日本がデジタル通貨を開発!経緯や使い方をわかりやすく解説

「デジタル通貨」という概念が国内でも浸透してきましたね。2021年には本格的にデジタル通貨を開発することが明らかになり、その運営をサポートするプラットフォームが実用化されることが発表されました。さて、日本円のデジタル通貨とは一体どのようなものなのでしょうか?

世界中に注目されるデジタル通貨の実態について、取り組みや概要をわかりやすく紹介します。

日本デジタル通貨開発の背景

日本でデジタル通貨を開発する背景とは一体何でしょうか?国内ではSuicaを中心にキャッシュレスサービスが普及していますが、ビジネスと金融を結ぶ取引機能はアジア諸国でも遅れをとっています。

このような状況を克服するために実用化されようとしているのが「デジタル通貨」です。現在、日本の銀行や地方自治体、政府関係企業や民間団体など70以上の組織が、デジタル通貨の開発を始めていますが、早ければ2022年の終わり頃までに、リアルマネーやクレジットカードを使わずに決済できるシステムが完成すると言われています。

デジタル通貨とはどんなもの?

そもそも、デジタル通貨(DCJPY、仮称)は国内の銀行や政府が発行するものではなく、東京に拠点を置くIT企業「ディーカラット」を代表として開発・導入をする通貨形態の一つです。現在、JR東日本や関西電力、三菱UFJ銀行などの大手企業もこぞって参入し、国内初の円建てデジタル通貨として流通させようと導入に急いでいます。

また、デジタル通貨での決済システムは、共通領域と付加領域の二重高層で成り立っているため、通貨の管理や運営面においてセキュリティを強化した決済手段とも言えます。

最初のデジタル通貨の導入先としては、買い物や予約などを扱うウェブサービスのプラットフォームが有力視されています。現代のオンライン社会を考えれば、利用者が増えることは容易に予想ができますね。

デジタル通貨のメリット・デメリットは?

最後に、実際に使った時のデジタル通貨のメリットとデメリットを挙げてみます。

<メリット>

  • 決済のプロセスが簡単で決済完了まで時間がかからない
  • ポイントが加算される
  • 審査がないので未成年でも持ちやすい
  • スマホで簡単に利用できる
  • カードや紙幣の持ち運びが要らない

<デメリット>

  • 利用できる店やサイトが限定される
  • 利用金額に上限がある
  • 一旦リチャージすると現金に戻すのが厄介である

これらは、個人が利用する際のメリットとデメリットです。一方、事業主視点ですと、メリットは運営管理の手間を省くことができる、デメリットは支払いや現金化に手数料がかかることなどが挙げられます。

まとめ

日本ではすでに電子マネーや仮想通貨といったリアルマネーに代わる「お金」が流通していますが、デジタル通貨を利用する時代もそう遠い未来ではないかもしれません。ちなみに、eウォレットではショッピングやレストランでの支払いはもちろん、オンラインカジノの決済でも人気です!ぜひエコペイズを使ってトップオンラインカジノをプレイしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。