プレイボール2 最新話64話ネタバレあらすじ感想 最新刊7巻を無料で読む方法

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

 

やっぱり文章のネタバレだけでは少し物足りないなぁと感じているあなた。
U-NEXT(ユーネクスト)ならすぐに最新話の プレイボール2 が無料で読めますよ。

▼「グランドジャンプ 2020年 3号」と検索してプレイボール2 64話を無料で読む▼
 

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

プレイボール2 最新話64話ネタバレあらすじ

「強気で行け!谷口の巻」

川北商業高校のエースである小野田から三連打でノーアウト満塁のチャンスを作り、谷口を迎える。

小野田から連打で得点出来るとは思っていなかったのか、谷口は手堅くスクイズをしようとしていたが倉橋に止められてしまい、そのまま打つ事になったのだ。

塁上の丸井とイガラシは2人のやり取りを塁上で見ていて、キャプテンの立場である谷口が倉橋に言われたせいでスクイズを取りやめたので内心唖然としていました。

一塁に戻った倉橋もこのやり取りで谷口にプレッシャーがかかったのなら、最初からスクイズさせておけば良かったと思っていた。

キャッチャーの戸田は初球は少し高かったから低く投げるようにと言う事を思ってミットを構え、小野田も戸田の思っている事を理解する。

そして低く投げ、谷口はストライクの高さに入って来ると思いながらもギリギリボールだと思って見逃し、結果ボールとなった。

谷口は今のボールは初球と違って速く感じなかったと思っており、小野田はさっきと同じコース目掛けてボールを投げるもこれもボールとなる。

(やはり!「低め」は「高め」ほど速さを感じない)

と谷口はこう思い始める。

そしてノースリーとなった小野田は少し焦り始めるも、田淵と戸田は小野田の事を信じていた。

押し出しの可能性が出てきたので、倉橋は打席の谷口から力が抜けたのを感じる。

戸田はど真ん中に構え、小野田は言われたとおりに投げる事で一先ずストライクを取る。

谷口は見送ったが、これも速さを感じられなかったと思っていた。

カウントはワンストライクスリーボールとなったので、谷口は次の球を見逃したらピッチャーは嫌がるが、ストライクなら自分が追い込められると思っていた。

倉橋は見逃すなよと心の中で思っており、谷口は2年前の練習試合で手も足も出なかった小野田から先制点が取れると思っていた。

2年前、谷口達は川北商業高校と練習試合をし、次期エース候補だった小野田から終盤まで一点も取れなかったのだ。

そして小野田はど真ん中にボールを投げ、ストライクを取ってフルカウントとなった。

明らかに甘い球だったのに打たなかった谷口に、塁上にいる3人は唖然としていた。

谷口は打とうとしていたが心の何処かで四球を期待していたのと、仮に打ってゲッツーになりたくないという考えが過ぎって手が出せなかったのだ。

そして小野田の球はベルトから下に来た場合、高めと比べて速く感じない事と昨日の特訓が一定の成果を見せている事に気づく。

小野田が投げる6球目の球を振ってファールにした。

7球目もファールにするも、倉橋は今の谷口は当てるだけのバッティングになっているのに気づき、もっと強く振れと檄を飛ばす。

(そうだな倉橋 確かにそうだ でもここまで7球小野田に投げさせてわかったことがある 7球全部……ストレートだった!やはり小野田も人の子 “初回の押し出し”はイヤなんだ この7球で小野田のボールには目が慣れた そしてストレートにだけヤマを張っていればいい)

と谷口はこのように思うと、小野田が投げた低めの球を思いっきり振った。

打球は高く上がったので谷口はレフトへの犠牲フライだと思っており、他のメンバーもそう思っていた。

レフトの立川はフェンスまで向かうが、打球はフェンスを越えてスタンドを越えたのだ。

プレイボール2 最新刊6巻を無料で読む方法

今回は プレイボール2 を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

通常、マンガは無料で読むことはできません。
仮に違法サイトでマンガを読む事ができても安心・安全ではありません。

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)。

U-NEXT(ユーネクスト)は簡単な登録から31日以内に解約することで、

月額料金1,990円(税別)を支払わずに無料でダウンロードして漫画を読むことができます。

↓ 「プレイボール2」と検索して漫画を楽しむ ↓

電子書籍

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

【ユーネクストの簡単な会員登録手順はコチラ】

プレイボール2 最新話64話感想

思いっきり振った結果、打球は飛んでいきましたね。

倉橋の言う通り、思いっきり振っといて良かったなと谷口は思ったんじゃないでしょうか。

もしかしたら、ホームランになるとは思わなかったと戸惑っているかもしれませんね。

取りあえず満塁ホームランで4点取ったので、結構有利になりましたね。

次回のタイトルが狼狽するエースとなっていますので、もしかしたら更に追加点を取れる可能性がありますね。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




プレイボール2 最新話65話ネタバレと感想 最新刊7巻を無料で読む方法





ユーネクストでもう無料で漫画を読んでしまったあなたに|もう一つ無料で読める方法をご紹介

※この特典は、公式サイトから登録してももらえません!

↓ こちらのページから無料登録した方だけの特典です ↓

music.jp

無料登録するだけで電子書籍の購入に使えるポイント<961ポイント>がすぐにもらえます。

※961ポイントあれば、漫画週刊誌2冊分または漫画単行本1~2冊分が無料で楽しめます。

無料期間の30日以内に解約すれば、実質無料で漫画を読むことができます。
費用もかからず、解約手続きもとても簡単。