍いることを望んでいます。

まだ第三皇子が何故、このような扱いを受けているのかな謎のままです。
今回、春凰が呟いた芙蓉という人物が謎を解くキーマンのようです。

鷲麗の謎も気になりますが、鷲麗と瑠華のこれからも気になります。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓
https://www.yellow-journal.jp/?p=

★無料で安心・安全にマンガを読む方法★コッソリ教えちゃいます(^^♪

↓↓↓それがこのサイト↓↓↓

 

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

それでもどうしてもマンガを無料で読みたいあなたにオススメのサイトが「U-NEXT」。

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪

 

今なら新規登録から31日間は完全無料でマンガが読めます!
そして無料期間の31日間までに登録を解除すれば、無料で漫画を読むことができます。
更に新規登録の特典で600円分のポイントまでもらえます!

 

◆31日間無料トライアルの特典◆

➀見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
 一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
 最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

➁600円分のポイントプレゼント!
 DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
 最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

➂追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

U-NEXTはマンガだけでなく全8万本以上のドラマ・アニメ・映画の動画を観る事ができる配信サービスです。
まずはU-NEXTに新規登録して、無料期間の31日間で思う存分マンガや動画を楽しんで下さい(^^♪

U-NEXT<ユーネクスト>はこちら(^^♪