ビットコインとイーサリアムの比較

ビットコインとイーサリアムは仮想通貨として世界で1位と2位を占めるメジャーな通貨だ。これら2つには共通点もあれば違いもある。ここでビットコインとイーサリアムを比較してみよう。

【共通】どちらもメジャーな仮想通貨

ビットコインとイーサリアムは、どちらも仮想通貨であるという点で共通。そして仮想通貨の時価総額ベースだと、ビットコインが1位、イーサリアムが2位とどちらもメジャーな仮想通貨だ。

この順位は2017年に最初に仮想通貨が世界で広まった頃から変わっていない。当時3位だったリップルはその後伸びずに順位を落としたが、ビットコインとイーサリアムは不動の1・2位にいる。

それだけにほとんどの仮想通貨取引所はこの2つの通貨を扱っている。例えば海外CFD業者のXProMarketsでは両方とも取引をすることができる。

どちらも過去に分裂して別の派生通貨が生まれたことがあり、XPro Marketsではビットコインから分裂したビットコインキャッシュを扱っている。

ビットコインは世界で最も普及している仮想通貨。

【違い】イーサリアムはPoSを採用

ビットコインはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しているのに対し、イーサリアムは最近PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用した。

PoWやPoSとは仮想通貨の取引を処理する仕組みのこと。PoWのビットコインは、コンピュータのリソースを提供する意思のある人に取引処理をやってもらい、その報酬として少額のビットコインを付与している。これをマイニングという。

それに対してPoSとは、多くのイーサリアムを持っている人が取引処理を行う。マイニングは電力を大量に消費するので近年環境懸念が高まっているのに対し、PoSは環境問題への懸念はない。

イーサリアムにはPoSが使われている。

【違い】イーサリアムはNFTに使われる

イーサリアムとは単なる仮想通貨ではなく、同名のブロックチェーンのプラットフォームが存在する。そしてそのプラットフォームはNFTのトークン発行のために使われる。

NFTとは「代替不能なトークン」という意味で、このトークンをデジタルの音楽や画像などに付与して売買するためのもの。2021年以来世界ではNFT付与のデジタル資産売買が盛んになっている。

イーサリアムはNFTに使われるので、NFTが世界で普及すればそれだけイーサリアムの需要も増えて価格上昇が期待できる。つまりイーサリアムの購入はNFTへの投資でもある。

NFTは2021年から世界で爆発的に広まっている。

【違い】支払いはビットコインの方が広く受け付け

ビットコインは世界最大の仮想通貨であるため、支払いを受け付けるお店やネットモールなどはビットコインの方がイーサリアムより多い。単にトレードをするだけではなく買い物にも使いたいなら、ビットコインの方が幅広く使える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。