墜落JKと廃人教師 7巻42話の漫画ネタバレと感想 最新刊を無料で読む

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに無料で絵つき墜落JKと廃人教師が読めますよ。

▼「花とゆめ 2020年 1号」と検索して墜落JKと廃人教師 42話を無料で読む▼
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

墜落JKと廃人教師 42話のネタバレ

「先生」が雪の中、灰仁に話しかけていました。今日はクリスマスなのに家にいないとサンタは来ないぞ、と。

お前は何がほしい?

そして少年は答えました、”愛する人との時間”。

クリスマスあいてる?

灰仁は過去を交えて扇言を誘いますが、すみません、出かけますとあっさり断られてしまいます。

扇言は一馬となずなと一緒にイルミネーションを見に行く約束をしていたのです。
盗聴、盗撮はしないで下さいねと念を押す扇言。

灰仁は俺クリぼっちなの!?とわめきました。

扇言は灰仁からもらったネックレスと鍵を並べて、もらってばかりだから、せめてプレゼントをと考えていましたが、灰仁のほしいものが全然わからずに混乱していました。

兄に男の人は何をもらったら嬉しいか聞くと、富と権力という参考にならない返事が返ってきました。

昔の先生は何がほしいと考えたのだろうと思いを馳せる扇言。

そしてクリスマス当日。
灰仁はたい焼き屋の夫婦の元に転がりこんでいました。
何故か扇言の兄もいます。

灰仁はクリスマスには昔、手当たり次第に告ってはフラレていたそうです。

兄はそんな灰仁に冷たくあしらいます。

一方の扇言たち。
なずなは光る電球を見てるだけだよね?何が得られるの?と元も子もないことを言っていました。

なんだかんだで一馬はなずなに焼肉を奢ってあげることになります。

一馬は何かほしいものがあればプレゼントするけど、と言いますが、扇言は友達と過ごすクリスマスだけで十分だと答えます。

灰仁は帰り道、先生が笑っていたクリスマスを思い出していました。

すると玄関前に扇言がいました。

プレゼントですと渡されたのはマフラー。
しかしものすごく小さなマフラーです。
それは猫のモンロー用でした。

扇言は一緒に過ごす時間以外に先生のほしいものがわからなくて何も用意できなくてごめんなさいと謝ります。

灰仁はお前がくれるものなら何でも嬉しいのにと言います。

扇言は本当は何がほしいって答えたんですかと問います。

灰仁は壁にもたれ、”家族”って言ったと明かしてくれます。

しかし今欲しいのはお前だJK、身体中にリボンを結んで俺にくれと冗談を言います。

扇言はしばらく考えてしまいます。

いつか”家族”をプレゼントした時には先生とは呼ばないんだろうな、呼ぶなら仁さんでしょうか、と微笑みます。

すると扇言、と名前を呼んでくれる灰仁。

扇言は顔が真っ赤になってしまいます。

灰仁は家に送ると歩き出します。

灰仁はサンタっていると思う?と聞きます。
扇言は海外にならと答えます。

俺はいると思う。

扇言からの思わぬプレゼントをもらった灰仁はそう答えたのでした。

墜落JKと廃人教師 の最新刊を無料で読む方法

今回は 墜落JKと廃人教師 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、

月額料金1,990円(税別)を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。

↓ 「墜落JKと廃人教師」と検索して最新刊を無料で楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

墜落JKと廃人教師 最新話42話の感想

家族がほしい、そんな願いすら叶わなかった灰仁の昔の孤独が垣間見れました。

そんな灰仁に扇言は家族をプレゼントした時には、と将来の約束をしてくれたのです。

扇言の存在により救われる過去の灰仁。

次はどんな展開になるのか気になります。

次号2号(12月20日発売)に続きます。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




墜落JKと廃人教師 ネタバレ43話と漫画感想 最新刊を無料で読む





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。