「暁のヨナ」166話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪捕らえられたヨナ

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「暁のヨナ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「暁のヨナ」165話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪引き離されたヨナとハク




166話「戦力」のあらすじとネタバレ

ヨナ達が捕らえられたことを知ったハクとテジュンは助けるために戒帝国に向かいます。
その最中に、テジュンが出会ったのは真国のタナ姫の従者である「五星」の一人アルギラでした。
「五星」は高華王国の「四龍」に匹敵すると言われています。

アルギラは、ヴォルド(同じ五星のひとり)と共に行動しており、オギ達の見舞いに行きます。
テジュンからヨナ達が捕らえられたことを聞き、ハクの元へ駆けつけました。

駆けつけたアルギラとヴォルドは、ハクからヨナ達がゴビ元神官に連れ去られてしまったことを聞きます。
ヴォルドは、コウレン陛下の命令によりゴビ元神官を捕らえにきたのだということそして、真国がヨナ達から受けた恩をかえしたい、共に戦う意志がある。ということを告げました。

「共に行こう」という、キジャとシンアにハクは四龍がゴビ元神官に狙われていることを理由に二人が戦いに出ることを拒みました。

『これ以上、俺は奪われたくない』
仲間を思う気持ちを伝えたのです。

早く戒帝国に向かいたいハク達ですが、火の部族は千州軍とケイジュク参謀とジュド将軍率いる空の部族に阻まれています。火の部族を盾に戦うことを空の部族は考えています。
ケイジュク参謀は何を考えているのでしょうか。

疲れきった火の部族は、ハクを隊長としハクも指揮を取り始めます。
ハクが指揮を始めた火の部族は、気持ちを一つにし、団結していきます。
「盛り上がってんいんな、火の部族」
「ハク元将軍が戦術を伝授してくれるんだと」
「え、いいな」
と、空の部族たちは、スウォンの側近であるケイジュク参謀と空の部族のジュド将軍の前でハクへの尊敬や憧れの気持ちを出してしまいました。

その頃のヨナは、足枷をつけられながらも一人で歩を進めていきます。
クルエボに追い付くよう命じられながら、両足で跳びながらクルエボを追い抜いていきます。
そんな様子を見て、民に愛されていたのだろうと言うクルエボですが、
それに対してヨナは、
「姫としての価値はない」と王への交渉や四龍は関係ないといいます。
そんなヨナにクルエボは同盟を持ちかけます。

また、千州の領主ハザラに会いますが、以前のような生気がない姿を見ます。
そんな中、クルエボはヨナを手に入れ、四龍や高華王国、戒帝国全土を全て支配するとハザラに告げるのです。

以下のリンク先で「暁のヨナ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

最新話の感想

男性陣の熱い友情と受けた恩を返そうとする気持ちに私も胸が熱くなりました。
ただ捕らえられてしまったヨナ達は今後どうなってしまうのかが気になるところです。
ハク達は無事にヨナ達を助けることができるのでしょうか。

また、空の部族は一体何を考えているのか。ヨナ達救出作戦の足を引っ張ってしまわないかということも心配です。
そして、以前のような生気がなくなってしまっているハザラには一体何が起こってしまったのかということも気になります。
ヨナや四龍の今後の展開が楽しみです。




↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

暁のヨナ167話のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪ハクはヨナと再会できるのか?

★マンガを無料で読むには★

定番人気作品から隠れた名作まで日本最大級の配信数を誇るスマートフォンコミックサイト!! 無料漫画・電子コミックが2500作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

サイトマップ