「ういらぶ」9巻のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪最新刊は蛍太の恋の行方は?

※ここから先はネタバレもあるので、まず無料の立ち読みをお勧めします!

以下のリンク先で「ういらぶ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




あらすじ

凛は、仕事で単身している母親が倒れ、ひとり地方へおもむきます。
最初は、ぎこちなかった親子関係も、母親の具合がよくなるとともに緩和されていきます。
夏休みになっても、帰ってこない凛を心配し、優羽は彼を訪ねます。
凛の母親が元気になっていたため、ふたりは、地元のスパで夏休みの思い出をつくり、一緒に東京へ帰ります。

残りの夏休みは、みんなが勉強に取り組む中、凛は、ふたりの旅行のために、バイトにあけくれます。
そして、夏休みも終わる頃、蛍太はるりに出会います。
彼女は、同じ高校の3年生でした。
優羽たちが学校に遅刻しそうな時に、近道を教えてくれました。
なかなかチャーミングな先輩です。

↓↓↓前回までの詳細はこちら【随時更新】↓↓↓

「ういらぶ」8巻のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪蛍太がるり先輩に出会うと・・

ネタバレ

夏休みが明けて、新学期が始まりました。
今日から、午後は、体育祭の準備です。
2クラス合同のため、優羽は暦と一緒で楽しそうです。
同じ教室で、キャーというざわめきが聞こえます。
女子が、夏休みに初体験をしたという話で盛り上がっていました。
暦と優羽は、場違いな気分です。
ふたりで顔を赤らめていると、凛が、優羽に器具準備係になるように命令してきます。
このあいだ、道案内してくれた女性が教室にやってきます。
実行委員会の集会から帰ってきた蛍太は、その女性が、コアラの人であることに気が付きます。
コアラの人というのは、彼女が肩にコアラの付箋をつけていたため、蛍太がつけた呼び名です。
「あたし、3年 大倉るりだよ。」
るりは、画材を教室に運んできていました。
彼女が、実行委員なのに、集会に出て来ていなかったコトに気づいて、るりを注意しますが、るりは知らん顔で帰っていきます。
蛍太は、あきれますが、るりが画材を持ってきてくれたおかげで、自分が買い出しにいかずにすんだことに気が付きます。

器具準備係になった優羽と凛は、ふたり一組で、倉庫の整理をします。
器具の整理は、力仕事なので、全部、凛がやっていまいます。
整理をスピーディに終了させ、凛はマットの上で、優羽をハグします。
凛は、優羽を見つめ、凛になら何されてもいいと、もう一度言うように強要します。
優羽は、言おうとしますが、声になりません。
「悪い、びびらせた。」
気持ちをあらため、凛は、突然、旅行での宿泊先プランをメールで優羽に送ります。
・温泉付き旅館
・夜景のキレイなイイホテル・・・
凛が本気なんだと感じて、優羽の鼓動は高鳴ります。
「そんな怯えた目 やめろバカ。もっとイジメたくなんだろーが。」
そういいながら、凛は微笑みます。
その笑顔をみた優羽は、早く、凛のものになりたいと思うのでした。

ふたりの旅行については、蛍太は節度を守れとしか言えないと言い、恋を知った暦は、反対なんか出来ないといいます。
本当のところ、凛は迷っていました。
旅行へいっても、ハメを外さないつもりでしたが、優羽がその気ならば、理性を保つことは出来ないと思っていました。

体育祭の当日、凛は、優羽とかけをします。
凛がでる借り物競争で、一位になったら、高級旅館に1部屋に泊まり、負けたら安ホテルで2部屋とるというものでした。
スタート直後、凛は独走しますが、お題の紙を手に取ると、直立不動します。
しかし、優羽が、がんばってーと応援すると、凛は、ニンマリ笑って、走り出し、優羽を連れてゴールします。
お題は、「自分が一番大事にしているもの」でした。
みんなが拍手します。
特に女子は、感動します。
プライドの高い凛が、そんなコトをするなんてと、蛍太が感心していると、実花が、「同じお題だったら、自分を連れて行ってくれますよね。」と、叫びます。
蛍太は、人は連れていかないし、恋にも興味がないと言います。
しかし、実花は見てしまいました。
蛍太がるりと、イイ雰囲気でいたところを、そして今もまた、るりの姿をみつけ、そのまま彼女を見つめているところを。
凛もまた、蛍太のそんな様子に気が付きます。

そんな凜でしたが、高級旅館に予約しようとして、断られます。
未成年だということをうっかり言ってしまったのです。
泣きべそをかいている凛に、蛍太は、自分の母親に相談してみるようアドバイスします。
すると、彼女の紹介で、素敵なコテージを予約することができました。
優羽は、暦たちと4人で旅行だと両親にウソをつきました。
いよいよふたりは旅行に出かけます。
日が沈むまで、たくさん遊んで、ふたりはテントに戻ります。
凛は、マンションの自分の部屋の合い鍵を優羽に渡し、プロポーズします。
そして、ふたりはキスをして・・・

以下のリンク先で「ういらぶ」と検索 (^^♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

感想

気になるところで、つづくとなります。
凛は結婚まで考えていて、ふたりの愛し合うシーンは素敵なのですが・・・
高校生なので、節度も必要かと私は思います。
でも、ベイビーができたら、凛は喜んで、結婚するのでしょうね。
でも、ベイビーがベイビーを育てるというコトになりかねませんね。
それは、それで、心配です。

るり先輩はとてもきれいな女性です。
オーストラリアとのクオーターだとか。
なぜ今まで彼女の存在に気付かなかったのでしょうか。
漫画なので、矛盾がおこりますね。
体育祭の実行委員である彼女は、集会はサボりますが、現場で、彼らのサポートをしたりするという、ちょっと変わった女性です。
「Take it easy」が彼女の口癖で、「気楽にやろうよ」という意味だそうです。
るり先輩は洋楽のフレーズだといっていました。
同題名の曲が結構ありますが、多分、The Eaglesの曲ではないかと推測されます。
作者がファンなのでしょうか。

やはり、蛍太はるり先輩に魅かれていきました。
蛍太とるり先輩の間に流れる空気が艶っぽくて、優羽達や暦達とは、また違う雰囲気が漂います。
オカンの蛍太が青年にみえます。
他の人には、見せない顔ですね。
るり先輩も、蛍太の前だけは、女性の表情をみせます。
ふたりの恋はこれからのみどころのひとつとなるでしょう。
蛍太の恋の行方が気になります。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓

「ういらぶ」10巻のあらすじとネタバレと感想!無料試し読みはコチラから♪最新刊はついに卒業式!




★マンガを無料で読むには★

定番人気作品から隠れた名作まで日本最大級の配信数を誇るスマートフォンコミックサイト!! 無料漫画・電子コミックが2500作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

サイトマップ