薬屋のひとりごと サンデーGX ネタバレ感想 最新刊8巻をお得に読む

※ここから先はネタバレも含みますので、前話を読んでいないならばまずはコチラから↓

↓↓↓【前話はコチラ】↓↓↓



薬屋のひとりごと サンデーGX ネタバレ感想 最新刊7巻をお得に読む





[/box]

無料で読める漫画が3,000作品以上!|まんが王国

「まんが王国」なら月額利用料が無料!

今、無料会員登録すると半額クーポンが必ずもらえます!

▶無料会員登録して無料漫画を読む◀

薬屋のひとりごと 登場人物の読み方

  • 猫猫(マオマオ):主人公(少女)。花街で薬屋をしていたが森で薬草を探している所を誘拐され、後宮に売られてしまう。
  • 壬氏(ジンシ) :後宮を監督している宦官(カンガン)。※宦官とは去勢された男。性格は粘着質で、目的のためなら使えるものは何でも使う。
  • 玉葉妃(ギョクヨウヒ) :後宮にいる4人の上級妃の一人。皇帝の子、一人娘の鈴麗(リンリー)を産む。
  • 高順(ガオシュン) :壬氏(ジンシ)の従者を務める宦官。
  • 梨花妃(リファヒ) :上級妃の一人。住まいは水晶官で、位は賢妃。生んだ男子を死なせて自身も衰弱するが、猫猫の看病で回復。
  • 皇帝(コウテイ) :美しい髯が特徴の偉丈夫で、豊満な女性がお好み?壬氏を使い、後宮の妃たちの忠義を測らせている。

薬屋のひとりごと 8巻ネタバレ サンデーGX連載版

花街では身請けされるとき、他の妓女達は見送るために舞を踊る。

宮中では変わり者の軍師殿が身請けしたと話題で持ちきりでした。

猫猫の元にも小姐から舞のための衣装が送られてきていました。

猫猫は髪飾りをつけながら、まさか病で鼻をなくし先も長くない女とは思うまい、梅梅小姐にしとけばよかったのにと思いを馳せるのでした。

城壁の上で梅梅小姐に教わった舞を本当は小姐のために踊りたかったと思いながら踊る猫猫。

ふと気配を感じ振り返ると、そこにいたのは壬氏でした。驚いて足を踏み外しそうになる猫猫を支える壬氏。

何をやっているんだ!と声を荒げました。

猫猫も何故壬氏がここにいるのかと尋ねます。

親切な衛兵から猫猫が塀を登っていると報告されたと話す壬氏。

猫猫の頭に優しくぽんと手を乗せながら手間をかけさせるな。

お前は地味にやっているつもりでも周りはそう思っていないことは覚えておけと忠告する壬氏に、猫猫も御意と応えました。

ここで何をしていたのか問う壬氏に、舞を踊っていた理由を話す猫猫。

軍師どのが誰を身請けしたのか、疑問に思っていた壬氏は猫猫に誰なのか尋ねます。

誰なんでしょうと言う猫猫に知っているんだろう?と壬氏は問います。

どんな美人でも壬氏さまには適いませんとはぐらかす猫猫に答えになってないと言う壬氏。

夜風が気持ちいい、久々に踊ったから身体が火照っていると感じていた猫猫でしたが、気づかないうちに足の傷が開き衣装が血に染まっていました。

縫合道具ならあるからすぐ縫えると言う猫猫に、あぁもう!と呆れながらも壬氏は肩に猫猫を抱え、降りるまで大人しくしてろと言い塀を降ります。

塀を降りると、壬氏は持ち方を変え猫猫を抱えなおし降ろしてほしいという猫猫に、歩けば傷が広がる。

こうして運ぶのは二度目だと話します。

猫猫は以前けがをした時に運んでくれたのは壬氏だったのだと気が付きます。

その時猫猫は壬氏にずっと言ってなかったことを思い出したことを伝えます。

とても大事なことだと改まった様子の猫猫に、頬を染めながら言ってみろと促す壬氏。

猫猫は「牛黄をください」と目を輝かせながら壬氏に伝えました。

先ほどまでとは一転表情の曇る壬氏は、受け取ってないので言わなきゃと思っていたと言う猫猫に頭突きをくらわすのでした。

まさか用意していないのかと疑う猫猫に失礼なことをいうなと声を荒げながら、自分の勘違いに顔を赤くする壬氏と、その頭突きの意味を理解できない猫猫なのでした。

その後小蘭から壬氏があちこちから珍しい薬や薬草を買い漁っていることを教えてもらうと、用意していなくていつでも手に入ると思って買い損ねたかなと察しながら、まぁ気長に待つかと仕事に戻る猫猫なのでした。

壬氏は幼い頃の夢を見ていました。

転がっていった鞠の先にいる老人。

老人はじっと壬氏を見つめると彼に手を伸ばしてきました。

その時後ろから壬氏の母が現れます。

老人は焦ったように手を引き狼狽えているようでした。

老人の後ろから家来を連れた老婆が現れると母はひざまずきましたが、扇に隠したその瞳は鋭く老婆を睨みつけていました。

老婆は老人に部屋に戻るよう促すと、彼は怯えたように去っていきました。

その老人の懐から何か不思議な色の石が落ち、壬氏はそれを拾おうとする所でうなされて目を覚ましました。

嫌な夢だと、嫌な夢を見た後は嫌なことが起きると、不安を振り払うかのように、まだ外も暗い中自室で剣を振るいます。

かつてあの夢の老人が父で、老婆は祖母であること、そしてずっと父だと思っていた男は兄であると教えられたことを思い出しました。

息をきらし剣を床に放り投げながら、壬氏は猫猫の事を思い出していました。

形だけでも完璧な宦官壬氏を演じていることを妙なところで鈍い彼女でも勘付いているかもしれない、いや見てみぬふりをしているのかも…と思いなおします。

いつまでも黙っているわけにはいかない、本当の事を言えないのはもどかしく思うのでした。

壬氏が翡翠宮を訪れると猫猫は不在で、侍女頭の紅娘に医局に行くと言っていたと教えてもらう。

医局に向かうとどこからか薔薇の香りが。

医局を訪ねると猫猫が中で薔薇の香油を作っていました。

すごい匂いだなと言う壬氏に、それでも野生のものに比べると、見た目をよくするためにかけ合わせたものは匂い薄くなると教えます。

なんの御用でしょうかと問う猫猫に、外まで香ってれば誰だって気になるだろと口をとがらせる壬氏。

翡翠宮ではやりにくくてここで?と問う壬氏に、猫猫は医官に聞こえないよう、香油の中には「子を流す作用」のあるものもあるので、不安定な時期の玉葉を考え大事をとったっと伝えます。

もう一つ別の瓶を開けるとむせかえるような匂いに顔をしかめ、なんだこれはと尋ねます。

猫猫はこれは酒を何度も蒸留して酒精を溜めたもので、消毒に使うのだと教えます。

懐妊された玉葉と幼い公主もいる翡翠宮を清潔に保っておきたいという目的のためでした。

猫猫の仕事への姿勢に感心する壬氏。

そこへ大きな荷物が届けられます。

それは猫猫が頼んでおいたものでした。

ハッと顔色を変えた猫猫は、お茶を淹れるので座るよう壬氏に勧め荷物から離そうとします。

何が入っているんだと問う壬氏に実家からの荷物で大したことはないという猫猫ですが、壬氏は納得していないようです。

猫猫は顔を赤らめながら、下着が入っていると言うと壬氏も驚いて頬を赤くし謝ります。

しかし高順に大人二人がかりじゃないと運べない下着とは何製だと聞かれ、あっさりウソがばれてしまいます。

荷物の中身は大量の春画の本でした。

本を確認しながら正座している猫猫をギロッと睨む壬氏に、猫猫は後宮で問題なのはその潔癖さであり、いざという時粗相のないようにこのような本で事前に学習しておく必要があると言います。

上級妃以外にも機会があっていいと言う猫猫に、壬氏は言わんとすることはわかるがと眉間にしわをよせます。

すると高順がこれらの本が印刷も紙も質がよく綺麗に作られていることに気づきます。

そういうことかと察した猫猫は、これらの本は嫁入り道具にも使われ絵が中心なので文字が読めないものにも需要があると伝えます。

多くの人に読んでほしいという猫猫に壬氏はそれとこれとは話が別だと言います。

今回は見逃してもいいという壬氏ですが、代わりに販売店を教えるように猫猫に言います。

欲しいのなら一冊と言わず数冊…と勧める猫猫に慌てて違うと否定し、思いついたことがあって印刷技術が知りたいだけだと念を押すのでした。

数日後後宮内で小説が流行りだします。

主上が妃全員に配布したと言います。

翡翠宮の侍女たちもすでに読み終わり、自分たちだけで読んでいるのはもったいないといい、しかし失くされたら困ると宮の外の女官には貸せないと考えていました。

壬氏と主上の意向を汲んだ猫猫は書き写したものをわたせばいいと提案します。

大衆小説が後宮で出回れば文字を学ぶものが増え識字率も上がるだろうと考えてのことだったのです。

回りくどい方法だと思う猫猫でしたがその後小蘭から字を教えてほしいと頼まれます。

地面に小蘭の漢字をかいてあげます。

いつも小説を読み聞かせてくれた女官が喉を潰してしまい代わりに写しを用意し字を覚えて自分で読むようにくれたとのことでした。

猫猫が私が読んでもいいと言うと、せっかく時間をかけて写してくれたのに私がずるしちゃいけないという小蘭。

猫猫は感動して小蘭の頭をごしごしなでるのでした。

小蘭の奉公期間があと一年切っていることを知り、壬氏が気にかけていたことに気が付きます。

字が書けることによって、年季が明けたあとの仕事の幅も広がるという下女たちの未来を考えての事でした。

翡翠宮では成長し翡翠宮の中だけでは狭くなってきた公主の散歩の許可が下り、猫猫も護衛としてついていくよう言われました。

玉葉は猫猫に公主に植物について教えてほしいと言います。

この先公主が嫁ぐ時、後宮での争いに巻き込まれてしまった時、薬や毒の知識はあって困るものではないと考えているのだろうと猫猫は推測しました。

散歩中突然公主が何かを見つけ走り出しました。

猫猫が公主を追いかけると、公主の前に誰か立っています。

慌てて猫猫は公主の前に立ちはだかります。

公主の前にいたのは、公主が追いかけていた猫を抱えた幼い感じの女官でした。

猫を受け取った猫猫は彼女にお礼をいうと、あとは任せるねと笑顔で去っていきました。

捕まえた猫と離れたくない公主は侍女頭の紅娘に連れていかれました。

ノミもいて汚れている猫は翡翠宮では飼えないので、医局で飼うことになりました。

家畜の腸を使って乳首の代わりを作り乳をあげるようにしました。

数日後、体力もついて洗われ、エサも食べられるようになった猫はずいぶんキレイになりました。

そこへ壬氏が訪ねてきます。

甲斐甲斐しく世話をして感心だという壬氏に、主命だが猫はあまり好きではないという猫猫。

猫を可愛がる高順と医官を見て、具体的にどこがいいのかわからないという二人。

しかし猫猫が、猫好きによると猫は何を考えてるのかわからないところがよく、見ていると飽きず目を離せなくなり、そのうち触りたくなるのだと言うと壬氏は何かを察したように猫猫を見ます。

顔を赤らめながら猫を抱き上げ顔の上に乗せ、何かわかった気がすると言うのでした。

猫は主上直々に官職を賜り、「毛毛」という名も賜ります。

今後もよく面倒を見てやってくれと笑顔でいういう壬氏でしたが、マオマオと同じ名前を付けられた猫猫は解せない顔をしました。

湿気の多い季節になり翡翠宮の模様替えをすることになりました。

まずは衣装の整理をする猫猫達。

古い衣装を整理し、これからの季節の服が半分くらいになってしまうと問う猫猫に、貴園は注文しているし、もうすぐ隊商がくるから大丈夫と言います。

交易商が後宮内で市を開き、異国の珍しいものも売っていると言います。

今回は規模が大きいということで翡翠宮の侍女たちも楽しみにしています。

隊商当日、小蘭は新しい服を買う女官達を見ていいなぁと漏らします。

下級の女官は支給された仕事着しかないため、実家が裕福でもない限り私物が増えることはないのです。

この後少しなら時間がもらえそうだという小蘭に一緒に回ろうかと猫猫が言うと、小蘭嬉しそうにやったー!と言いました。

異国の雰囲気と隊商の賑わいにすごいすごいと興奮する小蘭。

玉葉からお小遣いはもらったけれど欲しい服のない猫猫は、手持ちがないと言っていた小蘭に目に留まったリボンを買い、彼女の髪にむすんであげました。

小蘭は嬉しくて猫猫に抱き着きました。

商品の中に茉莉茶を見つけ買おうと猫猫が声をかけようとしたとき、これくださいと声がしました。

そこにいたのは公主の猫を見つけた時の幼い感じの女官でした。

猫は元気かと聞かれ、元気で医局で飼っていると話していると、小蘭が子翠も来てたんだと声をかけました。

二人は知り合いだったのです。

茉莉茶を買い、三人は医局でお茶にすることにしました。

玻璃の器で茉莉茶を淹れると、器の中で花が咲き小蘭は目を輝かせました。

最近後宮の北の方で変な臭いがするがしらないかという子翠に、北の方なんてあまり行く機会がなくない?と言う小蘭。

子翠はにこっと笑って、あっちには草むらが多いのだと嬉しそうに自分の描いた虫の絵を見せてきました。

その精巧さに驚く猫猫に、北の廃墟にはでっかい蜘蛛がたくさんいてイイ感じだと言います。

その言葉に目を輝かせる猫猫。

行く行くと楽しそうに話す二人を見て、少し呆れながら医官と小蘭はあの二人は似た者同士なのではと思うのでした。

隊商がやってきて四日目、翡翠宮にも商人がやってきてたくさんの品物を置いていきました。

それらの片づけをしていた猫猫はあることに気が付きます。

玉葉の服の型がいつもの型と違うことに気が付いたのです。

懐妊の事を外部には漏らしていないのに、あえてお腹を締め付けない意匠のものを持ち込んだとしたら…と、猫猫は玉葉に帯を腰で締める型の服も買った方が良いと提案します。

玉葉と紅娘は何かを察したように顔を見合わせ、猫猫の提案を受け入れました。

一週間後、隊商が去った後、後宮内では香油が大流行しているようでした。

前に作った薔薇の香料が後宮でも売れたかもしれないと考えていた猫猫に小蘭が声をかけました。

洗濯をしていた小蘭は、香油の混ざった匂いにやんなっちゃうと不満をこぼしました。

それぞれの香の匂いをかぎ分けていた猫猫は何かに気付いたように走り出しました。

猫猫は女官達がつけている香料や精油に、妊婦に害のあるものが含まれていることに気が付いたのです。

それは以前公主を冒し、梨花妃の御子を死なせた手口と似ていました。

壬氏と玉葉に他の妃たちにも注意したほうがいいと忠告するのでした。

厨房で一人茉莉茶を淹れながら、自分の言ったことはどこまでが憶測でどこまでが確信だったのかと考える猫猫。

もし養父だったらどこまで話したかなと思いを巡らせてると、そこに壬氏が訪ねてきました。

茉莉茶を飲む猫猫にそれは毒ではなかったのかと微笑みながら問う壬氏に、毒も少量なら薬で、それに自分は妊婦ではないから大丈夫という猫猫。

俺にも同じものをくれと言う壬氏に、これが最後の一つなので白茶を淹れると言うと壬氏は不服そうにしました。

面倒に思いながら茶を淹れていると茉莉茶にはほかにどんな作用があるのかと問われます。

心を和らげ、不眠にも効き目覚めの効果もある、出産時には分娩を促す効果もある、それ故に副作用まで知られないのだと猫猫は話します。

そう言った後他にも効用があったと言う猫猫になんだ?と壬氏が問うと、男性側の不妊ですと応える猫猫をじとっと睨む壬氏。

猫猫がやってしまったと思っていると、あまり好みじゃないな、帰ると言い残し、厨房から帰っていきました。

茉莉茶の器は空っぽになっていました。

器を置き、隊商から入ってきた品々、翡翠宮に持ち込まれた服、それらがただの偶然なのか、それとも誰かが玉葉の妊娠を探っているのか、何かが誰かがこの後宮で動き出している気がすると思いを巡らせる猫猫なのでした。

薬屋のひとりごと の最新刊をお得に読む方法

今回は 薬屋のひとりごと を文字でネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめのサイトがU-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXT(ユーネクスト)の無料お試し期間は簡単な登録から31日間も映画、海外ドラマ、韓流ドラマやアニメなどの人気作品や名作まで見放題です!

↓ 「薬屋のひとりごと」と検索して漫画を楽しむ ↓

U-NEXT(ユーネクスト)で漫画を楽しむ<簡単ナビつき>

無料期間中の解約は一切違約金はかかりません

薬屋のひとりごと 8巻の感想 サンデーGX連載版

妓女の姿の猫猫から始まり、彼女の新たな一面の見れた回だったと思います。

猫猫の母親に対する複雑な思い、育ててくれた小姐への思いに胸がきゅーっとなりました。

また壬氏の猫猫への気持ちは大きく変わりつつあるのに、猫猫の壬氏への態度の変わらなさに何故か安心します(笑)「牛黄ください」…本当に薬大好きなんだねと…。

今回は小蘭の登場が多く、小蘭大好きな身としては嬉しい限りでした。

頑張らなきゃと字を覚える小蘭も、隊商でわくわくしている小蘭も、猫猫に抱き着く小蘭も可愛くて仕方なかったです。

そして猫猫にとっても彼女が大切な存在になっていっているのが感じられました。

さらに今回から登場の子翠とは何者なのか。

ただの虫好きの女の子なのか。気になる存在です。

玉葉妃の懐妊と共に、きな臭くなる後宮ですがこれからどうなるのか。

猫猫の謎に対する向き合い方の変化も見どころだと思います。

そして変わり始めた壬氏の猫猫に対する気持ちはこれからどう変わっていくのか。

すべて打ち明けられる日は来るのか…。次巻も楽しみです。

↓↓↓続きはこちら【随時更新】↓↓↓




\comming soon/





漫画を無料で読むことができる人気サービス ベスト3

 

「もっとマンガを無料やお得に読みたい!!」の声にお応えして、オススメの上位3位をご紹介します。

無料登録はコチラ 👉U-NEXT 👉まんが王国 👉music.jp
運営会社 株式会社U-NEXT 株式会社ビーグリー 株式会社エムティーアイ
有料会員 月額1,990円

(ビデオ見放題サービス付)

月額料金(300円~10,000円/月)

または、都度ポイント購入

月額1,958円
書籍数 42万冊以上 6万作品以上 17万冊以上
無料期間 31日間 無料会員登録あり 30日間
形式 アプリ・ストリーミング ストリーミング アプリ・ストリーミング
ポイント付与 登録時に600P付与

無料期間終了後は毎月1,200P付与

毎日来店ポイント1P付与

LINE利用で毎日プラス1P付与

5がつく日は5倍

漫画用のポイント600P付与

音楽・動画用のポイントが1,000P付与

無料期間後は毎月1,958P付与

無料期間中特典 書籍は2,400冊以上

アニメ・動画も、8万本見放題

3,000作品以上漫画見放題 専門3チャンネル見放題

音楽約620万曲・書籍約17万冊から購入可能

商品購入で最大20%ポイント還元

動画約18万本からレンタル視聴可能

割引クーポンでお得に動画視聴

アプリ
主要ジャンル 漫画・本・雑誌、動画(映画、ドラマ、アニメ) 漫画(オールジャンル) 漫画・漫画に関係するアニメ/ドラマ/映画
支払方法 クレジットカード

キャリア決済

Amazon.co.jp

AppleID

ギフトコード/U-NEXTカード

クレジットカード

キャリア決済

クレジットカード

spモードコンテンツ決済

楽天ペイ

リクルートかんたん支払い

おすすめポイント 電子書籍だけでなく、アニメ・動画も見放題 会員登録しなくても3,000作品以上の漫画が読める 新刊が発売日に読める